おとなの小論文教室。

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。
ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。
さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson1017
プレッシャーを楽にする

プレッシャーに負けて、いないだろうか。

たとえば、

「来週、全社員が見てる前で、
ここ一番のプレゼンテーションをやる」

「来月、人生をかけた“試験”がある」

というような時、
不安やプレッシャーをどう、
やわらげたらいいんだろう?

かつて、私は、逆のことばかりした。

寝食をおろそかにして、
人とのつきあいもその間は断って、
家族に電話もするなと言って、

「それ一色」になってしまっていた。

結果、自分で自分に、
よけいにプレッシャーをかけていたのだ。

うまくいっても、バタッ、と寝込むほど、
まわりから見て痛々しく。

うまくいかなかったら目もあてられない。
自分で自分を許せず、
「あぁー、うぅー」とのたうちまわっていた。

プレッシャーでよく体も壊した。
まず喉、声がかれたり出なくなったり。
つぎに目、さらに耳の聴力を落としたこともある。

そんな私が、近ごろ少しプレッシャーに強い。

体を壊すたびに、このままじゃいかんと、
プレッシャーに打ち克つ術を編み出してきた。

また、ここ数年、マンガ家の表現教育に携わり、
他の先生方が最新式「創作を支える生活」を
マンガ家に伝授するのを見て、感化され、
私もこの1年で新しい生活習慣を作ってきた。

そんな経験が積みあがってきたおかげだ。

ちょうどそんな折、
テレビのこんな台詞が耳に飛び込んできた。

「(お子さんを東大に合格させたいなら)、
何か1つでも家事をさせなさい。」

私は、そう! そう! そう! と、
あまりに共鳴してカミナリに打たれた気がした。

昔の私には逆立ちしても理解できなかった台詞。

これは、『ドラゴン桜』の、
「東大合格必勝法、家庭の10ヶ条」の1つ。

ドラゴン桜とは、2021年の東大生500人が選んだ
「コレは勉強になる!」と思う漫画の、
第2位に輝いたマンガだ。

つまり、ほんとうに合格した現役東大生に、
圧倒的に支持されている!

「何か1つでも家事をさせる」とは、

たとえば毎日、
帰宅したらすぐに風呂を洗わせる、とか、
朝ごはんの前に玄関を掃除させる、とか、
できることでいい、
受験生に家事をさせるということだ。

「家事と合格と、何の関係があるの?」

「家事させる時間がもったいない、
そのぶん勉強させたほうがいいんじゃない?」

と思ったそこのあなた、

イメージしてみよう。

自分が受験生だとして、家族が、

「家の手伝いなんかしなくていいよ」、
お母さんがやってあげる、
妹が、お父さんが、お兄ちゃんが‥‥、
おまえの用事は全て代わってやってあげるから、

「おまえは、ただ勉強さえしてくれればいい。
他にはなんにもしなくていい」

になってしまったらどうか?

