ほぼ日手帳のこと。(はじめてのかたへ)THE HISTORY of HOBONICHI TECHO

ほぼ日手帳、これまでの歩み。

2019年版で18年目をむかえる
ほぼ日手帳の歩みを、年表形式でご紹介します。

2002

発行部数:
12,000部
ラインナップ数:
1種類
発売日:
2001年10月5日
ほぼ日ストア購入特典:
手帳本体と同じサイズのメモ帳

ほぼ日手帳、誕生!

「ほぼ日手帳成功物語。」という
コンテンツで、製作や販売の様子をくわしく報告していました。
カバーの内側にはこんなふうに黄色いタブがありました。

2003

発行部数:
18,000部
ラインナップ数:
4種類(本体は1種類)
発売日:
2002年10月16日
ほぼ日ストア購入特典:
ボールペン

バタフライストッパー
登場。

カバーは「オレンジオレンジ」「ミステリーグレー」
「トマトレッド」「オリーブグリーン」の4色でした。
2003年版の1日ページのデザイン。
日付の下にはイラスト入りチェックボックス。
その日のタイトルを書く欄もありました。

2004

発行部数:
30,000部
ラインナップ数:
8種類(本体は1種類)
発売日:
2003年9月29日
ほぼ日ストア購入特典:
ボールペン、ほぼ日
オリジナル付箋、メモ帳ライト

革カバーが選べるように。

「ビジネスでも使いやすい手帳に」と、ナイロンカバーにも
落ち着いた色が揃いました。
スケジュール欄とフリースペースを分けることができる「秘密の縦ライン」。よく見ると、まわりの点線に対し、ここだけ実線になっています。

2005

発行部数:
70,000部
ラインナップ数:
11種類(本体は1種類)
発売日:
2004年9月7日
ほぼ日ストア購入特典:
下敷き、ボールペン、メモ帳ライト、カバー・オン・カバー(ナイロンカバーのみ)

全国のロフトで
販売スタート。

手帳カバーの上からかけて使う「カバー・オン・カバー」。あいだに好きな写真などをはさむことができ、さらに傷や汚れも防いでくれる人気アイテムです。
ロフトでの初販売は、リニューアルオープンをしたばかりの船橋ロフト(現在は閉店)からはじまりました。この年はナイロンカバーのみの販売でした。

2006

発行部数:
140,000部
ラインナップ数:
11種類(本体は1種類)
発売日:
2005年9月7日
ほぼ日ストア購入特典:
ほぼ日のメモパッド、ボールペン、カバー・オン・カバー(ナイロンカバーのみ)

公式ガイドブック初登場。

「スーパーレインボー」なこの年のラインナップ。
この年から1日ページに掲載されるように
なった月間カレンダー。このときは
ダンベル型のマークで開いているページが
わかるようになっていました。
初のガイドブック『ほぼ日手帳の秘密』。
春風亭昇太さん、ナポレオンズのパルト小石さん、
田島貴男さんにもご登場いただきました。

2007

発行部数:
230,000部
ラインナップ数:
17種類(本体は1種類)
発売日:
2006年9月7日
ほぼ日ストア購入特典:
ほぼ日のメモ帳、ボールペン、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)

フェイクファブリック
という可能性。

小銭などを入れておけるポケットつきの「おさいふ手帳」は、ページが書きにくくなるという理由で、この年のみで終了。ほぼ日手帳のカバーはたくさんの試行錯誤のもと、いまの仕様に至っています。
こちらはフェイクファブリックの
「プリント・グレンチェック」。
以前からの「柄もののカバーを作りたい」
という思いをついに叶えたものでした。

2008

発行部数:
250,000部
ラインナップ数:
20種類(本体は1種類)
発売日:
2007年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
メモ帳、ボールペン、旧暦のしおり、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)

