美術館が所蔵している作品や
常設展示を観に行く連載・第4弾です。
今回は、2020年にオープンした
アーティゾン美術館へうかがいました。
前身は、歴史あるブリヂストン美術館。
東京・京橋の街中で、
ピカソやルノワールを見られる美術館が、
新しくうまれ変わったのです。
現在、休館中に新たに収蔵した作品を
たっぷり楽しめる
「STEPS AHEAD :
Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」
を開催しているので、そのようすを取材。
作品を解説してくださったのは、
学芸員の島本英明さん。
担当は、ほぼ日奥野です。さあどうぞ!

前へ目次ページへ次へ

第6回 初代・石橋正二郎さんのこと。

──
こちらの方が‥‥石橋正二郎さん。
島本
はい。正二郎です。

清水多嘉示《石橋正二郎氏之像》1970年 この作品は4階展示ロビーに常設されています。 清水多嘉示《石橋正二郎氏之像》1970年 この作品は4階展示ロビーに常設されています。

──
こんなにもすばらしい美術館を、
つくってくださった人。
芸術が、お好きだったんですか。
島本
正二郎が収集をはじめた時代は、
明治・大正期を経ていたとはいえ、
日本の近代美術も
まだ形成期のさなかにありました。
もちろん
事後的に集めた作品も少なくありませんが、
冒頭でふれた藤島武二、
そして同郷の坂本繁二郎らとは、
同じ時代を生きながら、
その作品を収集したのです。
──
こういう方がいてくれたから‥‥
ということを、すごく思うんです。
国立西洋美術館を構成している
松方コレクションの
松方幸次郎さんなんかにしても。
島本
おっしゃるとおりですね。
──
自分のお金で作品を集めてきて、
みんなに見せてくださるというのは、
人助けのようなことですよね。
ちなみに東京都美術館も、
九州の実業家の佐藤慶太郎さんが
資金を寄付されたそうなんですが、
それ、とんでもない資産家が
貯金の一部を出したのではなくて、
全財産に近いくらいだったそうで。
島本
そうなんですか。
──
松方さんも九州ですよね、たしか。
島本
鹿児島ですね。
──
出光美術館の出光さんも九州だし。
九州の人ってすごくないですか。
島本
たしかに‥‥九州人は多いかも。
──
世のため人のためにという気質に
あふれているのかなあ‥‥。
いや、おもしろかったです、展示。
島本
ありがとうございます。
──
個人的には、やっぱり、
女性の作家の作品に惹かれました。
ブリヂストン美術館から
連綿と続く歴史も、感じましたし。
島本
美術館というのは、
収集した作品を見せる場ですから、
コレクターの美意識や趣味が、
色濃く反映されると思うんですね。
その意味では、
創設者の正二郎のあとを継いだ
息子の幹一郎が
デュビュッフェやザオ・ウーキーなどを追加し、
そしていまは、幹一郎の息子の石橋寬が、
石橋財団理事長および
アーティゾン美術館館長を務めています。
それぞれの個性が加わって、
現在の姿になっていると思います。

──
こちらは私立の美術館ですけれど、
当時、公共性というものは、
どれだけ意識されてたんですかね。
島本
もちろん意識していたと思います。
そうでなければ、
美術館を開設することもなかったでしょう。
ブリヂストン美術館ができたのは、
1952年なんですね。
当時は、一般の人が、
美術を見ることのできる環境って、
まだまだ整っていなくて。
──
ええ、ええ。
島本
そこで正二郎は、
みずからのコレクションを公開して
みなさんに見てもらおうと
決意するわけですが、
公開施設とする以上、
公共への意識も絶対あったはずです。
──
日本ではじめて神奈川に
公立の近代美術館が誕生したのって、
1951年だと聞きました。
つまりブリヂストン美術館の、
たったの1年前ってことですよね。
島本
そうなりますね。
──
同じ1952年にできた
竹橋の東京国立近代美術館よりも、
こちらのほうが先の開館ですよね。
つまり、お手本とすべき美術館が
ほとんどなかった時代に
私立の美術館をつくるっていうのは、
本当に大変だったでしょうし、
それだけ先駆けだったんでしょうね。
島本
ブリヂストンのビルを建てる直前に、
正二郎はアメリカに渡り、
ニューヨーク近代美術館を訪れて、
つぶさに見、大きな影響を受けています。
そこから、オフィス街のビルの中に
美術館を入れる‥‥
という発想を得たということですね。
──
ああ、なるほど。
島本
そして正二郎は、帰国するや、
すでに設計が進んでいた自社のビルにも、
美術館を入れるよう指示し、
ブリヂストン美術館が誕生しました。
京橋という、
多くの人が訪れやすい立地でもあるので、
やはり「公共性」は
つよく重視していたんだと思います。

