なぜ、こんなにうすいのにあたたかいの? LUXCELL WARMのひみつ。

MXP

予告04

オツな日本のセレクトブランド:MXPの
秋冬の定番的な素材「リュクセルウォーム」は、
スポーツメーカーのゴールドウインが開発した新素材。
真夏の「MXP」には消臭機能がありますが、
そこに保温機能をプラスした、
自然なあたたかさに包まれる生地です。
かたちのよさで着た人がきれいに見え、
強力な消臭機能があり毎日を快適にすごせる、
「MXP」のうれしいふたつの機能を
持ち合わせたものです。

「MXP」プロダクトディレクターの村井絢子さんにとっても、
リュクセルウォームは毎日に欠かせない存在なんだとか。
そのあたたかさの秘密を教えていただきました。

村井 絢子(むらい あやこ)

「MXP」プロダクトディレクター。
糸の開発から、製品の形はもちろん、
ブランドビジネスの骨組み全般を取り仕切る。
プライベートでは道なき山を走る
トレイルランニングのレースなどに参加するほどの
アクティブウーマン。

寒い日も、上にアウターをはおるだけで十分です

レディス LUXCELL WARM
ロングスリーブタートルネック

〈O2〉チーム
(以下O2)
MXPのLUXCELL WARM(リュクセルウォーム)を
使ったアイテムが毎度好評で、
ことしの秋冬も継続で取り扱いさせていただきます。
これ1枚あれば寒い冬も乗り切れる、
っていうほどおすすめできるものです。
村井
わたしも冬はリュクセルウォームのタートルネックを着て、
上にアウターをはおるだけで十分です。
暑がりなので、雪が降るような真冬でも
リュクセルウォームに春物みたいなコートで充分です(笑)。
O2
えー、それだけですか。
村井
わたしが特段暑がりなのかもしれませんが(笑)。
東京の生活でダウンを着たことは
一度もないくらいなので。
冬はリュクセルウォームに頼っりっぱなしです。
O2
あらためて、リュクセルウォームのあたたかさのひみつを
教えてもらえますでしょうか。
村井
はい、それは“熱伝導性”にあります。
金属に触るとヒヤっとしますよね。
体温がすぐに金属側に移るから冷たく感じる。
これを熱伝導性が高いといいます。
すなわち、熱の移動が少なければ体温を奪われません。
O2
なるほど。
ということは、リュクセルウォームは
熱伝導性が低い素材なんですね。
村井
そうなんですが、さらにひみつがあります。
じつは世のなかにある物質で
もっとも熱伝導性が低いのは空気なんです。
O2
いまわたしたちの周りにある、この空気。
村井
はい。
冬アウターの代表にダウンやフリースがありますが、
これらは羽毛やポリエステルが
あたたかいわけではありません。
外気と体との間に
空気の層をつくっているからあたたかいんです。
O2
なるほど。
村井
ダウンの羽毛って拡大してみると、
牛の骨格みたいなかたちに細かい毛が無数についていて、
ふつうの繊維と比べても、同じ重さでもふくらみがあって、
空気の断熱層を厚くもつことができるっていうのが
あたたかさのひみつです。
O2
あ、わかってきました。
リュクセルウォームはその空気が関係していると。
村井
そのとおりです。
リュクセルウォームのウェアは
うすいのにあたたかいんですが、
その理由のひとつに
“中空繊維”を使っていることにあります。
O2
読んで字のごとく、
中に空気が入っている繊維なんでしょうか?
村井
はい。
中空繊維はマカロニのようなかたちをしていて、
中に空気をふくんでいるんです。
熱伝導性の低い空気をたくさんふくむことができるので
あたたかさを保てるんですね。
O2
原理はダウンや起毛したフリースと同じなんですね。

