星野源さん、おめでとうございます!
第9回伊丹十三賞の贈呈式に
行ってまいりました。

こんにちは。です。
今年も、伊丹十三賞の贈呈式に
糸井重里以下数名の「ほぼ日」乗組員で参加しました。


わたしたち「ほぼ日」と伊丹十三賞のご縁は、
まずは第1回の受賞者が糸井重里であるということ。
それをきっかけのひとつとして
「ほぼ日の伊丹十三特集」
つくったことではじまりました。

その後もなにかと、宮本信子さん
宮本さんが館長を務めていらっしゃる伊丹十三記念館さん
お付き合いさせていただいていることなどがあり、
この賞の贈呈式のたびに、毎回、ちいさなお手伝いをしつつ、
参加させていただいているのでした。

そして今回、第9回の受賞者は、
最近のテレビや音楽、執筆で、
ご活躍ぶりは語るまでもない、星野源さんです。



「ほぼ日」が星野源さんにお世話になるのも
じつはけっこう長いのです。
たとえば、はじめてご本人にご登場いただいたのは、
「MOTHER3」のときでした。
そして「タムくん」などがあり。
さらに、当時話題騒然となった、「ほぼ日ハラマキ」の
「はらよわ男の座談会(ジュエリー仕様)」という‥‥、
たぶんタイトルだけ聞いても意味がわからないと思うので
ぜひページをご覧いただきたい読みもの、のときでした。

しかし、星野源さんのお名前が
初めて「ほぼ日」紙面に出たのは、
おそらく2005年の「タイガー&ドラゴン」の
イラスト
のなか、ではないかなと思います。
‥‥懐かしいですね。

そしていちばん最近では、「ほぼ日」でつくった
三國万里子さんの本『うれしいセーター』


写真:久家靖秀

かほどに長く、
星野さんにはお世話になっているのですから、
贈呈式の日を迎えるのを
わたしたちもとても楽しみにしていました。

前置きが長くなりましたが、
そのようすをご報告いたします。

今年も、ある春の宵。
気持ちのいい日本庭園を眺める場所で、
伊丹十三賞贈呈式が行われました。


▲左から、選考委員の周防正行さん、宮本信子伊丹十三記念館館長、
 星野源さんをはさんで、南伸坊さん、中村好文さん
 (この日もう一人の選考委員、平松洋子さんはご欠席でした)。

まずは
選考委員南伸坊さんによる、授賞理由のスピーチです
(一部抜粋です)。



-----
星野源さん、伊丹十三賞受賞おめでとうございます。
そして、ありがとうございます。
受賞してくださって、贈呈式にも出席してくださって。
私たちは伊丹十三さんが大好きで、
それは、伊丹さんのつくるものが
いつも新しくて、おもしろくて、
楽しませてくださったからなのですが、
その伊丹さんの仕事をいつまでも忘れてほしくないし、
楽しんでほしい、そして伊丹さんのことを
ずっとみなさんに覚えていてほしい、という気持ちで、
この賞はスタートしたのでした。

星野さんは、伊丹さんの『タンポポ』を大好きです、
と著書でふれられています。
「伊丹さんのエンターテインメントな作品が大好きです。
でもその内側には異常なこだわりと、
プラクティカルな心が
メラメラと燃えている感じがします。
カッコいいです。』
と書かれています。うれしいです。

さらにうれしいことには同じ本で
ハナ肇とクレイジーキャッツについて、
ふれておられます。

「クレイジーキャッツの曲や映画をもとにした
『オヨビでない奴!』という、
植木等さんもでていたドラマを、小学生の時、
ビデオにとって何度も何度も見ていました。
それがきっかけで中学生の時
クレイジーキャッツのCDを買い、それからどっぷり
そのドラマも、映画も、曲も、自分にとってアイドルです」

とあります。わたしと一緒です。
わたしも中学生の時、植木等さんに
めちゃくちゃ影響を受けました。
遠足のときバスの中で、まわってきたマイクで
「スーダラ節」と「無責任一代男」を歌って
大受けしたんですが、
一段落したところでバスガイドさんがマイクで、
『無責任は、いけませんね』と一言入れたのに、
猛烈に腹がたちました。なにもわかってない。
中学生が受け取っていたのは、植木さんの楽しさでした。
中学生が持っている真面目さや正義感と、
その楽しさはまったく矛盾していない。
そのことが一番、だいじな事なのに。

