もくじ

第1回 ひとつのモチーフは、死。

──
今回は「原作もの」ですが
監督には、ご自身でお話を書かれた作品が
たくさんありますよね。
是枝
ええ。
──
そこでひとつ、おうかがいしたいのですが、
人はなぜ、物語を書くのでしょうか?
是枝
物語を?
──
はい。言い換えると
「人はなぜ物語を必要とするか」というか。
是枝
ああ‥‥映画とか小説って
人間が生きていくには余分なものだって
よく言われたりするけどね。
写真
──
ええ、謙遜しているのか、
作り手の側が、そうおっしゃるケースも
あったりしますよね。
是枝
でも、そういう、一見、
生命活動には必要なさそうなものにこそ、
動物とはちがう、
人間が人間である証しがあるんじゃない?
──
なるほど。
是枝
歴史的に見るとさ、映画もそうだけど、
かつて「物語」というのは
「権力者のもの」だったわけですよね。
──
ええ、プロパガンダのためとか、
中国の王朝が
前王朝の文物を焼き払ったり‥‥とか。
是枝
つまり、自分たちの正統性を
市井の人たちに知らしめるためのものとして
物語が必要とされていたわけです。

「私たちは、なぜ今ここに君臨しているのか。
 その理由は‥‥」という、
自分たちの権力の根拠や正統性を知らしめる、
「大きな物語」が。
──
はい。
是枝
一方で、ぼくたち庶民も
映画だとか小説だとかマンガだとか、
それぞれに、
「ちいさな物語」を持ってる。
──
もっと昔は、民話だとか伝承だとか。
是枝
うん、それって本当にすばらしいことだと
思っていて、
つまり、なぜかって言うと、
権力者の「大きな物語」が幅を利かすような、
社会が、ナショナリズムみたいな
「大きな物語」に回収されてしまうような、
そういう可能性って常にあるけど‥‥。
──
ええ。
是枝
自分たちの社会が
「大きな物語」に回収されないためにも
ぼくら庶民が「ちいさな物語」を、
「ちいさいけれど、
 それぞれに、ゆたかな物語」を、
語り続ける必要があると思ってはいます。
写真
──
おお。
是枝
なんか、まじめに答えるとすれば(笑)。
──
いや、ぼくらにとっての大切なものって、
「ちいさな物語」にこそ、
込められているような気がしますものね。

今、すごく納得しました。
是枝
まあ、ぼく自身は、昔から
お話を書くことが好きだっただけで、
「物語とは何か?」って
そんなに強く
意識してたわけじゃないんだけど。
──
監督の2作めの映画に
『ワンダフルライフ』がありますが、
あの作品って、
カメラの前に座った一般の人が
「自分の人生でいちばん大切な思い出を語る」
というシーンが、続きますよね。
是枝
ええ。
──
伊勢谷友介さんとか、由利徹さんとか
たまに著名人も混じりますけど、
中心的な役割を担うのは無名の、一般の人。

そういう人たちが、ちいさな物語、
つまり
各自の「大切な思い出」を語るんですけど
それだけのことが、
どうしてあんなにおもしろいのか不思議で。
是枝
あれ、聞いているほうにとっては
じつに「どうでもいい内容」なんだけど‥‥。
──
幼いころ、童謡の「赤い靴」に合わせて
踊りを踊った話だとか。
是枝
その人にとっては「特別」なんです。
──
なるほど、そうですよね。
「いちばん大切な思い出」ですものね。
是枝
あれって、はじめは
脚本を書くためのリサーチのつもりで
撮ってたんですけど
途中から
どんどんおもしろくなってきたので
そのまま、映画にしちゃったんです。
──
え、そうだったんですか。
是枝
だから、みんながみんな、
「本当のこと」を話してるんですよね。

つくられたセリフじゃない、
それぞれが、本心から大切にしている
「思い出の話」だから
聞いてて、おもしろいんじゃないかな。
写真
──
監督は、早稲田大学を卒業したあと、
テレビマンユニオンに参加して
たくさんのドキュメンタリー番組を
手がけてきたわけですが‥‥。
是枝
ええ。そんなに多くはないですけど。
──
先日、佐々木昭一郎監督に
インタビューする機会をいただいたんです。
是枝
あ、本当?
──
はい、佐々木監督も
一般の人を主役に抜擢するスタイルで
他にはない雰囲気のドラマを
たくさん、つくってきたかたですから
「ドキュメンタリーとフィクションのちがい」
を、うかがってみたんです。
是枝
ええ。
──
そしたら、
もう、ほとんど脊髄反射みたいな素早さで
「ドキュメンタリーは事実を追求し、
 フィクションは真実を描く」
というふうに、おっしゃったんです。
是枝
なるほどね。
──
それまでぼくは
ドキュメンタリーが映しているものは、
「事実=真実」であると
深く考えもせず、そう思っていたので、
すごくびっくりしたんですが‥‥。
是枝
うん。
──
是枝監督は、どう思われますか?
是枝
まず、ぼくは、
あんまりジャンルでとらえてないんです。

