日本にある1741の市町村すべてを回り、
それぞれの土地で撮った写真と文章を
ウェブサイトにアップしながら旅をした
かつお(本名・仁科勝介)さん。

その旅の記録が、
『ふるさとの手帖』というタイトルで、
8月に出版されました。
9月中旬には「ほぼ日曜日」で写真展を開催します。

そんなかつおさんに、
オンラインでお話をうかがいました。
ほぼ日にはすでに、
「若い3人、気仙沼へ行く。」でご登場いただいていますが、
「あの旅」のことを
きちんをうかがうのはこれがはじめて。
途中から糸井重里も参加します。
1741もある、ぜんぶの市町村を巡る旅って、
いったいどんな旅だったのでしょう?

>かつおさんのプロフィール

仁科勝介 プロフィール画像

仁科勝介(にしな・かつすけ)

かつお

本名、仁科勝介(にしな・かつすけ)。

1996年岡山県生まれ。

広島大学在学中の2018年3月から
2020年1月までの間に、
日本にある1741の市町村すべてを訪れる。

写真館勤務を経て2020年9月から独立。

旅の風景を収めた
『ふるさとの手帖
あなたの「ふるさと」のこと、
少しだけ知ってます。』(KADOKAWA)出版。
過去の自費出版作に
写真集『日本よはじめまして』がある。

前へ目次ページへ次へ

第2回 無理だと思っても、あきらめきれず。

――
ヒッチハイクで九州一周をしたときに、
次は日本の市町村を回りたいと
思うようなことがあったのでしょうか。
かつお
知らない方に車に乗せていただいて
知らない場所へ移動したのですが、
そのとき、
車の窓から見える
通過するだけの場所のことを
自分は何も知らないなと‥‥。
――
ああ。
かつお
井底の蛙だなと感じて、
九州一周の旅が終わりました。
――
そうでしたか。
かつお
大学1年生の終わり頃に
「もう一度なにかできないかな」と
考えるようになりました。
世界一周ももちろん考えましたし、
ワーキングホリデーであったりとか、
留学とか、
あれこれ考えてみたんですけれど
やっぱり、
「この日本を自分はまだまだ知らない」
ということがひっかかっていまして。

――
知りたかったんですね。
かつお
ふと思ったのが、
「市町村っていくつあるんだろう?」
ということで。
調べたら、1741もある。
これは、仮に365日で割っても、
一日に5つは回らなきゃいけない。
「あ、ぜったい無理だ」と思ったんです。
――
学生でいられる
時間も限られていますしね。
かつお
はい。
それでも、市町村という単位は、
自分の中で「日本を知る」ということに
しっくりくる答えだったんですね。
だから「無理だ」と思いつつも、
なかなかあきらめずにいまして。
学校を1年間休学して、
やってみようと思いました。
――
休学を決意してまで。
かつお
ひとまず「1000」という数字を
目標にしてはどうだろう、と考えました。
ひとまずは1000。
それでも一日に3つくらい
回らないといけないペースなんですけど。

――
大学生が長い旅に出る理由として
一般的には「自分探し」というようなことが
あると思うのですが、
かつおさんの場合もそれはありましたか。
かつお
まったくゼロというわけではないですが、
優先事項ではなかったです。
もしなにかが見つかるんだったら、
それはそれでよし
というふうには思っていました。
けれどいちばんの動機は、
「ちゃんと日本のことを見てみたい」
ということでした。
――
なるほど、見てみたい。
たしか、かつおさんのサイトの
どこかで読んだのを覚えています。
「市町村を巡るけど、ただ通り過ぎない」
かつお
はい。
やっぱり「通過」では、
その土地のことを
少なからず知ることは
できないんじゃないかなと思いまして。
それで、
自分はたまたま
写真を撮ることが好きだったので、
「ちゃんと写真を撮る」
ということをルールにすれば
いいんじゃないかなと考えました。

――
ただの通過としないために、
かつおさんは写真を撮っていったんですね。
かつお
はい。
――
かつおさんの旅がすごかったのは、
その写真と出来事を、
ウェブサイト
まとめていたことだと思うんです。
だってあれ、
旅をしながら更新していたわけですよね?
かつお
そうですね。
死にそうな感じで更新していました(笑)。
――
SNSだけなら、ずっとラクですよね。
「何々市に来ました」
ってツイートしながら日本全国‥‥
いや、それだけだってたいへんだ(笑)。
なのに、
写真と文章がていねいにアップされてる。
しかもサイトに訪れた人が
自分のふるさとを探しやすいように
ページが構成されています。
あのフォーマットを事前に用意してから
旅に出たわけですよね?
かつお
はい。
ウェブの知識はまったくなかったので、
まずは半年間くらい勉強をしました。
実際に作るのにも半年ぐらい。
――
出発前にそれだけかかっているんですね。

かつおさんが撮影された北海道・北広島市 かつおさんが撮影された北海道・北広島市

かつお
ぼく自身がやることはふたつあって、
「市町村をぜんぶ回りたい」
「写真も撮って回りたい」
ということです。
すべての市町村を
サイトでまとめることができれば、
「わたしが育ったまちは?」
と、逆引き辞典のように、
いろんな人が見てくれるんじゃないか
と考えましたし、
そこにすごく
ロマンがあるように思ったので。
――
すばらしい仕組みのサイトだと思います。
本にまとめて出版することは
イメージしていましたか?
かつお
最終的な夢として、
ずっと頭の中に描いていました。
一冊の本にぜんぶの市町村が
載っていることを思うと、
ワクワクしました。
けっこう最初の段階から
「それができたらすごいよな」
と思っていたのを覚えています。
――
叶いましたね。それが。
かつお
ありがたいです、ほんとに。
――
写真のこともうかがいたいのですが、
かつおさんは、写真部だったのですか?
かつお
高校、大学と写真部でした。

――
今は写真館でお仕事をされていますが、
学生時代には
どうやって技術を学んだのでしょう。
かつお
学生時代は独学です。
ですからこの旅で撮った写真は、
学生ならではの作品ではあるかなと
自分で感じています。
まだまだぼくは、
技術が足りていないなという感覚です。
――
そうですか。
技術のことはわかりませんが、
かつおさんの写真には、
ただの風景じゃないなにか、
なんでしょう‥‥
立ち止まらせるなにかがあると思いました。
旅のあいだは、
どんなふうに撮ろうと思われていましたか?
かつお
土地の雰囲気ができるだけ伝わるように、
という想いはありました。
この旅に関してはやっぱり、
できるだけではありますが、
その土地土地の人々の気持ちのようなものを
自分なりに感じたうえで
撮れたらなと思っていたので。
――
風景ではなく、
人を撮っている作品もありますよね。
人を撮るって難しくないですか? 
距離感とか。
かつお
自分はそれに関しても
成熟してるわけではないんです。
まず、たくさんお話をさせていただいて、
「よかったら、
写真を撮らせていただけないですか?」
という感じでお願いしていました。

――
そこで暮らす人々を感じながら、撮る。
なるほど‥‥
その情報量を感じたからでしょうか、
この本を通して、
なんだか1741冊分の本を読んだような
気持ちになっていたんです。
かつお
ありがとうございます。
――
ということは、旅のあいだ
孤独を味わう暇もなかったのでしょうね。
かつお
いやそれは、
もうひたすら孤独でした。
――
‥‥え?

(つづきます)

2020-09-12-SAT

前へ目次ページへ次へ
  • 9月18日から開催

    安心、清潔をこころがけて渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」でお待ちしています。