なぜ伊丹十三賞なのにこんなに植木さんのことばっかり
長々話したのかというと、
わたしはあまりにも植木さんが好きなので、
プロアマを問わず、
だれかが「スーダラ節」を歌っているのを聞くと、
必ず不平を言っていました。
「スーダラ節」は植木さんが歌わなくちゃあ
「スーダラ節」じゃないんだ、
とまで思っていました。
わたしは実は音楽については
まったく無教養なので、わたしが星野さんの音楽について
どのようなことを述べようとまったく無意味なのですが、
星野さんが「スーダラ節」を歌っている、というのを聞いて、
Youtubeで探してみました。驚きました。
あの「スーダラ節」を、星野さんはしんみり、歌っていました。

わたしは、この人はわかっているなあ、と思いました。
植木さんが、この曲を渡されたときに、
どれだけ悩んで、工夫をしたか。
それをわかっている、と思いました。

その後、星野源さんがタモリさんと
「スーダラ節」をコラボした、という噂を聞いて、
これもぜひ聞いてみたいと思って、やっとたどり着いて、
びっくりしました。すごく楽しい。

「タモリを引き込んだ星野源が偉い」と思いました。

楽しい贈りものをくれる人を、わたしは尊敬します。
芸術とは、たのしい記号である、と言ったのは、
哲学者の鶴見俊輔さんです。
伊丹さんのエンターテインメントな作品が大好きです、
と言ったのは、星野源さんです。

星野さんのおっしゃりたかったのは、
私の気持ちと一緒でしょう。
新刊の『いのちの車窓から』、すばらしいです。
星野源さん、おめでとう。おめでとうございます。
それから、ありがとうございます。
楽しい贈りものをくれる人に、
わたしは感謝します。楽しいから。
-----


そして、賞状の贈呈(周防さん)



副賞の贈呈(宮本信子館長)と続き、



星野源さんの、受賞の言葉がありました。
12分以上と長いスピーチですが、
ほぼすべてを掲載します。



-----
いまお水を持ってきていただいておりますので、
少々お待ちください。(会場 笑)
喉がからからでございます。

(お水を飲んで)
こんなにたくさんの方がいらしているとは
思いもしませんでした。
ほんとうにいま、お話を聞いていても、ものすごく、
心臓から、胸の内から感動させていただいておりますが、
すばらしい賞をいただきまして
ほんとうにありがとうございます。

僕が小さい頃からテレビで、
伊丹さんの映画がよく流れていました。
僕の一番ちっさいときの記憶としてはですね、
なぜか、たしか「オレたちひょうきん族」か、
「やまだかつてないテレビ」か
どっちかだったと思うんですが、
サックスプレイヤーのマルタさんが、
「マルサの女」のテーマ曲を吹いて、
「マルタの女」、っていうギャグをやってて、
何てくだらないんだろうと思ったのが、
さいしょの、伊丹さん関連の記憶です。

なぜかそれをことあるごとに思い出して、
「あれ、くだらなかったな」、と。
で、そのたびに「マルサの女」のテーマ曲が
頭のなかで流れて、
あ、また伊丹さんの映画みたいな、
とよく思っていました。

ちいさい頃にテレビで流れていたのは、
たしか「マルサの女」や「ミンボーの女」で、
よく見ていたんですが、あらためてもう一回、
全部見直してみたいなと思って、
ちょうどDVDボックスが出た時、
20代の半ばくらいだったのですが、見て、
その時がおとなになってからといいますか、
しっかりふれた伊丹さんの映画体験でした。

『タンポポ』を見て、なんておもしろいんだ、
こんなにおもしろいんだ、と痛感して、
そこから一気に伊丹さんブームが自分の中で訪れ、
エッセイを読んだり、映画を全部見たりしました。

