美術館が所蔵している作品や
常設展示を観に行く連載・第4弾です。
今回は、2020年にオープンした
アーティゾン美術館へうかがいました。
前身は、歴史あるブリヂストン美術館。
東京・京橋の街中で、
ピカソやルノワールを見られる美術館が、
新しくうまれ変わったのです。
現在、休館中に新たに収蔵した作品を
たっぷり楽しめる
「STEPS AHEAD :
Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」
を開催しているので、そのようすを取材。
作品を解説してくださったのは、
学芸員の島本英明さん。
担当は、ほぼ日奥野です。さあどうぞ!

前へ目次ページへ次へ

第4回 戦争と、人間性の危機と、美術と。

──
たまたまかもしれませんが、
この常設展シリーズの取材をしていると、
瀧口修造さんのお名前が、
ひんぱんに出てくるんですよね。
富山県美術館の初期コレクションは
瀧口さんの助言のもとに構築されたとも
うかがいましたし、気になってます。
島本
ええ、日本におけるシュルレアリスムの
中心的な人物ですね。
詩も書けば美術批評もこなし、
こうして、自身で作品もつくりました。
ファンも多いです。
ちょっと他にいないタイプの人ですね。

提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三 提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三

──
早くからミロを評価してたんですよね。
島本
はい、おっしゃるとおりです。
世界で初めてミロの研究書を書いた人。
──
世界で初‥‥って、すごいですよね。
故郷のスペインや、
活動していたパリでも書かれていない時点で、
日本人が、日本で書いたって。
島本
1940年でしたか。
──
ミロも嬉しかったでしょうね、きっと。
島本
瀧口が、その研究書を携えて渡欧して
ミロ本人に渡したら、
その場にいた人から
「これは世界でいちばん早い研究書だ」
と言われたという逸話が残っています。
──
ミロさんの隣にいた人の、お墨付き!
島本
このあたりが、
瀧口の周辺に集まっていた作家たちの
作品になります。
絵描きだけでなくて、音楽や演劇など
総合的な芸術活動をしていた
実験工房というグループがありまして。

提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三 提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三

──
ええ。こちらの作品は、デュシャン?
島本
はい。
──
デュシャンも、よく出てくるんですよ。
この取材をしていると。
デュシャンっていうと、
何よりまず、
あの便器のイメージが強いんですけど。
島本
ええ。
──
やはり革命的な人だったんでしょうか。
島本
はい、若いときに絵を辞めてしまって、
いわゆる芸術的創作とは
まったく別の方向へ向かった人ですね。
20世紀美術に、多大な影響を与えました。
これは断片的なメモや紙片の複製を、
フォルダーにわけて箱に収納した作品です。
──
これが「表現」なんですね。
島本
デュシャンの思考を作品化したものです。
絵画や彫刻といった、
いわゆる美術の形態をとらなくても創作だ、と。
──
なるほど。
島本
むしろ、カンヴァスに描かれた絵は
目で視覚的に捉えられたものに過ぎず、
模倣的だといって、
デュシャンは、芸術的なリアリティを
感じなくなってしまうんです。
──
絵として描かれる以前の思考について、
以前、山口晃さんが、
似たようなことをおっしゃってました。
頭の中でああしてやれこうしてやれと
考えているときが最高に楽しくて、
それを絵として描く作業は
ほとんどつじつま合わせです‥‥って。
島本
ああ、なるほど。おもしろいですね。
これなどは少し遊び心のある作品です。
自分で自分の過去の作品を複製して、
トランクの中に、収めているんですよ。
それを携帯できる美術館という具合で。
──
へええ‥‥あ、ちっちゃい「泉」も!
しかも使用可能っぽい(笑)。

提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三 提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三

島本
このトランクの作品は、
いくつかのエディションが存在します。
どれもコンセプトは一緒なんですが、
収められているものが、
ちょっとずつ異なっているんです。
これはシュルレアリスムの画家である
エンリコ・ドナティと、
その夫人に、捧げられた作品です。
──
こっちの「箱」は‥‥。
島本
造形作家、ジョゼフ・コーネルの作品。
デュシャンはアメリカへ行くんですが、
コーネルは、
同じ時期に活動していて、
デュシャンからも
熱狂的に支持されていた作家なんです。
──
へえ‥‥コーネルさん。なんか、いい。