生活がそれ一色になってしまって、
まわりにハレモノにさわるように扱われて、

それでもしうまくいかなかったら、
と考えると、プレッシャーは計り知れない。

家族やまわりが良かれと思って、
それだけをやれる環境にしてあげることは、
逆に、24時間それから逃れられない檻に
追い込んでいるようなものだ。

よく、受験に失敗した人を、
「受験なんてたいしたことない。
その後の人生から見れば、ちっぽけなもんさ」
となぐさめる人がいるけれど、

家の手伝いもさせない、
おじいちゃんの法事も免除、というくらい、
受験生をさんざん特別扱いしておいて、それで、
「ちっぽけなもんさ」は通じないだろう。

たいしたことない受験なのなら、
それを体現した受験生活を送らせてあげよう。

家事を何か1つすることで、受験生は、

「自分は決して特別な存在ではない。
これまでどおりの家族の一員だ」と思える。

生活における受験の占める割合
=「受験の占有率」も下がる。

気分転換にもなり、
家の役に立つのは気持ちがいい。

そうやって、家事をしたり、
家族と語らってごはんを食べたり、
運動をしたり、風呂に入ったり、
普段通りの生活をすることで、

生活が受験一色ではない、
生活の一環に受験がある、と思える。

結果、プレッシャーから楽になれる。

「それ一色にしない」

いま私が大事な仕事に臨む時、
こころがけているのはそこだ。

自分を特別扱いしない。

とくに家事。

火曜日は台所のガスレンジ台を磨く、
水曜日は洗面台をピカピカに、土曜日は風呂掃除‥‥、
私がウィークリールーティーンと呼んでる家事を、

昔は、ここ一番の時は、すっ飛ばしてたけど、

いまは極力、普段通りにやるようにしている。

先日も、ここ一番の仕事のあと、

「自分はもっとやれたんじゃないか‥‥」
「あそこはもっとこうできたのに‥‥」
と考えているうちに、どんどん不安になり、
プレッシャーがつのっていった。

その時、「きょうは洗面台を磨く日だった!」
と想い出し、疲れて、深夜なのに、やってみた。

すると、自己肯定感があがる。

もちろん、家事1つでバク上がりになんてならない。
あくまで家事1つ分、ほんのちょっとにすぎない。

でも、即座にあがる。確実にあがる。
習慣化してるから苦もなくできる。

そのほんのちょっとの自己肯定感が、
ほんのちょっとの心の余裕を生む。

心の余裕こそ、プレッシャーを楽にするものだ。

かつて私は、寝食など生活を犠牲にして、
それで仕事に忠誠を捧げているつもりでいた。

でも今は、

生きることを楽しむ一環に、
ここ一番の仕事がある。

そのスイッチチェンジをしてくれるのが、

「平常心をひきだす家事」。

平常心があれば大抵のことは大丈夫!
と私は思う。

※9月22日(水)は休載します。

ツイートするFacebookでシェアする


お申込みはこちらから
http://www.kinjo-gakuin.net/event/open/202107/
お問い合せ 金城学院大学 入試広報部
TEL:0120-33-1791  Mail:nyushi@kinjo-u.ac.jp


お申込みURL:https://forms.gle/CWB7PorRGe9BJkYx6 
お問い合せ先:北日本新聞就職情報センター(kinet) 
メールアドレス:kitanippon.kinet@gmail.com 
電話:076-445-3337(平日9:00〜17:00)「とやま就活」まで


【満員御礼!】この講座は満席になりました。
キャンセル待ちも締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

宣伝会議 表現力養成コース

編集・ライター養成講座20周年記念講座

山田ズーニー専門クラス
——–伝わる・揺さぶる!文章を書く

山田ズーニーです。
私は、これまで北は北海道から南は鹿児島まで、
大学・高校生から
ビジネスマン・プロのライターから作家まで
幅広い層に、数えきれないほど表現講座を開いてきました。
その原型が生まれたのが、
宣伝会議の編集・ライター養成講座でした。
現在も講師をつとめており、毎回、
受講者に次のような声をいただき手ごたえを感じています。

 

・自分の想いの根幹を探るという経験を
こんなにじっくりと時間をかけてやったことはなかった、
得難い経験でした。

・終了したとき、この講義の意図が
身体にしみわたるように理解できた。
コミュニケ―ションが苦手だったが、
非常に楽しく有意義に受講できた。

・自己開示が苦手だったが、一気に開くことができた。

・現実の出来事を多角的に見て、表現のヒントを探すことは
全ての実務に活かせると思います。

・自分の可能性を信じようと思えた。
自分はつまらない人間ではない。

今回20周年を記念して、ご担当者の、
「この先を行く特別な講座をひらきたい。
表現力をつけたい気持ちはあるものの、
そもそも自分に伝えたいことはあるのか、
と悩む人も多く、その人たちに、
自分を貫くテーマを発見したり、
相手の心に響くように伝えるコミュニケーション力を
つけたりできる場を提供したい。」
という志に共感しました。
2時間×12コマで、
文章表現の本格的な基礎づくりから始まって、
相手に伝わる表現、社会に説得力を持って書く、
さらに、自分にしか書けない主題を発見して書く!
までを責任を持ってサポートします。
ひとりでは気づけない自分の潜在力も、
多彩な仲間とともに引き出しあえるから開花します!
表現を通して他の受講者と心底通じ合える
「感動」の授業です。
心を揺さぶる文章を書きに、ぜひ、来てください。