そのちょっと後に、『伊丹十三の本』という本が出て、
それを読んだり、『13の顔を持つ男』というDVDを
買ってみたりしておりました。

で、こんなにすごい人なんだと。
てっきり、映画監督だけだと思っていたのですが、
ほんとうにいろんな活動をされていることを知って、
すごくおもしろいなと思ったし、
かっこいいなと思いました。



自分は中学1年生の頃から演劇と音楽をはじめて、
高校3年生の時から、文章を書ける人間になりたい、
と思い、それぞれ勝手に活動をはじめました。
音楽と演技は学校の中ではじめて、
それがだんだんと仕事になり、
そして文章はおとなになってから、
それも、だんだん仕事になりました。

その中で、芝居の現場に行くと
「音楽の人でしょ?」といわれて、
“うんうん、まちがってない”。
そして音楽の現場に行くと、
「芝居の人でしょ?」ていわれて‥‥。

どの現場に行っても、あぶれてしまう感覚というか、
自分の居場所がないなーというふうに
ずっと思っていました。
それに加えて文章まではじめてしまったので、
「ひとつに絞らないの?」とか、
「何が一番やりたいの?」と言っていただいたんですが、
個人的には、ちいさい頃から
それこそ植木等さんやいろんな人の活動を見ていて、
僕が憧れている人があんなにいろんことを
やっているのに、なぜこんなにみんな、
ひとつに絞った方がいいって言うんだろう。

もちろん、二足のわらじを、
適当にやってたんではダメだと思うんですが、
どの仕事もほんとうに大好きで、
もうこれしかできないなと思っていたら
段々と仕事になっていった、そういう感覚がありまして、
なんだかすごく寂しい思いをしていました。

どこかのグループに属することに
憧れてはいたんですけど、
だいたいいつもちょっとはみ出してしまうという。

で、そんななか、
伊丹さんのいろんな顔を知ることによって、
ほんとうに好きなら、おもしろいと思ったことなら
なにをやってもいいんだ、と思うようになりました。

受賞の時のコメントでも書きましたけれども、
ほんとに憧れのような、遠くに、
ずうっと灯台のように伊丹さんが、
明かりを照らしてくださっているんですけど、
どうやってもそこにはいけないようにできていて、
大きな海が、僕の島と伊丹さんの島には流れていて。

それを追いかけようとした時期もあったのですけど、
だんだんと、伊丹さんの活動を見ていて、
そうじゃなくて、自分の場所を作れと、
きみはきみの場所を作れ、
そう言われているような感覚がありました。

そして20代後半から、どこかに属する、というよりも、
とにかく好きなことをやろうと、やりたい、
一人前になりたい、そういう気持ちで
どの仕事もやっていたら、
こんなすばらしい賞をいただくことができました。

伊丹さんに、それがきみの場所だよ、
って言われているような気がして、
すごくうれしかったです。

僕は物心がつくころから、
伊丹さんが生でしゃべっているのは、
テレビでもあまり見た記憶がなくて、
おとなになってから、いろんなドキュメンタリーや
番組などでしゃべっているのを拝見したり、
エッセイを読んだり、することしか、
どんな人か知ることができなかったんですけど、
伊丹さんは、すごく自由な人だな、という印象です。

自分の好きなことと、おもしろいと思うことを
ほんとうに素直に追い求めて、つきつめて、
それをみんなに紹介したり実践したりすることによって
周りの人がすごく楽しくなったり、
日本という場所が、見ている人たちが、
みんなが心躍らされたり、楽しいなあと思ったり、
気持ちがちょっと変わったりする。
それってすごいことだなと思います。

そして、怒りや、憤りや、悲しみからも
自由だったと思います。
きっといろんなことがあったんだと思います。
なのに、その怒りさえも、おもしろいことに変えて、
みんなに見せて、
みんなが気分が悪くなるようなことではなくて、
すごくおもしろかったという思いで劇場をでたり、
テレビのスイッチを切ったりする。

そんな表現をする人は、
とてもとてもかっこいいと思います。
ぼくは、そういう人にいつかなりたいなと思います。
それこそ、先ほどの植木等さんのお話もそうですけれど、
ほんとうにまじめな人で、「スーダラ節」を歌うのが
本当は嫌だったというお話を聞きました。
でもあの歌詞は人間の真理だから、
堂々と歌っていいんだよとお父さんに言われて、
歌うのを決意したそうです。