ツートンカバーで
カラフルに。

「すてきな文房具」誕生。それまでのメモ帳、
ふせん、アドレス帳といったオプション
アイテムに加え、週間手帳、路線図、
一筆せん、フォトアルバムなどが登場しました。
この年登場の「ツートンカバー」。ほどよく軽快さがあって、同時に落ち着きもある、新しいナイロンカバーができました。
各カバーに「手づくり感覚」を少しだけプラスする、タカモリトモコさんによる
新しいロゴがこちら。各カバーにあわ
せて選んでくださった色もきれいで、
とても人気がありました。

2009

発行部数:
280,000部
ラインナップ数:
30種類(本体は2種類)
発売日:
2008年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
メモ帳、ボールペン、旧暦のしおり2009、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)

カズン誕生&
本体徹底リニューアル。

タテヨコの線の交差をすべて「十字」にしたり、時間軸の数字を見やすくしたり。佐藤卓さんによる細やかなデザイン改良により、使うときの感覚的なここちよさがぐんとアップしました。
「カズン」が生まれたきっかけは、当時「ほぼ日手帳は重い」という声が多かったこと。そのときに「あえて大きくて重いものを作ったら、相対的に軽くなるんじゃない?」という逆転の発想からのアイデアでした。

2010

発行部数:
350,000部
ラインナップ数:
54種類(本体は2種類)
発売日:
2009年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
ほぼ日のテンプレート、ボールペン、しりあがり寿さんのしおり、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)

カバーの数が一気に増える。

アンケートをとり、ユーザー座談会をおこない、
みんなで出した方眼サイズの結論は「3.7ミリ」。
絶妙な方眼サイズは、こんな紆余曲折を経ています。
「世界の伝統柄」シリーズもこの年に誕生。2010年版はメキシコ、フィンランド、ガーナの3カ国でした。

2011

発行部数:
400,000部
ラインナップ数:
56種類(本体は3種類)
発売日:
2010年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
OHTOの体温計、ボールペン、しりあがり寿さんのしおり、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)

10年目、週間手帳の
weeks誕生。

この年登場したPORTERのコラボレーションカバー「BLACK CASE」も、手帳の可能性をぐっと広げてくれたアイテムでした。カバーでありながらバッグのように使え、ほぼ日乗組員の男性たちにも大人気でした。
weeksを象徴する「ホワイトライン」のデザインは、なんと誤解から生まれたもの。佐藤卓さんのデザインラフにあった白い空間を、糸井重里が白線と見間違えて「白いラインがすごくいい」と反応。卓さんも驚きつつ「いいアイデアだ」と感じ、最終的なデザインができました。(くわしい経緯はこちら

2012

発行部数:
460,000部
ラインナップ数:
71種類(本体は3種類)
発売日:
2011年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
スマイルミラー、ボールペン、しりあがり寿さんのしおり、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)

テーマは”SMILE”。

糸井重里が2年目のweeksにつけたコピーは「このくらいはおしゃれでもよろしい」。ビジネス手帳として生まれたweeksですが、さまざまな人が使ってくださるようになりました。
やさしいタッチながら大胆なデザインのミナ ペルホネンの「smile」。「ほぼ日手帳2012」のムードを象徴するようなカバーでした。

2013

発行部数:
480,000部
ラインナップ数:
82種類(本体は4種類)
発売日:
2012年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
持ち歩きバッグ、ボールペン、しりあがり寿さんのしおり、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)

英語版完成。
さぁ海外へ!

こどもビームスといっしょに作った、ゴムのバンドで留める「&こども」も、この年ならではのカバーでした。
英語版の「Planner」はチャコールグレーとレッドのシックなデザイン。小さい文字を書く習慣がない国の人も使いやすいように、方眼サイズはすこし大きめの4mmを選んでいます。表紙には漢字で「手帳」という金の箔押しがされています。

2014

発行部数:
500,000部
ラインナップ数:
98種類(本体は4種類)
発売日:
2013年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
ポテンバッグ、ボールペン、しりあがり寿さんのしおり、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)