あなたには書く力がある。

●詳細・お申し込み・お問い合わせは、すべて
こちらのページから
(株)宣伝会議 教育事業部 担当:小林Tel.03-3475-3030まで
*「ほぼ日」へのお問い合わせはしないでください。
*コラムの感想メールでお問い合わせはしないでください。

………………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.com までメールでお送りくださいね。
★仕事のご依頼はここに送らないでください。
山田ズーニーtwitter( @zoonieyamada )へお願いします。
または山田ズーニーの本を出している出版社に
連絡先をおたずねください。


表現して人とつながる勇気のレッスン!



『理解という名の愛がほしい。』
河出文庫

会社を辞めた私がツラかったのは、まわりが
平日の昼間うろうろしている
無職のおばさんと見ることだった。

それまで仕事をがんばって経験を積んできた
他ならぬ私をわかってほしい。

この発想・考え・想い・感性が、
かけがえなく必要とされたい。

理解という名の愛がほしい。

「理解されたいなら、自分を表現しなきゃだめだ。」

やっとそう気づいた私は、
インターネットの大海原で
人生はじめての表現へ漕ぎ出した。


山田ズーニーワークショップ満員御礼!

いったんウェイトリストを締め切ります。

2017年6月開講したワークショップ型実践講座
「伝わる・響く!言葉の表現力をつける」
にたくさんのお申込みをありがとうございました。

大好評で即日満席、
2期、3期、4期と増設するも追いつかず、
1年待ちのウェイトリストのみ受け付けておりましたが、
現在までに12期分のお申込みがあり、
2年待ち以上の方が出てくる見込みが強くなりました。

責任を持って対応するため、
ここでいったんウェイトリストを締め切ります。

言葉の表現力をつけたいと
申し込んでくださった方々の想いを大切に
受け入れを進めてまいります。

 

●この講座に対するすべてのお問い合わせはこちらへ。

お問い合わせ先 
毎日文化センター東京 TEL03-3213-4768

http://www.mainichi-ks.co.jp/m-culture/each.html?id=699

2018年以降、東京開催、詳細未定、1年待ち。

*「ほぼ日」へのお問い合わせはしないでください。
*コラムの感想メールでお問い合わせはしないでください。

 

ワークショップ型実践講座
「伝わる・響く!言葉の表現力をつける」

――3回で一生ものの書く力・話す力が育つ

書くことによって、人は考える。
自分の内面を言葉で深く正しく理解する。
そのことにより、納得のいく選択ができるようになり、
意志が芽生える。

さらに、

言いたいことを、相手に響くように伝えられるようになる。
インターネット時代に、広く社会に
説得力を持って自分の考えを発信できるようになる。

書く力=想い言葉で表現するチカラを鍛えれば、
自分を知り、自分を表現することができる。

自分の想う人生を、この現実に書いて創っていける。

あなたには表現力がある。

山田ズーニーワークショップ型実践講座、
2017年6月東京で開講しました!


「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、
上記アドレスに送らないでください。
山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)に
直接ご連絡いただくか、
山田ズーニーの本を出している出版社に
連絡先をお問い合わせのうえで、
ご依頼くださいますようおねがいします。


★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。



『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!


ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日~)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
無料で聴けます。
 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。


ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!



『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。



『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。



『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!



▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)


ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。



「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。



『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。


『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!


『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社


『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社


『おとなの小論文教室。』
河出書房新社


『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房</small



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)



関連コンテンツ

今日のおすすめコンテンツ

「ほぼ日刊イトイ新聞」をフォローする