そういうところも含め、自分はほんとうは
すごく明るい人間ではないけれど、
楽しいものとか、おもしろいものを届けてもいいんだと
思わされたというか、思っていいんだという風にしてくれた、
すばらしい人です。
伊丹さんにも、植木さんにも、
僕は直接お会い出来なかったんですけれども、
そういう自分が受け取ったものというのは、
絶対に何らかの形でつながっていくと思っています。
人は死んでも、それをみんなが話したり、
繋いでいったり、自分の栄養にして何か話したり
表現することによって、
遺伝子はつながっていく。そういう遺伝子を、
僕も伊丹さんからもらっているので、
何か自分の表現という形で、
ちゃんと自分のフィルターを通したかたちで、
その遺伝子をつなげていけたらと思っております。

そして、『タンポポ』のドキュメンタリー
(『伊丹十三の「タンポポ」撮影日記』)を見ていて
今日初めて玉置さん(現ITM伊丹記念財団理事長・
伊丹プロダクション社長の玉置泰さん)にお会いして、
『タンポポ』のドキュメンタリーで
玉置さんがお話されているのを見ていたのですが、
そのときはメガネをかけていて。
僕は最初、お会いしたときにどなたかわからなくて、
玉置ですと名刺をいただいて、あ、あの! 
あの時メガネかけてましたよね? と。
『タンポポ』で、ホームレスの方が歌を歌うシーンで、
そのシーンの、たぶんリハーサルだとおもうんですけど、
リハーサルやってるのに、メーキングのカメラの前で
ものすごい大きな声で話をされている玉置さんが
すごく印象に残っていたんです。すごくおもしろくて。

そしてさきほど宮本さんに、今度デート行きましょうね、
といっていただいて。
なんというか、違う大陸だと思っていたんですけれど、
僕と伊丹さんと、ほんとうに違う場所だと
思っていたんですけれど、
こういう場所へ来させていただいて、
お話をさせていただいて、
あ、玉置さんてほんとうにいるんだな、とか、
宮本さんとか、直接お話させていただいて、
大陸は海の中でつながっていたな、
というふうに、すごく、思います。

長々と、すみませんでした。
嬉しすぎて、今日はあまり眠れないと思います。
このたびはほんとうに、受賞、
ほんとうにうれしいです。
ありがとうございました。
-----



途中、「長くなってすみませんが」など、
気を遣いながら一生懸命お話される星野さんを見て、
受賞すること、憧れていた好きな人や
その人の住む世界から認められるというのは、
ほんとうに、嬉しいことなのだなと、感じました。



その後はいつものとおり、
あたたかい受賞パーティーがありました。

糸井重里も星野さんにお祝いを伝えて。



気持ちのいい時間を、過ごしました。


あらためまして、「ほぼ日」からも。
星野源さん、伊丹十三賞受賞おめでとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


※写真は「うれしいセーター」以外、池田晶紀(株式会社ゆかい)