撮る際の方法でしかないなと思っていて、
でも、そのうえで言うなら
「ドキュメンタリー」というものは、
「私とあなたの関係」
を描くものじゃないかなと思っています。
──
その場合の「私」というのは?
是枝
撮影する側。「あなた」が、撮られる側。
つまり、目線は「二人称」です。

他方で、フィクションは、
「一人称と三人称で描くもの」なんです。
撮影者は
登場人物の「私」の一人称の気持ちにも
入っていけるし、
神の目線で、三人称的にも世界を描ける。
写真
──
はい。
是枝
その「一」と「三」とを
組み合わせてつくるのがフィクションで、
「私から見たあなた」という関係から
常に離れないのが、
ドキュメンタリーだと思っています。
──
ようするに
ドキュメンタリーは「私の主観」であると。
是枝
だから「客観」というものがあるとすれば
それは、フィクションが担うものだと思う。
──
その点は「フィクションは、真実を描く」
とおっしゃった
佐々木監督のご意見にも、似てますね。
是枝
ただ、個人的には
「客観的な表現なんてあり得ない」とは
思っていますけど。
──
「主観の集合」を
「客観」って言ってるわけですものね。
是枝
言葉を変えて言えば
「相手の内面」と「神の目線」とを
捨てたところに
ドキュメンタリーは成立するということ。

ようするに
相手の気持ちをわかったふりを、しない。
写真
──
はい。
是枝
すなわち「私はあなたではない」のが
ドキュメンタリーで、
「私はあなたでもあるし、神でもある」
のが、フィクションなんです。
──
おもしろいです。
是枝
だから、そういう意味で言うと
フィクションのほうが「傲慢」なのかも。
その「傲慢さ」を引き受ける覚悟のある人が
フィクションの作り手になるんじゃないですか。
──
ドキュメンタリーではなく。
是枝
‥‥ややこしい話になりましたかね。
写真
──
いえ、すごくおもしろいです。

<つづきます>
2015-07-28-Tue

『海街Diary』を今からたっぷり楽しむための4つの方法

まずはもちろん、上映中の『海街diary』です。
映画を見た「ほぼ日」乗組員たちも
映像がきれいで、ずっと観ていられる」
もう一回、観たいなと思った」と、口々に。
是枝監督の脚本、4人の主演女優の演技はもちろん、
樹木希林さんやリリー・フランキーさんなど
是枝作品に欠かせない人たちの存在感、
鎌倉の海や街、四姉妹が住む一軒家の雰囲気など
どれもこれも、すばらしいものでした。
そして、それらの映像を撮った
撮影監督の写真家・瀧本幹也さんのお仕事も
本当に、すばらしかった。
まだまだ、全国各地の映画館で公開中なので
ぜひ、ごらんになってみてください。

続きましては「映画の写真集」です。
これは、著名な写真家でもある
撮影監督の瀧本幹也さんが
映画撮影の合間に撮りためた
スチール写真を
一冊の本にまとめたもの。
つまり「映画のシーン」とは
微妙に異なる作品集。
海街diary』の世界観を
たっぷり含みつつ、
長女幸(さち)役の綾瀬はるかさんが
四女すず役の広瀬すずさんの
髪を切るシーンなど、
映画には出てこない場面も
収蔵しています。

そして、7月29日からは「TOBICHI2」で
海街diaryのちいさな写真展」を開催します。
瀧本さんの写真集から選り抜いた
貴重なオリジナル・プリントをぜいたくに展示。
TOBICHI2の裏側って「墓地」なんです。
ブランドを上げると、大きな窓に全面「墓地」。
インタビューの中で
映画のひとつのテーマは、死」だって
是枝監督がおっしゃってますが
その「墓地」を大胆に「借景」しながらの
ユニークで、雰囲気のある展示となります。
映画の世界の「かけら」を持って帰れるような
お買い物コーナーもつくる予定です。
映画のグッズや、瀧本さんの写真集だけでなく、
原作となった吉田秋生さんのコミックも
まとめて買って帰れたり。
ともあれ、もういちど映画を観たくなるような、
まだ見ていない人は、
そのまま映画館へ行きたくなっちゃうような、
そんな「ちいさな写真展」です。
海街diary』の、唯一の写真展でもあります。
ぜひぜひ、足を運んでくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期 7月29日(水)~8月3日(月)
会場 TOBICHI2
住所 東京都港区南青山4-28-26
時間 11時~19時(最終日は17時閉場)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真展の会期中、となりの「TOBICHI」では
海街diary』のドキュメンタリー番組
映画「海街diary」が生まれるまで』(約1時間)を
1日に3回、上映いたします。
伊丹十三監督の映画のメイキング映像を
長く撮り続けてきた、テレビマンユニオン副社長の
浦谷年良(としろう)さんが
みずからカメラを回した、約1時間の作品です。
日本映画の専門チャンネル等で
これまでに何度かオン・エアされているだけ。
現時点では、TOBICHIでしか見ることができません。
映画をごらんになった方には
とくにおもしろい内容となっていますので
この貴重な機会を、お見逃しなく。
入場は無料、
1日3回上映(12時・15時・18時)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期 7月29日(水)~8月3日(月)
会場 TOBICHI
料金 無料
住所 東京都港区南青山4-25-14
時間 12時・15時・18時(1日3回上映・上映時間は約1時間)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー