美術館が所蔵している作品や
常設展示を観に行く連載・第4弾です。
今回は、2020年にオープンした
アーティゾン美術館へうかがいました。
前身は、歴史あるブリヂストン美術館。
東京・京橋の街中で、
ピカソやルノワールを見られる美術館が、
新しくうまれ変わったのです。
現在、休館中に新たに収蔵した作品を
たっぷり楽しめる
「STEPS AHEAD :
Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」
を開催しているので、そのようすを取材。
作品を解説してくださったのは、
学芸員の島本英明さん。
担当は、ほぼ日奥野です。さあどうぞ!

前へ目次ページへ次へ

第2回 キュビスムと、肖像写真。

──
次はキュビスムの作品‥‥え、
この有名なセザンヌの絵も、キュビスム。

ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-06年頃 ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-06年頃

島本
この作品をここに持ってきている理由は、
キュビスム、フォーヴィスムはじめ
20世紀の絵画に
決定的な影響を与えたという意味です。
──
なるほど。
セザンヌ、まさに「近代絵画の父」だと。
ちなみにキュビスムというと、
ピカソとブラックしか知らないのですが、
そのふたり以外にも。
島本
はい、たしかにその2名が中心ですが、
革命的なムーブメントだったので、
たくさんのフォロワーを生んでいます。
たとえば、この
フランス人のメッツァンジェが、そう。

ジャン・メッツァンジェ《円卓の上の静物》1916年 ジャン・メッツァンジェ《円卓の上の静物》1916年

──
はああ‥‥この人は知りませんでした。
ピカソやブラックよりも、
少しあとの世代の人ということですか。
島本
ピカソとは2歳ほどしか違わないので、
同世代ですね。
──
キュビスムの中でも、有名な人?
島本
代表的な画家のひとりです。
キュビスムは
1909年くらいに起こったんですが、
この作品が、1916年。
キュビスムの整理も進んだころですね。
装飾的な感じすらあります。
──
ピカソやブラックのそれとは、
たしかに、ちょっと雰囲気がちがって、
どこか「秩序」も感じます。
島本
こちらセヴェリーニも
キュビスムの影響下にあったイタリア人画家。
──
セヴェリーニさん‥‥楽器?
島本
はい、路上で楽器を演奏していますね。
一部に点描を用いていたりします。

ジーノ・セヴェリーニ《金管奏者(路上演奏者)》1916年頃 ジーノ・セヴェリーニ《金管奏者(路上演奏者)》1916年頃

──
ああ、本当ですね。左下のあたり。
島本
台形や円形など、構成要素を部分ごとに
幾何学形態に還元して、
色彩も使いわけているんです。
──
ピカソやブラックがはじめたキュビスムを、
こうやって、いろんな作家が、
さらに発展させていったということですか。
島本
そうですね。称賛のあとの反発や批判‥‥
みなが感じはじめた
キュビスムの限界を克服しようとする考え。
さまざまな動きが出てきます。
ブラックもピカソも、
1910年代半ばにはキュビスムを離れて、
次なる段階へと進んでいくんですが。
──
そうすると、創始者たちにとっては
10年に満たないくらい、だったんですか。
キュビスムをやっていた時代って。
島本
そうですね。そしてその後、
キュビスムは日本へも伝わってくるんです。
こちらは
1921年ですから関東大震災の少し前の、
古賀春江という人の作品です。

古賀春江《無題》1921年頃 古賀春江《無題》1921年頃

──
東京国立近代美術館にある《海》で有名な。
大正とか昭和初期の男性画家ですよね。
シュルレアリスムの文脈で見たような気が。
キュビスムの時代もあったんですね。
島本
はい、彼はずっと日本に住んでいたので、
キュビスムについては、
当時の雑誌などを見て研究したそうです。
実物を観ることもなく、
参照するソースが限られておりながらも、
これほどの作品を残した。
パリから遠く離れた日本へも、
キュビスムの熱狂は伝わっていたんです。
──
ただ、実物も見れず、本だけの知識だと、
微妙に変容しなかったんでしょうか。
キュビスムの「解釈」的なものって。
島本
ええ、あっただろうと思います。
──
当時の雑誌の写真なんかだと、
きっとそれほど鮮明じゃないでしょうし、
ぼんやりした画像を見て、
「ああ、これがキュビスムか」とか。
島本
そういった限界のなかでの創作の場合は、
土着のものと、
さまざまに混じり合う表現となります。
で、おうおうにして、
そこに個性やおもしろみがうまれますね。
ちなみに、
ここ第2章にキュビスムを配した理由は、
それが、
のちの抽象表現のひとつのはじまりだと、
考えているからです。
──
セザンヌからキュビスム、抽象へ‥‥と、
流れで見ていくの、おもしろいなあ。
島本
今後、当館では、
20世紀の抽象芸術の収集に注力しよう、
という思いもあり、
新収蔵展の序盤‥‥起点に、
キュビスムの作品を展示しているんです。
──
アーティゾン美術館さんの、
収蔵方針の方向性を示しているんですね。
今回の「STEPS AHEAD」展は。
島本
次は肖像写真をまとめて展示しています。
芸術家の肖像です。
──
ああ、名前は知っていても、
芸術家の顔って、知らないかもしれない。
島本
こちら、マネです。