2017-04-21-FRI
いままでのニュース
2010年までのニュース
2012年のニュース
2012-01-01 明日から始まる箱根駅伝。
チーム全員が「ほぼ日手帳WEEKS」を使っている
青山学院大学にご声援を!
2012-01-18 (べつに輝く必要はなくても)
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2011!
すいませんが、発表させてください。
2012-01-25 BRUTUS編集部が
「糸井重里が帯文を書いた本」を
さがしています!
2012-02-02 一陽来復、金銀融通?
節分直前、お守りゲットに 
穴八幡に行ってきました!
2012-02-07 【再録】
BRUTUS編集部が
「糸井重里が帯文を書いた本」を
さがしています!
2012-03-09 石川直樹さんが撮りたかった
「3万2千年前の壁画」の映画を見てきました!
2012-03-13 鬼の進行よりみなさまに。
春の「ほぼ日」の読み物などの進捗を
ご報告いたします。
2012-04-16 「お直しとか」の横尾香央留さんが
個展を開催中です。
青山で「お直しとか」ツアーをどうぞ。
2012-04-17 『夜は、待っている。』と
『ボールのようなことば。』
この春、発売する2冊の本の
原画展が来月からはじまります。
2012-04-25 第4回伊丹十三賞は森本千絵さん!
その贈呈式・祝賀パーティへお祝いに
うかがいました。
2012-05-10 赤坂英一さんの新刊、
『2番打者論』が出ました!
そして、発売を記念して特別にコラムを
書き下ろしていただきましたよー。
2012-05-12 『夜は、待っている。』と
『ボールのようなことば。』
この春発売する2冊の本の原画展が
5/14(月)から始まります。
2012-05-26 『ボールのようなことば。』増刷決定!
そして『小さいことばの原画展。』
― 酒井駒子、松本大洋、そして糸井重里。
これから、全国のあちこちを小さく回ります。
2012-06-02 ウィラブホヤぼーや。
2012-06-08 「ABC×ほぼ日 presents
菅原一剛の写真ワークショップ
『写真がもっと好きになる。』写真を観る編。」を
6月17日(日)青山ブックセンター本店で開催します。
2012-06-09 『小さいことばの原画展。』
―酒井駒子、松本大洋、そして糸井重里。
第2弾は、6月10日より帯広でスタートです。
2012-06-29 贈り物に選ばれた『夜は、待っている。』
一冊の本がご縁となったうれしいお話と、
今日からはじまる原画展のおしらせです。
2012-07-06 明日、7月7日より水戸芸術館にて
「水戸岡鋭治の鉄道デザイン展」が開幕。
15時よりトークショーを生配信いたします。
2012-07-07 仙台のみなさん、お待たせいたしました。
『小さいことばの原画展。』
きょうから、はじまります!
2012-07-23 『小さいことばの原画展。』
ただいま、和歌山でごらんいただけます。
9月25日からは福岡でも開催します!
2012-07-25 『糸井重里が出演するTV番組、
旅のチカラ 「シアワセの編み方を探して」が、
7月26日(木)午後9時から
NHK BSプレミアムで放送されます。
2012-08-06 「自分の住む町で見られてうれしいです。」
酒井駒子さんと、松本大洋さんの原画展
全国あちこち巡回して、今日から熊本です!
2012-08-10 明日8月11日(土)から
『スケッチトラベル』日本語版、発売。
石川直樹さんのイベントも始まります。
2012-08-12 タナカカツキさんが考えた、
『コップのフチ子』が
なんだかすごくかわいいのです。
2012-08-15 東京ドームの巨人戦。
レジェンドユニホームシリーズで、
糸井重里があの名選手たちと
野球の話をします。
2012-08-15 糸井重里の「おらがジャム」
大福にも、入れてみる?
2012-08-31 「ほぼ日」でご好評いただいた
建築家・光嶋裕介さんの連載、
「みんなの家。」が本になりました!
2012-08-15 鬼の進行よりみなさまに。
秋の「ほぼ日」の読み物などの
進捗をご報告いたします。
2012-08-25 今日から気仙沼ではじまります!
東京、帯広、八戸、仙台、和歌山、熊本… と、
全国あちこちを絵が旅している
『小さいことばの原画展。』
2012-08-31 みんな知らないかもしれないけど
ちょっと縁のある「劇団HOBO」の
新作公演がはじまります!
演劇好き、ペーソス好きで、
小劇場に行くのをいとわない、
というみなさま、ぜひ足をはこんでくださーい
