2019年の夏の終わり、
ニットデザイナーの三國万里子さんは、旅に出ました。
行き先はロンドン、パリ、
そしてスウェーデンのヨーテボリです。

三國さんは、旅先で美しいものを探し、出合いました。
たとえばそれは、
代々だいじに受け継がれた繊細なショール。
今でも変わらないかたちで作り続けられている
カラフルなスクールマフラー。
その時代を表すようなハンドメイドのドレスなど‥‥。
いつ、どんな人に作られて、
どうやってここへ巡ってきたのだろう?
あれこれと、想像がふくらむものたちばかり。

編みぐるみの「ハリネズミ夫人」と「まりこ」、
そして今回新たにロンドンで出会った
ぬいぐるみの「ねこさん」たちが、
旅で出合ったものたちをご紹介していきます。
ぺちゃくちゃ、わいわい、お伝えします。
さあ、
買いもの仲間の終わらないおしゃべり、
はじまりはじまり~!

>三國万里子さんのプロフィール

三國万里子(みくにまりこ)

ニットデザイナー。
1971年、新潟生まれ。
3歳の時、祖母から教わったのが編みものとの出会い。
早稲田大学第一文学部仏文専修に通う頃には、
洋書を紐解き、ニットに関する技術と
デザインの研究を深め、創作に没頭。
大学卒業後、いくつかの職業を経た後に、
ニットデザイナーを本職とする。
2009年、『編みものこもの』(文化出版局)を出版。
以降、書籍や雑誌等で作品発表を続ける。
2011年のコンテンツ
「三國万里子の編みものの世界」でほぼ日に初登場。
以来、編みものキットやプロダクトのデザインを手がけ、
活動の幅をさらに広げる。

2012年より「気仙沼ニッティング」のデザイナーを務める。

〈著作物〉

『編みものこもの』(2009年)
『編みものワードローブ』(2010年)
『きょうの編みもの』(2011年)
『冬の日の編みもの』(2012年)
『編みものともだち』(2013年)
『アラン、ロンドン、フェアアイル 編みもの修学旅行』(2014年)
(以上すべて文化出版局)
『うれしいセーター』(2016年)
『スール』(2017年)
(以上すべてほぼ日)

〈関連コンテンツ&ウェブサイト〉

『三國万里子の編みものの世界。』(2011年)
『三國さんがミトンを編む一日。』(2011年)
『目薬ポーチで編みもの入門。』(2012年)
『いいものを編む会社 ─気仙沼ニッティング物語』(2012年)
『三國万里子さんのお店「Miknits」』(2013年~)
『気仙沼ニッティング』(2012年~)
『うれしいセーター』(2016年)
『三國万里子さんがロンドンとエジンバラでみつけたもの。』(2017年)
『編んで、着て、ときどきうろちょろするわたし。』 (2018年)

前へ目次ページへ次へ

ハリネズミ夫人
お茶が入ったわよ、
まりこ、ねこちゃーん、いらっしゃい!
まりこ
はーい。
ねこさん
にゃぁう。
ハリネズミ夫人
さあさあ、どうぞ。
(こぽこぽこぽこぽ)
まりこがイギリス土産に買ってきた紅茶、
やっぱりおいしいわね。
ねこちゃんには
冷たいミルクで割ってあげるから、
少し冷めたらおあがりなさいね。
ねこさん
にゃう。
ハリネズミ夫人
それにしても長旅だったわね、まりこ。
何日くらい向こうに行っていたんだっけ?
まりこ
3週間くらいでしたね。
まずロンドンに10日滞在して、
ユーロスターでパリに行って、
さらにスウェーデンのヨーテボリに行って。
ハリネズミ夫人
ふんふん。
それで買い付けは順調だったの?
物置きに船便で来た段ボール箱が
ずいぶんつまっているけれど。
まりこ
ふふふ。
いいものたくさん買えましたよ。
ロンドンではねこさんとも出会えましたしね。
ねこさん
にゃぁう。
ハリネズミ夫人
そうそう、ねこちゃんが来てくれたのが、
うちにとっては大収穫だわね。
まりこ
はい。
ねこさんはね、ロンドン郊外の、
老舗のドールハウス専門店にいたのです。

ねこさん
にゃう。
まりこ
そのときは買い付けのために、
ミニチュアのお人形や家具なんかを
見せてもらっていたんですが、
店の奥のストック棚にぎゅうぎゅうにつまった
ミニチュア家具たちの隙間から、
毛が生えたしっぽみたいなものが
ちょっとはみ出していたんです。

