日本にある1741の市町村すべてを回り、
それぞれの土地で撮った写真と文章を
ウェブサイトにアップしながら旅をした
かつお(本名・仁科勝介)さん。

その旅の記録が、
『ふるさとの手帖』というタイトルで、
8月に出版されました。
9月中旬には「ほぼ日曜日」で写真展を開催します。

そんなかつおさんに、
オンラインでお話をうかがいました。
ほぼ日にはすでに、
「若い3人、気仙沼へ行く。」でご登場いただいていますが、
「あの旅」のことを
きちんをうかがうのはこれがはじめて。
途中から糸井重里も参加します。
1741もある、ぜんぶの市町村を巡る旅って、
いったいどんな旅だったのでしょう?

>かつおさんのプロフィール

仁科勝介 プロフィール画像

仁科勝介(にしな・かつすけ)

かつお

本名、仁科勝介(にしな・かつすけ)。

1996年岡山県生まれ。

広島大学在学中の2018年3月から
2020年1月までの間に、
日本にある1741の市町村すべてを訪れる。

写真館勤務を経て2020年9月から独立。

旅の風景を収めた
『ふるさとの手帖
あなたの「ふるさと」のこと、
少しだけ知ってます。』(KADOKAWA)出版。
過去の自費出版作に
写真集『日本よはじめまして』がある。

前へ目次ページへ次へ

第5回 遠慮しないことも学んだ。

糸井
おいしい食べものを食べよう、
ということなんかは旅のあいだに
あまり考えられなかったんですか?
かつお
ほとんど考えられなかったです。
やっぱりお金がもつかどうか
わからなかったので。
糸井
連続して最長で、
何日くらいの旅になったんですか?
つまり、途中で家に戻らずに
続けて旅をしている期間は。
かつお
半年とかですかね。
糸井
そんなに続くんですか!
かつお
東北なんかは、
1カ月で走り切った場所でした。

糸井
はぁ~!
ぼくはてっきり、
「ときどき家に戻ってゆっくりして、
また出かける」
という生活をイメージしながら
聞いたんだけど、そうかぁ。
いまの話だと、
「家」がある感じがしないですね。
かつお
基本的には、
家がある感覚はなかったです。
でも、旅の中で
「家」と言えるような場所も
できまして。
糸井
ほお。
かつお
いちばん長いところですと、
1カ月近く拠点にさせていただいた
お宅がありました。
初めましてではあったんですけど、
「好きなだけいてくれていいよ」
と言っていただいて。
茨城の方なんですけど。
糸井
それはどんなきっかけで?
かつお
知り合いの紹介です。
初対面なのに、
ものすごくよくしていただきました。

糸井
へぇ~。
かつお
羽を伸ばさせて
もらえるような感じで。
糸井
いつもはネットカフェだものね。
かつお
はい。
ほんとにありがたかったです。
糸井
あなたは、ぼくの知ってる限りは
かなり礼儀正しい
ちゃんとした人だと思うんだけど、
そんなきちっとしたあなたが
羽を伸ばせるっていうのは、
よっぽど気をつかわせない
お宅だったんでしょうね。
かつお
(笑)
糸井
会ったことないのに
そのおうちの方々の姿が
見えるかのようです。
そのお宅は、ご家族ですか?
かつお
ご夫婦とそのお母さんの
3人で住まわれていて、
息子さんが
4人くらいいらっしゃいました。
糸井
ほう。 
そこに切り込んでいったわけだ?
かつお
息子さんたちは
たまに帰ってくるご様子でした。
ほんとうに自然に、
ご家族に混ぜてもらう感じで
過ごさせていただいて。
糸井
ご飯も?
かつお
もう、ご飯も、洗濯もなにもかも。
糸井
無料で。
かつお
無料です。

糸井
あなたはマナーやらルールやらを
きちっとしている人に思えますから、
そんなふうに親切にされたら、
最初はきっと困っちゃったでしょう?
かつお
はい。
「食器は洗わなくていいよ」
と言われても、
やっぱり申し訳なくて
洗いたくなってしまうんです(笑)。
でも、そういう感じで
自由に心を置かせてもらう
という経験は、
ひとつ学ばせてもらったかな、
とも思います。
糸井
ああ、そうか。
そういう人たちが持っていて、
自分が持っていない
「態度」みたいなものを、
ミックスできる機会になったわけだ?
かつお
はい。
それも必要なことかなと思うので。
糸井
変わりましたか、自分は。
かつお
変われているとは思います(笑)。

糸井
ふふふ。
気を許すっていうことを
向こうが先にしてくれたら、
こっちもそれに対応して
気を許すことができないと
ダメだよねって思ったんだね、
きっと。
かつお
そうですね。
「遠慮しなくていいから」
と言われたときに、
ありがたく甘えさせていただくことが
できるようになった感覚でしょうか。
糸井
そういう経験をする前の自分は、
けっこう厳しい教育を
受けていたりしたんですか?
かつお
厳しいという感じではなかったです。
ただ、あまりそういった
羽を伸ばすような経験を
いままでしてこなかったというのが
正しいかなとは思います。

糸井
以前から旅行はしてたんですか?
かつお
いや、ほとんど。
家族で旅行に行くようなことも
ありませんでした。
大学に入って周りの話を聞いて、
みんないろんな所に行ってるんだな
と知ったような感じでした。
糸井
羽根を伸ばすことも旅も、
そこから一足飛びに進んだんですね。
でも、その旅も、
何度も「もう、ここまででいいか」
と思ったんじゃないかと
ぼくは思うんですけど、どうでした?
かつお
そうですね。
やっぱり道中は
辛い気持ちのほうが大きくて。
最初に100の市町村を回ったときは
すごく長く感じました。
「これで、100か」みたいな(笑)。
糸井
100、多いもんね。
かつお
多いです。
東京でも60いくつですので。

かつおさんが撮影された東京都新島村 かつおさんが撮影された東京都新島村

糸井
ちなみに東京だと、
どういう割り当てなんですか?
区はひとつ?
かつお
はい。
23区と、区外の市町村と、離島、
というような感じです。
糸井
そうだ! 離島があったんだ(笑)。
大変だ。
かつお
はい、大変でした(笑)。

(つづきます)

2020-09-15-TUE

前へ目次ページへ次へ
  • 9月18日から開催

    安心、清潔をこころがけて渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」でお待ちしています。