2012-09-14 「まだまだ成長できるんじゃないかな
 という思いが衰えなかった。」
「野球の人」、田口壮さんの、
引退&再出発の会見をお届けいたします。
2012-09-18 那覇まで 偉人の三線を買いに。
「闘うな、つくり出せ」
2012-09-26 ただいま、福岡で開催中の
「小さいことばの原画展。」
酒井駒子さんと松本大洋さんの原画を
お茶を飲みながら、ゆっくりどうぞ。
2012-09-29 乗組員・シェフが、カメラマンデビュー??
ムーンライダーズ写真展。
2012-11-07 「炙り」ブーム到来か?
「くらしのこよみのお店」、 本日オープンです。
2012-11-09 もくもくもくもくぅ〜〜!
あるひとの誕生日にかこつけて、
たくさんさんまを焼きました。
2012-11-19 福島のみなさん、お待たせしました!
「小さいことばの原画展。」開催します。
12月1日はトークイベントもありますよ。
2012-11-26 糸井重里がコピーライターの殿堂入り!
「今日いただいた賞は、
『ふつうの人』というあかしです。」
2012-12-14 東京糸井重里事務所は
ポーター賞を受賞しました。
2012-12-20 横尾香央留さん、トークイベントのご案内。
2011年のニュース
2013-01-14 輝かなくていいんだけど、
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2012!
今年も、押しつけるように発表!
2013-02-08 ほぼ日のアルバイト、じゅんぺいが語る
「新・まんじゅう怖い」事件!
(たいへんマヌケなお話です)
2013-02-18 シェフがホントのシェフに?! 
3月に伊勢丹新宿店キッチンステージで
「調味料マニア」共同イベントを開催します!
2013-03-08 日本のみなさん、こんにちは!
世界のオートマタを山口県で展示します。
2013-03-24 「あの日起こったこと」を
11人の漫画家が語り継ぐ『ストーリー311』。
発起人・ひうらさとるさんにインタビュー。
2013-03-25 お化粧、する派? しない派?
あの問題が、再浮上しました。(前編)
2013-03-26 お化粧、する派? しない派?
あの問題が、再浮上しました。(後編)
2013-04-01 あの、おいしいアレが再現できる?
カップヌードルミュージアムに行ってきた!
2013-04-15 けなげな子のおはなし、
『すみれファンファーレ』に感動しました。
2013-04-16 三陸鉄道「てをつな号」
ラストランに乗りに行って来ました!
2013-04-20 雑誌のようにインターネットの記事を読めるアプリ
「Flipboard」で、ほぼ日の読み物をどうぞ。
2013-04-26 「ランコントレ・ミグノン」に、
商品の売上の一部を寄付しましたので
お知らせいたします。
2013-05-13 シルク・ドゥ・ソレイユ
『イモータル』に行ってきました!
2013-05-16 二葉葵展に行ってきます!
(5/18〜19、京都からテキスト中継します。)
2013-05-29 「NHK放送技術研究所」で
「ものすごいテレビ」を見た!
2013-05-31 6月2日、16時15分。
NHK総合「ラジオ」という
テレビドラマをUstreamでの
解説つきで一緒にみませんか?
2013-06-24 なかしましほさん監修の
おやつとごはんが食べられる!
「くらすこと」。
2013-07-13 じぇじぇじぇ!
糸井重里が「あまちゃん」に出るよ。
2013-07-19 司会者役で糸井重里が
「あまちゃん」に出演!
2013-08-21 参加者募集! 銀座のアコメヤさんで、
土楽の道歩さんの手料理イベント開催。
2013-08-27 フランスに、「ほぼ日」に似た会社が!? 
活躍するのは、日本人イラストレーター!
2013-08-28 気仙沼ニッティングの「MM01」
第3回抽選販売をスタートします
2013-08-31 気仙沼さんま寄席、
「前夜のおたのしみ独演会」の魅力を
もっと伝えさせてください!
2013-09-02 気仙沼から「まいまい京都ツアー」に
参加しにいきました。
2013-09-03 探検家の関野吉晴さんが
日本人の来たルートをたどった
「新グレートジャーニー」の DVDが出ました。
2013-10-02 全体的にまぼろしチックな体験。
田附勝「朽ちてゆく写真展」を見てきた。
(すでに少し朽ちてた)‥‥前編
2013-10-03 全体的にまぼろしチックな体験。
田附勝「朽ちてゆく写真展」を見てきた。
(すでに少し朽ちてた)‥‥後編
2013-10-04 本物の新聞の中での連載
「ほぼ月刊イトイ新聞」。