ブリヂストンタイヤ株式会社本社社屋 1952年 提供:アーティゾン美術館 ブリヂストンタイヤ株式会社本社社屋 1952年 提供:アーティゾン美術館

──
なるほど。
島本
そういうことも一因だと思うんですが、
正二郎が集めた作品を見ると、
オーセンティックで偏りがありません。
純粋にいい絵だなと感じる作品が多い。
──
東京って、電車に乗って来られる近場に、
こうしてピカソがあったり、
新宿には、ゴッホのひまわりがあったり。
飛行機に乗って遠くへ飛んでかなくても、
世界の名画が見られますよね。
よく考えるとすごいなあと思うんですよ。
島本
本当ですね。
──
ちなみに、アーティゾンさんといえば、
という「代表作」って、
どの作品だとお考えになっていますか。
島本
ポール・セザンヌ
《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》、
パブロ・ピカソ《腕を組んですわるサルタンバンク》、
青木繁《海の幸》、
藤島武二《黒扇》、あたりでしょうか。
──
おお、そうそうたる。
そしてそれらは、こちらへ来れば見られる。
島本
はい。とくに人気が高いという意味では、
ピエール=オーギュスト・ルノワールの
《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》
も、当館ならではの作品だと思います。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》1876年 ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》1876年

──
ああ、たしかに。
あの絵の前には、
いつでも、何人もの観客がいますもんね。
島本
いずれも、1900年前後の
フランスや日本の近代の絵画ですけれど、
アーティゾンになってからは、
そこに、カンディンスキーや
エレイン・デ・クーニングの抽象作品を
もうひとつの柱としていこうと。
──
今日、見せていただいたコレクションは、
別の企画展をやっているときでも、
見ることができますか?
島本
お見せする作品は、
企画内容によって変わりますが、
当館はコレクションの活用を大切に考えており、
コレクションを核とした企画展、
石橋財団コレクション選や特集展示も
定期的に行っています。
──
ちなみになんですけど、
島本さんのお好きな作品って‥‥何ですか。
島本
はい、そのときどきで変わっていきますが、
いまは‥‥そうですね、
今日は触れなかったんですけど、
このジョアン・ミロの版画とか好きですね。

ジョアン・ミロ「黒と赤」シリーズより 1938年 ジョアン・ミロ「黒と赤」シリーズより 1938年

──
へええ、ああ、これミロの版画なんですか。
どういうところがお好きなんですか。
島本
わたし、どちらかと言いますと、
声高な作品よりも‥‥
むしろ、紙の作品だけどよくできてるとか、
そういうものに感動することが多くて。
こんなふうに、細部がよく見えるものなど。
以前クレーを取り上げたときは、
やっぱりクレーが好きになりましたけどね。
──
関わっていると、引き込まれていく。
島本
そういうことは、よくあります(笑)。
──
好きな作品の傾向とか‥‥。
島本
自己完結していない作品、でしょうか。
ミロやクレーに共通するのは、
キャリアを重ねても
絶えず自己革新を続けたところだと思います。
それも、自分を前面に出すというよりも、
自然のような
自分を越える大きな存在を絶えず意識して、
そこに自らも創作を通して参与する。
──
おお。
島本
その関わりの持ち方を、生涯にわたり
探究し続けた作家たちといえると思います。
そうした作家の作品は、
サイズを問わず、
活き活きとした生命が伝わってきて、
自分は、とても好きですね。
──
そういえば、
少し前にインタビューさせていただいた
サカナクションの山口一郎さんも、
クレーが好きだっておっしゃってました。
音楽をやってたんですよね、クレーって。
島本
ええ。バイオリンを弾く人で、
お母さんも音楽教師だったかと思います。
──
どこかに音楽的なものを感じるようで、
だから好きなのかもしれない‥‥って。
島本
ああ、そうなんですね。
音楽的、たしかに。わかる気がします。

パウル・クレー《島》1932年 パウル・クレー《島》1932年

(つづきます)

2021-07-06-TUE

前へ目次ページへ次へ
  • ブリヂストン美術館を休館した後、
    2020年に
    新しい美術館として開館した、
    アーティゾン美術館。
    開催中の「STEPS AHEAD」では、
    この真新しいミュージアムに
    新たに収蔵された作品を、
    たっぷりと楽しむことができます。
    なんと展示の半数近くが、
    はじめて公開される作品とのこと。
    メインビジュアルに採用された
    エレイン・デ・クーニングはじめ
    女性作家たちの抽象画、
    藤島武二、キュビスム、具体、
    マティスの素描‥‥など
    3つのフロアにまたがる展示は、
    みごたえ十分です。
    ルノワール、ピカソ、青木繁など
    この美術館の代表作も。
    9月まで会期も延長されたので、
    ぜひ、足をお運びください。
    チケットなど詳しいことは
    アーティゾン美術館の公式サイト
    ご確認ください。