美術館が所蔵している作品や
常設展示を観に行く連載・第4弾です。
今回は、2020年にオープンした
アーティゾン美術館へうかがいました。
前身は、歴史あるブリヂストン美術館。
東京・京橋の街中で、
ピカソやルノワールを見られる美術館が、
新しくうまれ変わったのです。
現在、休館中に新たに収蔵した作品を
たっぷり楽しめる
「STEPS AHEAD :
Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」
を開催しているので、そのようすを取材。
作品を解説してくださったのは、
学芸員の島本英明さん。
担当は、ほぼ日奥野です。さあどうぞ!

前へ目次ページへ次へ

第5回 具体、アボリジナル・アート、マティス。

──
東京では、国立近代美術館で、
吉原治良さんの「黒地に円」の作品を
見ることができますよね。
あの作品にはじめて触れたとき、
これは何だろう‥‥と疑問に思いつつ
吸い込まれるように感じたことを、
いまでも覚えています。
島本
吉原治良は、
戦争の前から関西の前衛芸術家として
活動していた人ですが、
彼を中心に、
若手作家たちで結成されたグループが、
具体美術協会です。
──
元永定正さんも、具体の方ですよね。
島本
代表的作家です。上から絵の具を流して、
重ねるように、また垂らして。
偶然性をたくみに取り込んだ作品です。

元永定正《無題》1965(昭和40)年 © Motonaga Archive Research Institution Ltd. 元永定正《無題》1965(昭和40)年 © Motonaga Archive Research Institution Ltd.

──
なんだか素人目には、印象として、
どっちかというと
抽象的に見えるものもあるんです。
具体って言うけど。
島本
ああ、なるほど、なるほど。
具体美術協会の理念は、
形態としての抽象を否定するものでなく、
精神が自由であることを
具体的に提示すること‥‥だったんです。
──
あ、そうなんですか。
精神の自由を具体的に表現しているのか。
島本
はい。ようするに、彼らは、
それまでの抽象的な芸術表現にたいして、
手応えのなさを感じていた。
具体にはさまざまな表現がありますけど、
共通して言えるのは、
線も何もない平面に、
色彩がダイレクトにほとばしっていたり。
──
ええ。生命力みたいなものを感じます。
島本
そう、身体性を感じさせる作品だったり。
──
白髪一雄さんが足で描いてたりして。

白髪一雄《観音普陀落浄土》1972年 白髪一雄《観音普陀落浄土》1972年

島本
はい、そういった表現に
リアリティを感じていたんでしょう。
田中敦子の作品なども、
当館で紹介するのは2回目になりますが、
休館中に加わった新収蔵品のひとつ。
──
すごいエネルギーを感じますよね。
島本
女性の作家が登場してくると、
一気に戦後という雰囲気が高まりますね。
さて、次は、オーストラリアの
アボリジナル・アートをご紹介しています。
──
以前のブリヂストン美術館のころから、
こうしたアボリジナル・アートには、
力を入れていらっしゃったようですね。
島本
はい、その点は、
アーティゾン美術館でも継続してます。
ここにある作品は近年収蔵したもので、
今回はじめて公開しました。

提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三 提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三

──
オーストラリアの美術って、
どういう立ち位置にあるんでしょうか。
島本
美術館がコレクションする対象は
西洋か日本の作品、
もしくはどちらも‥‥というケースが
ほとんどだと思うんですが、
その意味でいうと、
オーストラリアは「第三極」です。
──
ええ。
島本
彼・彼女たちは、
アカデミックな教育を受けていません。
つまり西洋美術とは、
別のバックグラウンドを持つ作家たち。
美術を相対的に捉えるうえで、
今後、ますます重要になると思います。
──
特色みたいなものって‥‥。
島本
わたしたちの目に見慣れた芸術表現を、
ことごとく
否定しているようなところがあります。
素材も、樹皮などはじめ、
自然由来のものを使っていたりだとか。
──
たしかに、また別の文脈を感じますね。
西洋の影響は、限定的?
島本
もちろん、交流自体はありましたから、
まったくのゼロではないと思います。
とくに、このアボリジナル・アートって、
先住民の美術ですから、
彼らが、どんなふうに
他の文化と接していたかによりますね。
──
そうこうしているうちに、
ラストのセクションに入ってきました。
島本
マティスです。
──
このあたりも‥‥ぜんぶ新収蔵ですか。
島本
はい、そうですね。
この6点が新しく収蔵されたものです。
とりわけ、この作品がユニークです。

