「ほんとにだいじなカレー皿」は
土楽窯の福森道歩さんが、
ひとつひとつ手作りした陶器です。
手作りの陶器は、磁器や機械で量産された陶器とは
違う特徴を持っています。

ここでは「ほんとにだいじなカレー皿」を
長くお使いいただくために
ご注文の前にご理解いただきたいことや、
取り扱いやメンテナンスの方法について
お伝えいたします。

落としたり、ぶつけたりしないように
お取り扱いにはじゅうぶんご注意ください。

「ほんとにだいじなカレー皿」は
粘土から作られている、
一枚一枚が手づくりの「陶器」です。
ガラス質が多く含まれている量産型の陶器や
硬質な磁器に比べて、もろく欠けやすく、
デリケートな器だといえます。
一般的な陶器と同様、落としたり、ぶつけたりすると
欠けや割れを生じますので、
ていねいにお取り扱いくださいますよう
お願いいたします。

かたちや大きさ、焼き色に個体差があります。
また、使っていくうちに、味わいを増していきます。

一枚一枚、ろくろを回して手作りし、
焼き上げている「ほんとにだいじなカレー皿」は、
かたちや大きさ、焼き色などに
わずかですが、個体差があります。
高台と、「ほ+土」の手書きロゴの入っている
高台裏の一部分をのぞいて、
全体には釉薬(ゆうやく:焼成後にガラス質になる
「うわぐすり」のこと)がかかっており、
その表面は、焼成後、素地(粘土)との
収縮率の違いから、
こまかな「ひびわれ模様」が生じます。
これを「貫入」(かんにゅう)といい、
味わいのひとつとなっています。

陶土にはもともと鉄分が含まれており、
土の自然な味わいをだいじにする
土楽では、過度に鉄分を取り除くことはしていません。
そのため、焼成しているときに鉄分が溶け、
黒っぽく浮き出ているところがあります。
ひとつひとつ、違った表情であることを
お楽しみいただければと思います。
また、いずれも長くお使いいただくうちに、
次第に色合いが変化します。
特に淡い色の「灰釉」は色の濃淡が変わったり、
貫入のひびの線に沿って黒っぽくなるなど、
はっきり変化がわかります。
陶器の味わいとして、お楽しみください。



すこしですが、水分を吸収します。

釉薬のかかっていない部分と、貫入から、
ほんのすこしですが、水分が染み込みます。
この特徴は、長くお使いいただくうちに
色合いを変化させていき、
味わいをふかめていくというよさもありますが、
洗った後、しっかり乾燥しないうちに収納したり、
洗いおけにつけたままにしておくと、
吸収した水分が、においやカビの
原因になることもあります。
こちらも「お使いになるときに」
「洗いかた」「メンテナンス」の項目を
よくお読みいただけたらと思います。

ピンホール(小さなへこみ)があります。

釉薬がかかっているところに
1ミリほどの小さなへこみが見られます。
これは釉薬をかけたときに
生地についたほこりや
素焼き時に燃え残った有機物が
1200度という高温で本焼きされることで
穴となり、小さな凹みとなる
「ピンホール」という現象です
これも、手作りの陶器の味わいのひとつとして
お楽しみください。

食器洗い乾燥機と電子レンジはO.K.
直火での使用はお控えください。

食器洗い乾燥機に入れる際は、
他の器とぶつからないように
気をつけていただければだいじょうぶです。
電子レンジでもお使いいただけます。
ただ、ガスレンジなど直火でのご使用はお控えください。
器の温度が急激に変化し、
ひびや割れの原因になる可能性があります。

「欠け」や「ひび」が入っていないか
チェックしてください。

「ほんとにだいじなカレー皿」は、製造元である「土楽」と、
梱包を担当している「アドレス通商」の検品担当者とで
二重にチェックを行い、欠けやひびのないものを
お送りするようにしています。
とはいえ、陶器は「ワレモノ」のため、
運送中に、欠けやひびが入る可能性もあります。
お手元にとどきましたら、お使いになる前に、
欠けやひびがないか、よくご確認ください。