ことしのわたしは、
たのしい。

秋山具義さんがデザインをしたディズニーカバーも驚かれたカバーの一つ。なかでもミッキーのぬいぐるみの顔を大きくプリントした「VINTAGE MICKEY」は、「こんなカバー見たことない!」と大反響でした。
コスチューム・アーティストのひびのこづえさんによる手帳カバー「森のクマ」は、大きな驚いをもって迎えられたカバー。しおりの先には鈴がついていてチリンと鳴ります。

中村勇吾さんのプロモーションムービーは、日本のみならず海外でも人気。「ほっぼにっちてっちょー♪」という歌声は坂本美雨さんと、なんと佐藤卓さんが担当。

2015

発行部数:
550,000部
ラインナップ数:
79種類(本体は6種類)
発売日:
2014年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
ほぼ日のティッシュシェル、ボールペン、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)、下敷き(weeksのみ)

分冊版「avec」が
やってきた。

この年登場した、分冊版の「avec」。表紙のカラーはモスグリーンとサンドベージュでした(現在はライムイエローとアイスブルー)。
糸井重里がゲームデザインを手がけた「MOTHER2」とのコラボレーションカバー「Onett」。海外のゲームファンの人たちにも非常に喜ばれました。

2016

発行部数:
610,000部
ラインナップ数:
88種類(本体は6種類)
発売日:
2015年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
ほぼ日のティッシュシェル、ボールペン、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)

This is my LIFE.

川島小鳥さんの撮ってくれたイメージムービーがこちら。こちらの映像に、糸井重里が「This is my LIFE.」ということばをつけました。

「ほぼ日手帳使ってます!60人ミーティング」は、7つのグループに分かれて、みんなでさまざまな話をしました。手帳のアンケートやゲームもおこない、大いに盛り上がりました。

2017

発行部数:
680,000部
ラインナップ数:
84種類(本体は6種類)
発売日:
2016年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
バタートーストのちいさなお皿、ボールペン、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)

ほぼ日手帳、外海へ出る。

「ほぼ日手帳が好き」という理由でつながってくれた方々が、それぞれに少しずつ書き込んでは次の人に送って、ふたつとない特別なHobonichi Plannerができあがった「Traveling Hobonichi」。なんと、みんなですこしずつ描いて作られた創作マンガのページまでありました。
「ミーティングキャラバン」は、ユーザーのみなさんからたくさんの話を聞ける、ほぼ日手帳チームにとってもうれしい機会。これからもあちこちの場所に出かけていきます。

2018

発行部数:
780,000部
ラインナップ数:
85種類(本体は8種類)
発売日:
2017年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
おしょくじサイコロ、ボールペン、カバー・オン・カバー(一部カバーのみ)

ほぼ日5年手帳の登場。

ほぼ日手帳の”なかま”として生まれた新アイテム。好きなものや大事なものをつめこんだ自分だけの「ひきだし」をまるごと持ち歩けるようなポーチ‥‥そんな考えをもとに作り、名前は「ひきだしポーチ」と付けました。
辞書のような装丁の、ほぼ日手帳の新アイテム「ほぼ日5年手帳」。方眼ベースのデザインやトモエリバー、180度パタンと開く仕様など、これまでのほぼ日手帳の良さを受け継いでいます。

2019

発行部数:
???部
ラインナップ数:
98種類(本体は12種類)
発売日:
2018年9月1日
ほぼ日ストア購入特典:
くまのおすわり文鎮、ボールペン

ほぼ日手帳の歩みはつづく。

毎年、動物にまつわるカバーのいくつかは、売上の一部を動物愛護団体に寄付しています。2019年版は「ブイヨン」シリーズと、荒井良二さんのオリジナル用カバーが対象です。
前年に中国での販売がはじまったことをきっかけに生まれた「簡体字版」は、日本語版のオリジナルをできるだけ忠実に翻訳したもの。祝日なども、すべて中国のものを入れています。※なお、こちらの「簡体字版」は 中国限定販売のアイテムです。お買い求めは「WeChat」「Tmall」のほぼ日公式アカウント(Hobonichi1101)からどうぞ。