おおらかなことば 〜宮本茂さんにきく。 2004年初夏〜

 

── 実際にディーエスをさわって
痛感したんですけど、
これ、ゲームファンじゃない人に
さわってほしいなあと思いますね。
こう、説明なく手渡して
「とりあえずやってみて」って。
宮本 そうそうそう。
だから、話が早いでしょ、これ?
さわるとすぐにわかるんですよ(笑)。
── いままで「異質なマシン」って
言われてたのが
さわってみてすごくよくわかります。
遊びが変わるっていうか、
いままでのことが役に立たないというか。
宮本 うん。ひとつ、
バカバカしい話をしましょうか。
たとえばこれ、通信で16人まで
ワイヤレスでつながるでしょ。
で、麻雀ゲームがあるとするじゃないですか。
すると、ひとりがカートリッジを持ってると、
ほかの3人はカートリッジがなくても
4人で対戦ができるわけなんです。
── 『4つの剣』(『ゼルダの伝説
神々のトライフォース&4つの剣』)
と同じように。
宮本 そうそう。アドバンスで培った技術は
ぜんぶディーエスに入ってますから。
そうするとね、4人集まれば卓が囲める。
16人で通信できるということは、
1台のスキーバスのなかで、
4卓囲めるんですよ(笑)。
── あははははははは。
トーナメントの麻雀大会ができる。
宮本 そうそう。そういうこともね、
いろいろ実験していきたいなと思って。
なんか、バカバカしくていいでしょう(笑)?
そういうふうに、ゲームファンだけじゃなく、
幅広い人に遊んでもらえるような
ネタがいろいろできてくるんですよね。
── なるほどなるほど。

宮本 いまは、ゲームをする人と
ゲームをしない人に、
世の中が分かれすぎている気がしてて。
だから、まあ、1回ね、
それをリセットしてみたいなと思ってますね。
もちろん、いままで
ゲームをしてくれてる人が
離れていくかもしれないので
危険なんですけどね。
けどまあ、任天堂はやっぱり、
それを一回、白紙に戻して、
5歳から95歳までが
ぜんぶ幅広く遊べるものを
もっと作っていこうと思ってます。
── なるほど。そのへんのコンセプトが、
あの、まだ仮称ですけれども、
マシンの名前に「ゲームボーイ」っていう
冠がついてない理由なんでしょうか。
宮本 あ、そうですね。仮称ですけど、
これに「ゲームボーイ」って
つけるべきやないのちゃうかって意見も多くて。
── とはいえ、ゲームボーイアドバンスのソフトも
遊べる仕様になってるんですよね。
ゲームファンとしては純粋にうれしいことですが。
宮本 そうですね。アドバンスのソフトも遊べるし、
従来のゲームらしい広がりでいうと、
カートリッジを挿すスロットがふたつありますから、
一方にアドバンスのカートリッジを挿して、
もう一方に特別なカートリッジを挿して、
ダブルカートリッジで
新しい遊びを提案するということもできそうです。
まあ、できるだけ一般の人には
シンプルな遊びを紹介できればと思いますけどね。
(続きます!)

 

このページへの感想などは、メールの表題に、
「秘密基地」と書いて、
postman@1101.comに送ってくださいね!

2004-07-05-MON