美術館が所蔵している作品や
常設展示を観に行く連載・第4弾です。
今回は、2020年にオープンした
アーティゾン美術館へうかがいました。
前身は、歴史あるブリヂストン美術館。
東京・京橋の街中で、
ピカソやルノワールを見られる美術館が、
新しくうまれ変わったのです。
現在、休館中に新たに収蔵した作品を
たっぷり楽しめる
「STEPS AHEAD :
Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」
を開催しているので、そのようすを取材。
作品を解説してくださったのは、
学芸員の島本英明さん。
担当は、ほぼ日奥野です。さあどうぞ!

前へ目次ページへ次へ

第1回 藤島武二の《東洋振り》から。

──
以前のブリヂストン美術館から、
アーティゾン美術館という名前に変わって、
何だかもう、
すっかり新しくなりましたね。
島本
はい、リニューアルではなく、
2015年5月に以前の美術館を休館し、
アーティゾン美術館という
新しい美術館として開館しました。

──
まさしく、そんな感じがします。
開館記念展の
「見えてくる光景 コレクションの現在地」や、
石橋財団コレクションと
鴻池朋子さんがセッションした展覧会
(「ジャム・セッション 
石橋財団コレクション✕鴻池朋子 
鴻池朋子 ちゅうがえり」)、
「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」
なども拝見しましたが、
このタイミングで、
新しく収蔵したコレクションの展覧会ですか。
島本
ええ、今回は2015年5月以降に
購入や寄贈、寄託などいろんなかたちで
新たに収蔵された作品を、
まとめてご覧いただこうという企画です。
さっそく、ご案内いたしましょう。
──
はい、どうぞよろしくお願いいたします。

提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三 提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三

島本
今回の
「STEPS AHEAD:
Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」には、
作品点数でいうと、
ぜんぶで「290点」ほど出しています。
新収蔵作品約90点を中心に約200点、
さらに
芸術家の肖像写真コレクションから
87点を展示しています。
半分弱は、はじめてお見せする作品です。
──
そんなに。それは楽しみです!
島本
写真作品は、ほとんど初お目見えですし。
──
まさに「新しく名前を変えて、開館した」
というコンセプトにふさわしいですね。
島本
はい、今回は「建物をあらためた」とか、
「新装、改装した」ではなくて、
新たに生まれ変わったと捉えているので。
──
展覧会名も「前へ!」ですものね。
島本
はい。決意表明‥‥とでも言いますか。

──
基本的なところですみません、
展示会のメインビジュアルのこの作品は、
どなたが描かれたものですか。
島本
はい、5階に展示しているんですけれど、
エレイン・デ・クーニングです。
抽象表現主義で有名な、
ウィレム・デ・クーニングの奥さまです。
美術批評家でありながら、
自分で絵も描くアーティストでもあって、
近年、注目を集めている人ですね。
──
はあ‥‥知りませんでした。
島本
彼女の作品を美術館で紹介するのは、
この展覧会が、
日本ではじめてじゃないでしょうか。
──
カッコいいです、すごく。
島本
そうでしょう?
この絵は、のちほど出てきますので、
そのときにまた、
くわしいことを説明いたしますね。
それでは第一章、最初のセクション。
──
お願いいたします。
島本
部屋の中心に展示したのは、
藤島武二の《東洋振り》という新収蔵作品。
その周囲に、
ブリヂストン美術館の時代から
コレクションのメインだった
他の藤島作品、黒田清輝、青木繁‥‥
など、日本の近代洋画と言われる
明治以降の油彩画を、
新収蔵作品と一緒に飾っております。

──
こちら側には西洋近代の作品があって。
アーティゾンさんのコレクション展示で
よく見るメアリー・カサットとか。

島本
はい、ベルト・モリゾや
エヴァ・ゴンザレスなども出ています。
ここでは当館のハイライト、
コレクションのなかでも強いところを
展示しているのですが、
その中心に、
同じ20世紀前半の時代に描かれた
藤島の《東洋振り》を展示したのです。
──
うつくしい横顔ですね‥‥。

