日本にある1741の市町村すべてを回り、
それぞれの土地で撮った写真と文章を
ウェブサイトにアップしながら旅をした
かつお(本名・仁科勝介)さん。

その旅の記録が、
『ふるさとの手帖』というタイトルで、
8月に出版されました。
9月中旬には「ほぼ日曜日」で写真展を開催します。

そんなかつおさんに、
オンラインでお話をうかがいました。
ほぼ日にはすでに、
「若い3人、気仙沼へ行く。」でご登場いただいていますが、
「あの旅」のことを
きちんをうかがうのはこれがはじめて。
途中から糸井重里も参加します。
1741もある、ぜんぶの市町村を巡る旅って、
いったいどんな旅だったのでしょう?

>かつおさんのプロフィール

仁科勝介 プロフィール画像

仁科勝介(にしな・かつすけ)

かつお

本名、仁科勝介(にしな・かつすけ)。

1996年岡山県生まれ。

広島大学在学中の2018年3月から
2020年1月までの間に、
日本にある1741の市町村すべてを訪れる。

写真館勤務を経て2020年9月から独立。

旅の風景を収めた
『ふるさとの手帖
あなたの「ふるさと」のこと、
少しだけ知ってます。』(KADOKAWA)出版。
過去の自費出版作に
写真集『日本よはじめまして』がある。

前へ目次ページへ次へ

第4回 似ていても、違っても、不思議。

糸井
ぼくが最初に
かつおくんのことを知ったのは、
東信伍さんのツイートなんですよ。
大学の先輩なんですか?
かつお
はい。
糸井
もうすぐかつおさんがゴール
というときに彼が紹介していて、
それで知ったんです。
反響がすごくて、
回線がパンクしてましたよね。
かつお
ええ。
やっぱり「市町村一周」というのは
最後までやって伝わる感じでした。
途中で「8割達成!」
というふうに話しても、
あまり伝わらないんです。
糸井
そういうものだよね(笑)。
8割って、
じつはもう1400くらいの
土地を回ってるってことだから
じゅうぶんすごいのに。
かつお
ぜんぶ回りきって、
ウェブサイトが完成してようやく、
いろんな方に見ていただけることに
繋がったなと思いました。

糸井
完成すると、
どこかが間違ってたりするのも
わかりやすくなるんでしょうね。
かつお
あ、そうなんです。
もうすごかったです、指摘が。
100個ぐらい訂正が来ました。
地元の方から
「ここ、違います」とか、
「写真の町がずれてます」とか。
糸井
そうだよね。
みんなが「自分の町も出てるはずだ」
っていうふうに見るから。
8割の時には
出てなくても気にならないけど。
みんなが一斉にそういう目で
見始めたんだよね。
完成したっていうのは、
すごいことですよ。
かつお
今はもう「うちの町がない」
という声もないので、
一応大丈夫かな、と(笑)。

糸井
「どうして俺の町はこの写真?」
みたいに思う人もいますよね。
「立派な鳥居があるのに、
なんでこのハチの巣が写ってんだ?」
とかさ(笑)。
かつお
あるでしょうね。
そういうのは申し訳なくて。
糸井
そういう「見えないやり取り」が
またおもしろいんですよ。
かつお
そう言っていただけると
すごく救われます。
糸井
出来上がったものを自分で見て、
「ついこれを撮っちゃうんだな」
っていうのに気づいたりしましたか?
かつお
つい撮っちゃう‥‥
人の後ろ姿は多いかなと思います。
本当は話かけて
正面からも撮りたいんですけど、
なかなか毎回はできなくて。
次にはそういうことが
もっとできたらいいなとは思います。

糸井
次?!
かつお
いや(笑)。
次というか、
普通の旅とか、
普通にフラフラと撮るなかでも、
声をかけて写真を撮りたいなと。
糸井
もう一周するのかと思った(笑)。
かつお
(笑)
糸井
今の日本の環境って、
どこの町に行っても似ちゃうように
できてるじゃないですか?
かつお
ええ、似た箇所は多いと思います。

糸井
「あれ? この国道沿いの景色、
ほかの町でもこうだったな」
みたいなこともあったでしょう。
かつお
ありました。
別の場所なのに
前に訪れた景色が思い浮かぶ場所は
かなりありました。
それがすごくおもしろくて。
糸井
ああ。
似ててつまんない、ではなくて。
かつお
似てて味気ないなと
感じることもありましたが、
おもしろいと感じることのほうが
自分は多かったと思います。
糸井
そう思える人だから続いたんだね。
「どこもおんなじような景色だな」
って、
ためいきと共に感じる人だったら、
やめたくなっちゃうもんね。
かつお
そうですね。
糸井
あなたはそうじゃなかったわけだ。
かつお
似ていても、
そこで暮らす人はやっぱり違うので。
まったく別の暮らしが
それぞれにあることを想像すると
不思議に感じたといいますか。
糸井
ああー。
かつお 
似ていても、違っていても、
不思議に感じることが多かったです。
糸井
この写真集らしい言葉ですね。
「不思議に感じる」っていうのは。
かつお
はい。

かつおさんが撮影された埼玉県・伊奈町 かつおさんが撮影された埼玉県・伊奈町

糸井
どんな暮らしをしながら
旅をしていたんですか?
かつお
それは、具体的にですか?
糸井
そう。朝起きて、というところから。
かつお
朝5~6時くらいに
ネットカフェを出発して、
12時間くらい原付で走りながら
10ほどの市町村を巡って、
夜はまたネットカフェに入ります。
ネットカフェは時間制なので、
ちょうどいい時間に入るために
丸亀製麺とかマクドナルドで
時間を潰したりして待ちます。
22時くらいにネットカフェに入って、
写真の編集をして、
サイトの更新をすると、
だいたい24時を過ぎます。
そこでシャワーを浴びて、
仮眠を取って、
また次の日の
5時か6時くらいに出発する。
という毎日でした。
糸井
旅館とかじゃなくて
ネットカフェなんですね。
かつお
ネットカフェが多かったです。
糸井
それは作業するにも便利だから?
かつお
はい。Wi-Fiの環境があるので。
あと、
野菜ジュースがだいたいありまして。
ガブ飲みしてました。
糸井
お腹をいっぱいにするために
飲んでたんだ?
かつお
そうです。
野菜だし。
もう、すごく、何杯も飲んでました。

(つづきます)

2020-09-14-MON

前へ目次ページへ次へ
  • 9月18日から開催

    安心、清潔をこころがけて渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」でお待ちしています。