ハリネズミ夫人
ふんふん。
まりこ
それがどうしても気になっちゃって。
お店の方に頼んで、
ミニチュア家具の山をどけてもらったら、
いたんです。
ほこりだらけのねこさんが。
ねこさん
にゃぁ。

まりこ
きゅんときました。
ハリネズミ夫人
やあねえ。
あなたわたしを見つけた時にも、
たしか同じこと言ってたわよね?
まりこ
きゅんとくるか、こないか。
すべてはそこにかかっています。
ねこさん
にゃぁう。
まりこ
というわけで、わたしはねこさんを胸に抱き、
お店の方に
「I want her. I love her. 」と告げました。
ハリネズミ夫人
なにやら情熱的だわね。
まりこ
わたしのつたない英語で。
そしたらお店の人がなぜか爆笑しちゃって‥‥。
ハリネズミ夫人
どうしてかしらね。
まりこ
わかりません。
お店の方はどうやらずっと
ねこさんの存在を忘れていたようで、
値段も知らない様子です。
それでちょっと考えてから、
「20ポンドでどう?」って。
(*1ポンド約140円ほどでした)
ハリネズミ夫人
あらお買い得!
まりこ
そうでしょう?
わたしも間髪入れずに
「買います!」って言って
お金を渡そうとしたら、
「やっぱり15ポンドでいいわよ」って‥‥。
なぜかおまけしてくれました。
ハリネズミ夫人
頼んでもいないのに?
まりこ
そうなんです。
見たらねこさん、しっぽがとれかかって、
抜け毛もなかなかでした。
ずっと放っておかれて、少々くたびれてた。
その分のおまけだったと思います。
ハリネズミ夫人
ふんふん、なるほどねえ。
あんまり長いことひとりぼっちだったから、
ねこちゃんは話すことをわすれちゃったのね。
ねこさん
にゃぁう。
ハリネズミ夫人
気にすることないわよ。
わたしはあなたがうちに来てくれたこと、
とってもうれしく思ってるの。
お茶の時間もにぎやかになったしね。
‥‥ところでまりこ、
さっきから手に持っている
それは何かしら?
まりこ
これは、お手紙です。
ハリネズミ夫人
お手紙。
まりこ
読者の皆さんにお知らせしたいことがあって、
書いたんです。
もしよかったらハリネズミ夫人も
ご一読いただけますか?
ハリネズミ夫人
いいわよ、じゃあ読み上げるわね。
コホン。
秋が深まってきましたね‥‥

秋が深まってきましたね、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
わたしはげんき、げんき。
今日は、わたしからみなさんに
お知らせすることがあります。

11月7日(木)、テレビ番組に出ます。

NHK総合テレビの
『世界はほしいモノにあふれてる』という番組に
「バイヤー(買いつける人)」として出演します。

NHK総合テレビ
「世界はほしいモノにあふれてる」

11月7日(木) 午後10:30~11:20
12月10日(火) 午前1:10~2:00(再放送)

このあいだの9月、買い付けのために
ヨーロッパを訪ねたのですが、
そのとき買ったヴィンテージの洋服や、
憧れ続けてようやく出会えたニットなどについて、
同行したNHKさんに取材していただきました。

その旅の模様が、
三浦春馬さん、JUJUさん司会による
スタジオ収録と合わせて放映される予定です。

とても楽しい番組にしていただいたようなので、
みなさんにぜひ、ご覧いただけるとうれしいです。

それではまた。

三國万里子

ハリネズミ夫人
まあ、まりこがテレビに出るのね。
まりこ
そうなんです。
今からドキドキしています。
ハリネズミ夫人
たのしみねぇ。
まりこ
それはそれとして、
実はハリネズミ夫人、ねこさんにも、
お願いがあるんです。
ハリネズミ夫人
なにかしら?
まりこ
買いつけてきたものたちを
ご紹介するコンテンツを
またやろうと思うんですけど、
お手伝いしてもらえますか?
ハリネズミ夫人
いいわよ。
ねこちゃんは、
まりこと一緒に旅の様子も見てきたから、
覚えてることもたくさんあるでしょうし。
ねこさん
そうですね。
ハリネズミ夫人
‥‥!!
まりこ
‥‥!!!

(ねこさんが、しゃべった!?
次回をおたのしみに!)

2019-11-02-SAT

前へ目次ページへ次へ
  • 『I PLAY KNIT.』
    著:三國万里子

    12月6日(金)ほぼ日ストアや全国書店にて発売

    「MY FAVORITE (OLD) THINGS」

    2020年1月4日(土)~19日(日)
    渋谷パルコ8F「ほぼ日曜日」にて
    ※「ほぼ日曜日」についてはこちらをどうぞ。