水またはぬるま湯で洗ってください。

欠けやひびがないことを確認したら、
水またはぬるま湯で洗った後、やわらかい布で拭いて、
風通しのよいところで、
器のウラ面を上にして乾燥させてください。

高台(こうだい)のざらつきが気になるときは

器を安定させる器のウラ側の台の部分である
「高台」(こうだい/糸底ともいう)は、
釉薬がかかっていない、素焼きになっています。
ざらつきが気になる方は、
サンドペーパーや別の食器の高台を合わせて、
円を描くように、やさしくすりあわせると
なめらかにすることができます。

使う直前に、水通しを。
毎回、10分ほど器を水につけてからどうぞ。

「ほんとにだいじなカレー皿」は
水分が染み込みやすいため、
煮汁やスープなど水分が多い料理を盛るときはとくに、
盛る前に器を10分ほど水につけておきます。
こうすることで器に水が浸透し、
料理を盛ったときに、
煮汁やスープが器に染みこむことを防ぎ、
カビの原因をつくりません。

直火でのご使用はお控えください。
また、オーブンをお使いの際は、
温度管理にお気をつけください。


できたての、あつあつの料理を盛るのは大丈夫ですが、
ガスレンジなどで直火にかけることは
ひびや割れの原因になりますのでお控えください。

オーブンでお使いになる際は、
急な温度変化を与えるとひびや割れの原因になるため、
冷たい具をあたためるようなことは
なさらないでください。
あつあつの料理を盛った後、
低めの温度のオーブンに入れ、
ゆっくり加熱してください。
また、取り出すときは
器がたいへん熱くなっておりますので、
やけどにご注意ください。

残った料理は早めに別の容器に移してください。

保存容器としてお使いになるのはおやめください。
また、残った料理をそのままにしておくと、
料理のにおいが器に移ってしまいますので、
早めに別の容器に移すようにしてください。

やさしくていねいに洗ってください。

油汚れがある場合は軽くふき取り、
中性洗剤とお湯を使って
やわらかい布やスポンジで、
ていねいに洗うのがおすすめです。
クレンザーや、硬い金属たわしで
力を入れてこすらないでください。
すすぎは、水またはぬるま湯で。

洗った後は完全に乾かしてください。

洗った後はやわらかい布で拭き、
器のウラ側の高台までしっかり乾くように、
ひっくりかえして、
風通しのよい場所でよく乾かしてください。
水分を持ったまま収納するとカビの原因になります。

長時間のつけ置き洗いは、おやめください。

洗いおけに長時間つけておくのはおやめください。
ほかの食器とぶつかって、ひびや欠けができたり、
においやカビの原因になります。

食器洗い乾燥機はお使いいただけます。

他の器や食器洗い乾燥機の部品と
ぶつからないように気をつけてくだされば、
まったく問題なくお使いいただけます。

まず、24時間、器を水につけて、
たっぷり水を含ませます。

その後、酸素系漂白剤を入れた水、
もしくはぬるま湯につけます。

汚れが落ちたのを確認して、
流水ですすぎ、乾燥させてください。

※水や酸素系漂白剤の量、水の温度、
 つけ置く時間などは
 酸素系漂白剤のパッケージに書かれている
 内容をよく確認して守ってください。

よく乾いたことを確認し、
通気性のよい場所に収納してください

湿ったままの状態で収納すると
カビの原因になります。
よく乾かしたあと、
通気性のよい場所に収納してください。
長期間しまっておく必要があるときは、
おとどけしたダンボールに、
新聞紙などにくるんでしまい、
湿気の多くない場所に置いてください。

他の食器をできるだけ重ねないでください。

材質の違う食器を重ねて収納すると、
出し入れの際に、
ぶつかって欠けたり、
ひびが入る原因になることがあります。
取り扱いには十分に注意してください。

2016-07-27-WED