提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三 提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三

島本
このような箱の作品が彼の代表作です。
1930年代から制作をはじめ、
箱の中に、
書物からの切り抜きや映画の複製写真、
球状のコルクなどを、
コラージュしていった作品です。
──
いまでこそ、
そこまでめずらしい作風ではないけど、
当時は斬新だったんでしょうね。
この、芸術家のひとつのちいさな世界。
島本
はい、それぞれの物体は
特別な意味を持ってはいないんですが、
こうして
ひとつの箱の中に同居させることで、
互いに不思議な連関が生まれてきます。
たしかに、ちいさな世界ではあるけど、
とてつもない発想だったと思います。
──
デュシャンも、お好きだったんですね。
島本
ええ、デュシャンの作品制作を、
コーネルが手伝ったりもしたそうです。
──
で‥‥このあたりは、
第二次大戦の後のフランスの抽象美術。
島本
デュシャンがアメリカで
いまのような作品をつくっていたとき、
フランスでは、
このような作品が生まれていました。
中心的な役割を担ったのが、
このジャン・デュビュッフェであり、
新収蔵の扱いではないんですが、
ジャコメッティといった人たちでした。
──
この《泥の中の顔》とか、すごいなあ。
まさに泥のカンヴァスみたいなものに、
人の顔が描かれていて‥‥。

島本
さまざまな解釈があるとは思いますが、
時代的なもの‥‥つまり、
世界を巻き込んだ戦争で
人間性が危機に陥った直後だったので、
無意識に、
無自覚に人間を描くということが、
できなくなった時代だと思うんですね。
──
それで、
人間の顔をこのように表現した。
島本
世界や人間性の危機に対して、
美術はこれでいいのか、という想いも、
きっとあったと思うんです。
舗装された道路みたいな感じですよね。
オート・パットと呼ばれる支持体です。
──
オート・パット?
島本
はい、フランス語なんですけれど、
オートは「高い」で、
パットは「ペースト」、つまり「地」。
土や泥、
コールタールなどを混ぜたものですね。
そこに、こうして人の顔を描く。
目や歯は小石を埋めて表現しています。
──
はあ、本当だ。よく見ると。
島本
そうやって、従来の美術が
相手にはしてこなかった素材を使って、
ゼロから美術をこしらえる‥‥
ということを自覚的にやった作家です。
ちなみにこの人は、
40代から作家活動をはじめますけど、
芸術家になる前は、
ワインの卸売りをやっていたんですよ。
──
へええ、おもしろい経歴。
知らない人が、いっぱいいるんだなあ。
あらためて、ですけど。
島本
ここからは、最後のフロアに入ります。
1950年代、日本の芦屋で誕生した、
具体美術協会をご紹介します。
──
吉原治良さんなんかで、有名な。
島本
はい。
表現の仕方は十人十色なんですけれど、
ダイレクトな、
生々しい表現を志向した人たちです。

提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三 提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三

(つづきます)

2021-07-04-SUN

前へ目次ページへ次へ
  • ブリヂストン美術館を休館した後、
    2020年に
    新しい美術館として開館した、
    アーティゾン美術館。
    開催中の「STEPS AHEAD」では、
    この真新しいミュージアムに
    新たに収蔵された作品を、
    たっぷりと楽しむことができます。
    なんと展示の半数近くが、
    はじめて公開される作品とのこと。
    メインビジュアルに採用された
    エレイン・デ・クーニングはじめ
    女性作家たちの抽象画、
    藤島武二、キュビスム、具体、
    マティスの素描‥‥など
    3つのフロアにまたがる展示は、
    みごたえ十分です。
    ルノワール、ピカソ、青木繁など
    この美術館の代表作も。
    9月まで会期も延長されたので、
    ぜひ、足をお運びください。
    チケットなど詳しいことは
    アーティゾン美術館の公式サイト
    ご確認ください。