スタートから1年経ちました!
2013-11-11 なかしましほさん情報もりだくさん!
『みんなのおやつ』入荷、
『四十九日のレシピ』などなど。
2013-11-12 石田ゆり子さんと田口壮さんが、
気仙沼ニッティングにご協力くださいました。
新作「エチュード」の展示販売会は11/30!
2013-11-15 とらや×ねこ 『甘いねこ展』開催中!
2013-11-25 水沢ダウントークイベント、キラキラ、
ブラジャーワークショップ、くまお中継。
この週末いろいろありました。
2013-11-25 "終わりのない歌を、歌っていた。
ROGUE奥野敦士さんの 復活ライブが、
本当にかっこよかった。
2013-11-26 鬼の進行よりみなさまに。
冬のほぼ日は燃えているぜ(たぶん)。
ということをご報告いたします。
2013-12-19 高専ロボコンの
全国大会を観てきました。
12/21(土)16時、NHK総合で放送!
2013-12-27 ワタリウム美術館で
齋藤陽道さんの写真展「宝箱」が
開催されていますよ。
2013-12-28 12月22日の日曜日に開催された
「くまおとクリスマス・イヴ・イヴ・イヴ会」は、
ゆるゆるとした、たのしい会になりました。
2014年のニュース
2014-01-28 輝かなくていいんだけど、
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2013
寛大におつき合いしてくれたまえ。
2014-02-21 2月26日(水)より、
「Café&Meal MUJI 渋谷西武店」で
「カレーの恩返し」入り
特製バターチキンが食べられます!
2014-02-25 気仙沼ニッティングの「エチュード」、
28日にネット上で限定販売スタート!
ショートムービーも完成しました。
2014-03-11 震災後の東北の海に潜り続ける
水中写真家・鍵井靖章さんの写真展が、
3/20まで東京ミッドタウンで開催中です。
2014-03-29 ほぼ日あみもの友の会の
みなさんの成果を!
2014-03-31 いったいどんな空間になるんだろう‥‥。
川上未映子×マームとジプシー
「まえのひ」の全国ツアーが
4月より本格的にスタートします。
2014-04-08 「ほぼ日」の死と生の展覧会
「かないくん展」ただいま準備中!
4月10日は、下北沢でトークイベント。
ぜひ、遊びにいらしてくださいね。
2014-04-09 文房具のよさを、手書きでお届け中。
4月8日から20日まで、東急ハンズ銀座店で
「手で書く文房具通信 POP UP STORE」を
開催しています!
2014-04-29 日本科学未来館の
「THE世界一展」にいってきました。
2014-04-29 まだまだ、焼かれる
シフォンケーキ!
2014-05-27 奈良「くるみの木」30周年の展示に
「ほぼ日」も参加しますー!
2014-05-30 「きまぐれラジお」
春の(貼るの?)ステッカー祭り。
ステッカーの行方と次回と。
2014-07-10 気仙沼ニッティングの「エチュード」に、
新色「生成り」登場! 11日にネット上で
限定販売を開始します。
2014-07-15 渋谷・LOFT &で『にっぽんの梅干し展』
+海苔、お茶、器!
2014-07-30 山下哲が福田利之さんと絵本を出します!
原画展やトークイベントも。
2014-08-22 気仙沼ニッティングの「MM01」、
本日22日から抽選販売の受付を開始!
「MM01」の編み手さんも増えました。
2014-09-19 「きのこの話」の新井文彦さんの
美しい写真を堪能。
書籍『毒きのこ』本日発売。
2014-10-02 「マーガレット展」に行ってきたよ!
2014-10-13 スソアキコさんの帽子展
「ニュー山高帽」が10/14から、青山で。
2014-10-17 今年もあります「市場で朝めし。」
気仙沼のほぼ日は観光案内所に!
2014-11-07 三國万里子さんの新刊、
『アラン、ロンドン、フェアアイル
 編みもの修学旅行』が完成しました!
たとえば、ガーンジー島という場所は‥‥
2014-12-09 「サンクゼール」「久世福商店」の一部店舗にて、
ジャムやしょうがシロップ、にほん茶、
ハラマキなどを販売します。
2014-12-24 「ティム・バートンの世界」展に行ってきました!
1月4日(日)までやってます。
2014-12-25 ミシェル・ゴンドリーに会ってきた。
〈前編〉ゴンドリーを知ってるかい?
2014-12-26 ミシェル・ゴンドリーに会ってきた。
〈後編〉はたしてゴンドリー監督は、
歯をむいたくまを受け取ってくれるか?
2014-12-28 「ほぼ日」の社員名簿で
