一昨年、三國さんとMiknitsチームは、
イギリス、フランス、スウェーデンなど
ヨーロッパへ買い付けの旅に出ました。
三國さんはその風景を、
しばらく「夢」にみるほどだったそう。
渋谷PARCOで開催される
「編みものけものみち 三國万里子展」では、
これらを販売するマーケットを開くことに。
ヴィンテージに宿る夢に
手繰り寄せられるように買い付けたアイテムが
数百点ならびます!
三國さんと、一緒に買い付けをしたシブヤと森、
以前イギリス旅を共にした山川も一緒に、
買い付けたものやヨーロッパヴィンテージの
魅力について語り合いました。

>三國万里子さんプロフィール

三國万里子(みくに まりこ)

1971年、新潟生まれ。
3歳の時、祖母から教わったのが編みものとの出会い。
早稲田大学第一文学部仏文専修に通う頃には、
洋書を紐解き、ニットに関する技術と
デザインの研究を深め、創作に没頭。
大学卒業後、古着屋につとめヴィンテージアイテムにも魅了される。
いくつかの職業を経た後に、ニットデザイナーを本職とし、
2009年、『編みものこもの』(文化出版局)を出版。
以降、書籍や雑誌等で作品発表を続ける。
2011年のコンテンツ「三國万里子の編みものの世界」でほぼ日に初登場。
以来、編みものキットやプロダクトのデザインを手がけ活動の幅をさらに広げる。
2012年より「気仙沼ニッティング」のデザイナーを務める。
ニットを軸に活躍されていますが、かねてより心を寄せていた
ヴィンテージアイテムへの見識を活かして、2017年以降は
ヨーロッパでの買い付けや、展示販売もおこなう。
今冬には福岡の美術館「三菱地所アルティアム」にて大規模個展を開催。

〈著作物〉

『編みものこもの』(2009年)
『編みものワードローブ』(2010年)
『きょうの編みもの』(2011年)
『冬の日の編みもの』(2012年)
『編みものともだち』(2013年)
『アラン、ロンドン、フェアアイル 編みもの修学旅行』(2014年)
『ミクニッツ  大物編 ザ・ベスト・オブ Miknits 2012-2018』
『ミクニッツ  小物編 ザ・ベスト・オブ Miknits 2012-2018』(2020年)
(以上すべて文化出版局)

『うれしいセーター』(2016年)
『スール』(2017年)
『I PLAY KNIT』
(以上すべてほぼ日)

 

〈関連コンテンツ&ウェブサイト〉
『三國万里子の編みものの世界。』(2011年)
『三國さんがミトンを編む一日。』(2011年)
『目薬ポーチで編みもの入門。』(2012年)
『いいものを編む会社 ─気仙沼ニッティング物語』(2012年)
『三國万里子さんのお店「Miknits」』(2013年~)
『気仙沼ニッティング』(2012年~)
『うれしいセーター』(2016年)
三國万里子さんがロンドンとエジンバラでみつけたもの。(2017年)
MY FAVORITE OLD THINGS』
『編んで、着て、ときどきうろちょろするわたし』
『アッコちゃんとイトイ』
mizudori通信 

 

〈これまでの三國万里子さんのお店「Miknits」〉
Miknits2013
Miknits2014
Miknits2015
Miknits2016
Miknits2017
Miknits2018
Miknits2019
Miknits2020

前へ目次ページへ次へ

02 惜しみなく手間がかけられている物たち。

山川
今回は主にイギリスで買い付けをしました。
あらためて聞きたいのですが、
三國さんが思うヨーロッパ、
特にイギリスのヴィンテージの魅力は、
どんなところにあると思いますか?
三國
編みものに限ったことでいうと、
ヴィンテージのニットって、
お店であまりお目にかかれないんです。
毛糸が傷みやすい、ということも
あるんでしょうね。
ただ、手編み文化が育ったイギリスでは、
ヴィンテージがきちんと残っていました。
アイルランドでは、
アランニットが家内制手工業として
国の経済発展に寄与した。
シェットランド諸島でも、
フェアアイルが同様にたくさん作られた。
それらを、皇室の人が着ることもあり、
ヴィンテージは価値あるものとして
伝わっていった歴史があるので、
特別なものとして残ってきたのだと思います。