ナダール(フェリックス・トゥールナション)「エドゥアール・マネ(1832-1883)」年代不詳 ナダール(フェリックス・トゥールナション)「エドゥアール・マネ(1832-1883)」年代不詳

──
あ、マネ! 
ドガが描いてマネにプレゼントしたけど、
マネが
気に入らなくて一部を切り取っちゃった
《マネとマネ夫人像》のマネにそっくり。
あたりまえかもしれませんが‥‥。
島本
ははは、そうですね。
こちらはアングル、カミーユ・コローなど。

アンリ=ルイ・ラヴォー「カミーユ・コロー(1796-1875)」年代不詳 アンリ=ルイ・ラヴォー「カミーユ・コロー(1796-1875)」年代不詳

──
コロー‥‥風景画の。
なんだか意外なお顔でした(笑)。
それじゃあ、こちらはどなたでしょうか。
このイケメンっぽい人は。
島本
この方はディアズ・ドラペーニャという
バルビゾン派の画家です。
──
ああ、残念ながら知らない人です。
有名だけどこんな意外な顔してるんだあ、
みたいな方っていますか?
島本
どうでしょう、むずかしいですね(笑)。
こちらが、先ほど
奥野さんがお好きだとおっしゃっていた
ファンタン=ラトゥールです。
──
ああ、きらきらしたお花の絵を描く人。
こんな方でしたか。へえ‥‥。
島本
そしてロートレック、ロダン。

ポール・セスコー「アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864-1901)」1894年頃 ポール・セスコー「アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864-1901)」1894年頃

──
ロートレックさんの写真は有名ですよね。
ロダン‥‥は、どこか彫刻的なお顔立ち。

ドルナック(ポール・マルサン)「オーギュスト・ロダン(1840-1917)」1917年 ドルナック(ポール・マルサン)「オーギュスト・ロダン(1840-1917)」1917年

島本
こちらは、ドガ。晩年のドガです。
──
いやあ、めちゃくちゃおもしろいですね、
この肖像写真のコーナー。
この人があの絵を‥‥って浮かんで来て。
有名なニエプスの写真の実験が、
1820年代ですから、
それ以降の近代の画家が主なんですかね。
島本
19世紀から20世紀の初頭に、
フランスで活躍していた芸術家たちです。
──
ゴッホの写真はないんですか。
島本
ゴッホはないですね。
──
あれだけ自画像を残した人ですけど、
本人の写真って、
若いころの1枚以外にないですよね。
島本
マティスなら、こちらに。

撮影者不詳「アンリ・マティス(1869-1954)」年代不詳 撮影者不詳「アンリ・マティス(1869-1954)」年代不詳

──
おお、マティス。
晩年、かなり恰幅よかったんですよね。
でもすごい迫力。顔が四角になってる。
撮ってる人は‥‥有名な人ですか?
島本
マティスは撮影者不詳なんですけれど、
マネやクールベを撮ったのは、
あの有名な写真家のナダールですよ。
──
ああ、自分のアトリエを
第1回印象派展の会場として貸した人。
島本
これでも一部です。
収蔵している肖像写真の、ほんの一部。
当館では、
それだけで展覧会をやれるくらいの数、
コレクションしています。
──
知りませんでした。横浜美術館さんも
写真コレクションがすごいですけど、
アーティゾンさんの場合は、
「芸術家の肖像写真」を、
意識して収蔵してきたということですか。
島本
はい。写真って、展示そのものとしても、
展示の肉づけにもなるんです。
作品であると同時に資料性も高いんです。
──
何よりおもしろいです、このコーナー。
島本
ありがとうございます(笑)。

提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三 提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三

(つづきます)

2021-07-02-FRI

前へ目次ページへ次へ
  • ブリヂストン美術館を休館した後、
    2020年に
    新しい美術館として開館した、
    アーティゾン美術館。
    開催中の「STEPS AHEAD」では、
    この真新しいミュージアムに
    新たに収蔵された作品を、
    たっぷりと楽しむことができます。
    なんと展示の半数近くが、
    はじめて公開される作品とのこと。
    メインビジュアルに採用された
    エレイン・デ・クーニングはじめ
    女性作家たちの抽象画、
    藤島武二、キュビスム、具体、
    マティスの素描‥‥など
    3つのフロアにまたがる展示は、
    みごたえ十分です。
    ルノワール、ピカソ、青木繁など
    この美術館の代表作も。
    9月まで会期も延長されたので、
    ぜひ、足をお運びください。
    チケットなど詳しいことは
    アーティゾン美術館の公式サイト
    ご確認ください。