劇団セルフタイマー活動!してみましたよ。
2015年のニュース
2015-01-14 輝かなくていいんだけど、
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2014
自分たちの写真を自分たちで振り返る。#1
2015-01-15 輝かなくていいんだけど、
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2014
自分たちの写真を自分たちで振り返る。#2
2015-01-16 輝かなくていいんだけど、
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2014
自分たちの写真を自分たちで振り返る。#3
2015-03-09 いまさらだけどレポートします!
抱負を燃やしてきたよ!
2015-04-25 なんだかすごーく、気持ちがいいぞ。
アルプス空中散歩ドキュメンタリー
2015-05-12 京都動物愛護センターに
行ってきました。
2015-06-04 「ほぼ日のくびまき」
オーガニック・コットンシリーズの
機場に行ってきました。
2015-06-08 高円寺の「すごろくや」さんと
ボードゲームとカードゲームをして
遊んでみました!
2015-06-15 カロリーメイツ台湾の旅2015をふりかえる。
これさえあれば、メイツ旅ができます。
2015-07-28 『知ろうとすること。』の
英語版ができました。
いますぐ、Kindleで読むことができます。
2015-08-20 いぬねこのなかまの浅田美代子さん
2015-10-23 冬は台湾へ!
「ほぼ日カロリーメイツ X JALパック台湾」
好評につき再販売!
2015-11-08 東京カリ〜番長・水野仁輔さんが
気仙沼で作ったフィッシュカレー、
レシピをどうぞ!
2015-11-20 かっこよくてグッとくる。
漁師カレンダー2016 !
2015-12-05 カロリーメイツ、
シンガポールの旅を振り返る!
2015-12-06 行ってきました、はじめてのラグビー観戦!
トップリーグ開幕戦@秩父宮ラグビー場!
2015-12-17 コストコの川崎倉庫店で
「カレーの恩返し」の販売がはじまりました!
2015-12-18 CHANEL銀座で石川直樹さんのK2展。
上田義彦さんのGallery916では
「写真と泊まれる」イベントを開催!
2016-01-15 東京糸井重里事務所は
新しいオフィスに引っ越しました、
というご報告です。
2016-02-06 輝かなくていいんだけど、
輝け!
ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2015
2016-03-09 「夜回り猫展」へ行ってきました。
2016-03-17 あの写真の、2年半後。
田附勝「みえないところに私をしまう」は
この3連休で終了です。
2016-04-19 堤大介さんのトンコハウス、上田義彦さん、
謎の爺・望月計男さん。
春のおすすめ展覧会を3つ。
2016-04-30 災害に備えて。
落ち着いて考えられるときにこそ、
知っておいてほしいコンテンツ。
2016-06-09 ロックバランシングはたーのしいぞー!
2016-08-20 ウワサとは、どのように生まれ、
どのように広まっていくのか?
〜乗組員菊地の日焼けサロン問題をモデルケースに〜
(前編)
2016-08-21 ウワサとは、どのように生まれ、
どのように広まっていくのか?
〜乗組員菊地の日焼けサロン問題をモデルケースに〜
(後編)
2016-09-15 フェザード・シジュちゃん
テルミンを弾く(前編)
2016-09-20 宇多田ヒカルさんが
約6年振りに出演する歌番組に
糸井重里が登場しますよー。
2016-10-17 井の頭自然文化園にいた
ゾウのはな子と「いっしょに写った写真」を
さがしています。
2016-10-26 フェザード・シジュちゃん
テルミンを弾く(後編)
2016-12-30 「ほぼ日のティーテーブル」
天童木工さんのショールームに
「あの」卓球台を見に行ってきました!
2017-02-02 人間をいったんやめてみる時間? 
藤田一照さんに教わって、
みんなで坐禅を組んでみました。
2017-03-03 輝かなくていいんだけど、 輝いてもいいかもよ?
ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2016!
いまごろ報告する自由な社風。
2017-03-18 株式会社ほぼ日、上場。
東京証券取引所のセレモニーで
「鐘」を鳴らしてきましたよー。