山川
みんなが、
その価値を認めている感じもしますよね。
三國
そうですね。
近代イギリスで最も繁栄したと言われている
19世紀後半のヴィクトリア朝時代は、
世界各国からイギリスに物が集まってきました。
既存の価値観や文化と自由主義がミックスされて、
ユニークなものが生まれたおもしろい時代なんですね。
そういう時代を経ているので、
惜しみなく手間がかけられているような
ヴィンテージアイテムが
豊かにあるのだと思います。
シブヤ
わかります。
私が印象的だったのは、
古いものがとても身近であるということ。
レズリーさんのお店で、
「これは戦前のものなんだ」と見せてもらった物が、
よくよく年代を聞いたら
第一次世界大戦前の物だったんですね。
山川
100年以上も前。
シブヤ
そんなに昔の物が残っているなんて、
日本だと貴重なことだと思うんですけど、
イギリスには当たり前のようにありました。
古い分、ほつれやシミなどもあって
使い込まれているんですけど、
それも物の魅力としてとらえられている。
ヴィンテージは価値である、ということが
浸透している国だと実感しました。
三國
レースのベッドジャケットも見せてもらったことを
よく覚えています。
物から、昔の生活ぶりがわかるし、
魅力を充分に感じました。

山川
三國さんが初めてイギリス諸島に訪れたのは、
気仙沼ニッティング立ち上げのタイミングですよね。
初イギリスなのに、
いきなりアイルランドのアラン諸島へ(笑)。
三國
みちこ(山川)さんも一緒にね。
何も知らない状態で行ったんですけど、
基本的に建物は古いまま使われて、
お店の看板もそのままで、
文化も景色も昔ながらのものが残っていました。
山川
残っているものにも、
なんていうんでしょう‥‥
彼らの自信と誇りを感じました。
何もかもが堂々としていて、
「古いものこそよし」とされる雰囲気がありました。

三國
だから、もっと見たいと思ったんですよね。
それで文化出版局さんと
『アラン、ロンドン、フェアアイル
編みもの修学旅行』という本を作りました。
山川
三國さんの作風は、
旅に出るようになってから変わりましたよね。
三國
そうですか。
山川
そんな風に感じています。
初めてお会いした時から
伝統的なモチーフを取り入れた作品作りを
されていましたけど、
そこから解き放たれていくような。
三國
そうかもしれないですね。
昔の私が作るものは、
基本的に本で勉強して習得した
伝統柄を作品にしていたので、
トラディショナルな作風になる。
旅に出るときには、もう、
それらをほとんどトライしてしまっていたんです。
だから、実物を見ることになり、
深追いするのではなくモダンな方向に
いったような気がします。
山川
旅の中で得たものが
三國さんの中で翻訳されて、
新しい作風になっていると思います。
三國
見ていてくれて、ありがとう。
山川
それにしても、今思い返すと、
貴重な時間でしたよね。
三國
アイルランドの旅も、
一昨年の買い付けの旅も、
ありがたい経験をさせてもらいました。
懸命に物ばかりを見続ける2週間というのは、
初めてのことだったから
楽しかったし、勉強になりました。

シブヤ
一部のアイテムは、先んじて
「MY FAVORITE (OLD) THINGS」
展示販売をしましたけど、
今回のアイテムもまた違うものが並ぶので楽しみですね。
三國
前回も今回も、
私たちがほんとうにかわいいと思うもの、
大事なものとして紹介して、
譲ることになりそうですね。
はい。
じっくり見てもらいたいです。
シブヤ
どれも胸をはって「かわいいでしょ!」と
言えるものばかりだと思います。
展示を見たあとに、お買い物もたのしんでほしいですね。
三國
今回も好きなものが山ほどあるので、
期待して遊びにきてください。

(終わります。)

2021-02-05-FRI

前へ目次ページへ次へ
  • 福岡の三菱地所アルティアムで開催されていた
    三國万里子さんの20年間の作家生活をたどる展覧会
    「編みものけものみち 三國万里子展」が、
    渋谷PARCO8階の『ほぼ日曜日』でも巡回開催します。
    会期は2021年2月7日(日)から2021年2月28日(日)まで。
    近年10年の三國さんの代表的なニット作品をはじめ、
    影響を受けた書籍、ヴィンテージアイテム、
    「巣穴」とよばれる仕事場をイメージしたスペースなど
    たっぷりと展示。まるで物語に迷い込んでいくように、
    三國さんが生み出した作品と幅広い関心を
    たのしんでいただけます。
    また、三國さんおすすめの古書店の出店や、
    なかしましほさんとコラボレーションしたクッキーなど
    お買い物も充実していますよ。
    展示に関する、
    ミロコマチコさんインタビュー
    アルティアムのディレクター山田さんとのインタビュー
    合わせてどうぞ。

    *ほぼ日曜日では、感染予防・感染症拡大防止のため、
    対策をおこなっています。こちらを確認のうえご来場ください。
    みなさまのご協力、よろしくお願いいたします。