日本にある1741の市町村すべてを回り、
それぞれの土地で撮った写真と文章を
ウェブサイトにアップしながら旅をした
かつお(本名・仁科勝介)さん。

その旅の記録が、
『ふるさとの手帖』というタイトルで、
8月に出版されました。
9月中旬には「ほぼ日曜日」で写真展を開催します。

そんなかつおさんに、
オンラインでお話をうかがいました。
ほぼ日にはすでに、
「若い3人、気仙沼へ行く。」でご登場いただいていますが、
「あの旅」のことを
きちんをうかがうのはこれがはじめて。
途中から糸井重里も参加します。
1741もある、ぜんぶの市町村を巡る旅って、
いったいどんな旅だったのでしょう?

>かつおさんのプロフィール

仁科勝介 プロフィール画像

仁科勝介(にしな・かつすけ)

かつお

本名、仁科勝介(にしな・かつすけ)。

1996年岡山県生まれ。

広島大学在学中の2018年3月から
2020年1月までの間に、
日本にある1741の市町村すべてを訪れる。

写真館勤務を経て2020年9月から独立。

旅の風景を収めた
『ふるさとの手帖
あなたの「ふるさと」のこと、
少しだけ知ってます。』(KADOKAWA)出版。
過去の自費出版作に
写真集『日本よはじめまして』がある。

前へ目次ページへ次へ

第3回 自分と戦っている感覚。

――
孤独だった。
かつお
はい。旅の間は、ずっと孤独でした。
すごく孤独でした。
――
そうだったんですか。
かつお
あとから振り返ると
たのしかったことであったり、
いい思い出もたくさん
よみがえってくるんですけれど、
旅をしている最中は
辛い気持ちがたくさんで。
――
いちばん辛かったことは?
かつお
毎朝、日の出前くらいに出て、
日の入りまで原付で走って、
日付が変わるまでずっと
写真の編集とサイトの更新をして‥‥。
――
‥‥激務ですね。
かつお
で、また日の出前に出発するのが、
休みなく毎日という感覚だったので。

――
かつおさんは、
自分がやったのと同じこういう旅を
人に勧めますか?
かつお
あ~、やめたほうがいいと思います。
――
そうですか(笑)。
かつお
やめたほうがいいと思います。うん。

――
たのしいばかりではなかったし。
かつお
たまにたのしいという感じでしたね。
――
それはどういうときに?
かつお
いい景色に出会うと、
すごく気持ちがほぐれました。
あと、博物館とかに行けるときも
束の間の休憩みたいな時間で。
でも、たのしむという感じでは
あまりなかったかもしれないです。
自分と戦ってるような感覚が
ずっとありましたので。
――
「たのしい」より、
「目的達成」のための旅だった。
‥‥伊能忠敬のようです(笑)。
かつお
それは何度か言われました(笑)。
伊能忠敬みたいだだと。

――
この大きな自分で作ったプロジェクトを
終えた前と後で、
なにか変わりましたでしょうか。
かつお
そうですね‥‥
いちばん変わったなと思うのは、
自分の無知を
より知ることができたということです。
――
無知‥‥どういうことでしょう?
かつお
ぜんぶの市町村を回ったのは
ひとつの事実とは思います。
でも、だからこそ、
その土地のことを
「知っている」とは言えないというか。
日本を知っているとは、
旅の前よりも思えなくなりました。
ですから本のサブタイトルも、
「少しだけ知ってます」にしたんです。
――
日本のことをちゃんと知りたくて
全国の市町村を回ったのに、
もっと「知らない」と思う
結果が待っていた。
かつお
そうですね。
でも逆に、
すべてを知らなくてもいいんだな、
というふうにも思いました。

――
ああー、はい。
(ここで、糸井重里が登場)
糸井
かつおさん、どうもっ!
かつお
あっ、こんにちは。
糸井
こんにちは。
かつお
本の帯を書いていただいて、
ありがとうございました。
なんのお礼もできてなくて‥‥。

糸井
なーにをおっしゃいますやら(笑)。
今日はよろしくお願いします。
かつお
よろしくお願いします。
糸井
早速ですけど、
写真集は出すつもりではいたんですか?
かつお
はい。
「最終的には本にしたい」
という思いは、
最初から持っていました。
糸井
じゃあ、旅をしているときから、
そういうことも意識して撮っていたんだ?
かつお
そうですね。
そういう思いはありました。
糸井
ただ、写真を撮ることと
旅をすることって、
必ずしも一致してないですよね?
かつお
一致してないです。はい。

かつおさんが撮影された福島県伊達市 かつおさんが撮影された福島県伊達市

糸井
「あ、いけね、写真撮り忘れた」
とかありそうじゃない?
かつお
そうですね(笑)、
やっぱりいい景色のときとかは、
あんまり写真は撮りたくないです。
糸井
ねえ。
かつお
写真家の幡野広志さんも
おっしゃっていたと思いますが、
肉眼で見るのがいちばんいいなと
いうところはあります。
なのでできるだけ、
旅と写真を近づけるように
意識はしていました。
糸井
写真になる景色のほうに
寄っていっちゃうってこともあるでしょ?
かつお
そうですね。
でも、使っていたカメラのレンズが
あまり旅の写真向きではなかったので。
糸井
単焦点のレンズですよね。
ズームができない。

かつお
そうです。
見たままに近いというか。
できるだけ、ただそこにある
ありのままを切り取りたかったので。
糸井
みごとですよね、どの写真も。
かつお
ありがとうございます。

(つづきます)

2020-09-13-SUN

前へ目次ページへ次へ
  • 9月18日から開催

    安心、清潔をこころがけて渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」でお待ちしています。