アンリ・マティス《ジャッキー》1947年 ※マティスのセクションは9月5日の展覧会閉幕まで継続しますが、作品の状態保全上、取材時より作品点数を減らしての展示となっています。ご紹介している《ジャッキー》と《画室の裸婦》は展示を継続しています。 アンリ・マティス《ジャッキー》1947年 ※マティスのセクションは9月5日の展覧会閉幕まで継続しますが、作品の状態保全上、取材時より作品点数を減らしての展示となっています。ご紹介している《ジャッキー》と《画室の裸婦》は展示を継続しています。

──
いいなあ、これ!
何だか、すごーく肩の力が抜けていて、
それでいて、
マティスの作品だとすぐにわかります。
島本
マティス最晩年の作品で、
身体の自由が利かなくなってきていて、
切り紙絵をはじめたころ。
──
切り紙絵というと、
有名な《ブルー・ヌード》とかですか。
島本
はい。
この作品は、
自分でも気に入っていたのか、
マティスの書斎に掛かっていたことが、
遺された写真で確認できるんです。
──
へえ! そうなんですか。
そういった作品が、
めぐりめぐってここにかけられている。
島本
そうなんです。
──
当時も額装されていたんでしょうか。
島本
いや、自身の作品ということで、
おおらかに、
そのまま壁に飾っていたようです。
──
昔の写真に写っている作品が、
いま、ぼくたちの目の前にあるって、
何だか、すごいことですよね。
マティスを介して、
何十年もの時間を飛び越えて、
空間がつながるような感覚というか。
島本
そうですよね。
こちらの《画室の裸婦》という作品は、
まだ「野獣派」と呼ばれる前の作で、
洗練には至っていないけれども、
原色を使った荒々しいタッチで、
後のマティスの原型が表れています。
世界的に見ても重要な作品で、
貸し出しの依頼も多い作品なんです。

アンリ・マティス《画室の裸婦》1899年 アンリ・マティス《画室の裸婦》1899年

──
ああ、そうか。貸したり借りたりも。
ありますよね、マティスなんかだと。
島本
ええ、そうですね。欧米の美術館だと、
ふだん飾っている場所に
「現在どこそこの美術館に貸出中です」
という札が掛かっていたりします。
──
パリのオランジュリーに行ったとき、
モネの睡蓮の部屋以外の
常設展示室がぜんぶクローズしていて、
ガッカリしたんです。
でも、帰ってきたら、
そのコレクションが、横浜美術館に、
どーんと来ていたことがありました。
島本
ははは、そういうことが(笑)。
──
海外の作品が日本にやって来るのは
しょっちゅうありますけど、
よく考えたら、
日本から
海外へ行くこともあるんですよね。
島本
ええ、頻繁にありますよ。
──
こちらからも、世界の美術館へ。
島本
はい。
──
ぼくら観客の知らないところで、
人類のお宝みたいな名画が、
世界の空を、
行ったり来たりしてるんですね。
島本
お電話をいただくこともありますよ。
あの作品いま見られますか‥‥って。

(つづきます)

2021-07-05-MON

前へ目次ページへ次へ
  • ブリヂストン美術館を休館した後、
    2020年に
    新しい美術館として開館した、
    アーティゾン美術館。
    開催中の「STEPS AHEAD」では、
    この真新しいミュージアムに
    新たに収蔵された作品を、
    たっぷりと楽しむことができます。
    なんと展示の半数近くが、
    はじめて公開される作品とのこと。
    メインビジュアルに採用された
    エレイン・デ・クーニングはじめ
    女性作家たちの抽象画、
    藤島武二、キュビスム、具体、
    マティスの素描‥‥など
    3つのフロアにまたがる展示は、
    みごたえ十分です。
    ルノワール、ピカソ、青木繁など
    この美術館の代表作も。
    9月まで会期も延長されたので、
    ぜひ、足をお運びください。
    チケットなど詳しいことは
    アーティゾン美術館の公式サイト
    ご確認ください。