藤島武二《東洋振り》1924年 藤島武二《東洋振り》1924年

島本
でしょう? この《東洋振り》は、
東洋趣味を意識して描いているんです。
というのもこれ、中国の服なんですよ。
ただし、中国で描いたのではなく、
自分の持っていた中国の服を、
日本人モデルに着せて描いたようです。
──
これが新収蔵のなかでも、目玉。
島本
そうです。
当館のメインの作品群にも負けない、
素晴らしい作品だと思います。
──
藤島武二さんの絵って、
以前から、収蔵されていましたよね。
島本
はい。ブリヂストン美術館の創設者である
石橋正二郎は、
生前の藤島と交流が深かったんです。
石橋に作品を直接譲ったりなど、
藤島は当館にゆかりのある作家なんです。
──
どういう人だったんですか。
島本
はい、近代日本の洋画家で、
ルネサンスはじめ
西洋絵画の伝統をよく勉強しています。
イタリアやフランスへの留学経験もあり、
油絵に関して
素晴らしい技術を持っていました。
日本人画家の中でも、
ずば抜けて上手い人だと思います。
──
人物を描いた絵が、多いんですか?
島本
いえ、風景も人物も両方、描いています。
キャリアを重ねるにつれて
作品の抽象化が進んでいった作家です。
この時代の日本人画家としては、
頂点を極めるくらいの人だと思います。
──
はあ‥‥それほどまでのお方。
島本
こちらが若いころの、藤島の作品です。

藤島武二《黒扇》1908-09年(重要文化財) 藤島武二《黒扇》1908-09年(重要文化財)

──
はい、これは見たことありました。
島本
他にも、
日本の神話や天平時代のような古代を
モチーフにしていたり、
留学時代に描いた女性の肖像だったり。
──
横顔の絵が多いんですかね。
島本
そうですね。意識していたと思います。
ちなみに横顔の肖像画‥‥というのは、
15世紀前後のイタリア、
ルネサンス期によく見られるんです。
──
へええ。
島本
ピエロ・デラ・フランチェスカなどが
知られています。
有名なレオナルド・ダ・ヴィンチや
ラファエロよりも、少し前の人ですが。
──
何か‥‥何を意味してるんでしょうか。
横顔の肖像というのは。
島本
時代や作家、作品によって
さまざまな解釈があるとは思うんですが、
藤島の絵で語る場合、
ひとつには、
平面的に単純化しつつ装飾的で、
構図的なうつくしさを感じると思います。
──
はい、うつくしいが第一印象でした。
島本
藤島の時代は、
実物のボリューム感や立体感を再現する、
という時代では、もうなかった。
それより、
文字や柄など装飾をあしらいながら、
絵画という「平面」として何を表すか‥‥
という意識のほうが強かったんです。
──
たしかに、柄物の中国服と柄のうちわ、
バックには漢字‥‥で、
パッと見ゴチャゴチャしてそうなのに、
むしろスッキリした印象です。
女性の表情が凛としているからなのか。
島本
絵筆の手際がよくて、品がありますし、
センスを感じるといいますか‥‥。
そういう藤島の技術もあると思います。
当館が自信を持ってご紹介できる、
ぜひ、直に見ていただきたい作品です。

提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三 提供:アーティゾン美術館 撮影:木奥惠三

(つづきます)

2021-07-01-THU

前へ目次ページへ次へ
  • ブリヂストン美術館を休館した後、
    2020年に
    新しい美術館として開館した、
    アーティゾン美術館。
    開催中の「STEPS AHEAD」では、
    この真新しいミュージアムに
    新たに収蔵された作品を、
    たっぷりと楽しむことができます。
    なんと展示の半数近くが、
    はじめて公開される作品とのこと。
    メインビジュアルに採用された
    エレイン・デ・クーニングはじめ
    女性作家たちの抽象画、
    藤島武二、キュビスム、具体、
    マティスの素描‥‥など
    3つのフロアにまたがる展示は、
    みごたえ十分です。
    ルノワール、ピカソ、青木繁など
    この美術館の代表作も。
    9月まで会期も延長されたので、
    ぜひ、足をお運びください。
    チケットなど詳しいことは
    アーティゾン美術館の公式サイト
    ご確認ください。