LUXEL WARMは、レイヤリングに最適です。

村井
さらに、光電子という
体の熱をふく射するセラミックを練りこんでいて、
それとの相乗効果で、
うすくてもあたたかいというのを実現しています。
O2
自分の体温を利用して、
遠赤外線の保温作用で体をあたためる繊維ですね。
村井
あと、レイヤリングしやすいよう
レーヨンとアクリルを入れ肌なじみの良い
薄手の生地に仕上げています。
レーヨンはシルクに似た光沢と手触りが特徴の繊維、
アクリルは合成繊維のなかでも保温性が高く、
ウールに似たふっくらとした風合いが特徴の繊維です。
なめらかでしなやかなレーヨンと、
優れた保温性とウールに似た風合いをもつアクリルを混紡し、
さらには人体の熱をふく射するセラミックを練り込んだことで、
薄手ながら あたたかい肌触りのよい製品になりました。
レーヨンもアクリルも、
天然繊維で懸念される虫食いなどの心配がなく
丈夫で長持ちし、
色落ちや色あせが少ないことも嬉しいポイントです。
O2
レイヤーということばは、
登山のときの服装で使われていたりしますよね。
レイヤリングとも言いますか?
村井
ええ。
レイヤリングとは、端的にいえば重ね着のこと。
登山中は運動量の増加による体温の変化や、
急な雨風などの天候の変化がともないます。
このとき、レイヤリングをしっかりしていれば、
そのときどきのコンディションに応じた脱ぎ着がしやすく、
こまめな体温調節が可能になります。
O2
必要なウェアを組み合わせて
体温調節をおこなっているんですね。
村井
はい。
一般的にレイヤリングは3層あって、
直接肌に触れるベースレイヤー、
被服内に空気の層をつくるミドルレイヤー、
いちばん外側に着る防水・防風性のある
アウターレイヤーで構成します。
ただ、それは登山のレイヤリングなので‥‥
O2
本気モードでなくても、
街でリュクセルウォームを着ることを
想定するとどうですか?
村井
空気の層をまとって
外気とのへだたりをつくるのが
あたたかさを保つには効果的なので、
うす手のリュクセルウォームは
街着としてのレイヤーにぴったりです。
人間の体温は、
皮膚の表面温度で寒いときは33~34度くらい。
深部体温は37度ほどあります。
たとえ外気温が0℃近くなっても、
胴体から発している熱を外に逃がさないで
しぜんなあたたかさをたもてることが大事です。
なので、熱伝導性の低い
空気の層を着られるリュクセルウォームを、
1枚下に着ているだけで
冬を快適に過ごせるというわけなんです。
O2
たとえ、編み目の大きな風通しのいいニットでも、
リュクセルウォームを着るだけで、
だいぶあたたかそうですね。
村井
はい。
しかもMXPの特徴である消臭機能もついているので、
汗をかいても安心ですよ。

男性だけのものにするのはもったいない!
ジェンダーレスなモックネック

O2
秋冬のラインナップには
そのリュクセルウォームを使った
メンズのモックネックが加わりました。

メンズ LUXCELL WARM
ロングスリーブモックネック

O2
レディスは襟が首元まであるタートルネックですが、
メンズはネックラインが低めのモックネックタイプなんですね。
村井
ええ。
女性のほうはタートルネックでくしゅっとさせたり、
折り返して着てもらったりと
いろいろアレンジできる高さの襟にしているんですが、
男性用はのどぼとけの下あたりで
止まるくらいの高さにしています。
O2
それはどうしてですか?
村井
さまざまな年代の男性にリサーチしたり検証したりして、
男性が合わせやすいこと、
首元のあたたかさを同時に求めるときに着やすいのは
モックネックだと導きだしたんです。
O2
たしかに、クルーネックより暖をとれるし、
タートルネックほど
いかにも防寒してますって感じにもならない。
モックネックって、ちょうどいいですね。
村井
あたたかさとファッション性が
うまく両立できているんだと思います。
O2
サイズ感は1枚で着てもピッタリしてなくて
外着に適しているし、インナーに着てももたつかないですね。
村井
これもいろいろな体格の男性に着てもらって、
“中間”にしています。
リュクセルウォームは体のラインを拾いやすい素材なので、
肌にあまり貼りつかないくらいの身幅にしています。
かといってオーバーサイズにならないようなフィットです。
O2
着てみると、
おなかまわりの生地がつまめるくらいのゆとりですね。
村井
ええ。
あまりビッグサイズにしても、
生地の特性でドレープが出て
男性っぽくなくなってしまいます。
そして、上にスウェットやニットを着たときに
もたついてしまうので、
標準体型をベースに
体に沿いすぎないけど大きくなりすぎない、
そんなサイズ感を目指しました。
O2
よく見ると、肩の縫い目、
いわゆる肩線が前に出ているような‥‥。
村井
そうなんです、本当に少しだけ前に出ています。
縫い目は生地よりも伸びないので、
後ろ身頃側に縫い目がいかないように前側にもっていって、
人の体の動きをさまたげず、
生地の伸縮性を十分に使えるようにしているんです。
O2
なるほど、そういう理由だったんですね。
村井
縫い目が体の動きにどう関係しているか、
肩の先に縫い目があるとないとで
肌あたりがどうなるかなど、
そういったことを考えながら、
ミリ単位の微調整をつねにしています。
O2
ファッション性に加えて、
人の動きとの関連性をデザインに取り入れているなんて、
さすがスポーツアパレルメーカーですね。
村井
何年も試行錯誤して、
厳しい審査基準に合格してたどり着いたデザインなので、
自信をもっておすすめできます。

(おわりです)

MXP メンズ LUXCELL WARM
ロングスリーブモックネック
各¥6,930(税込・配送手数料別)

MXP メンズ LUXCELL WARM
ショートスリーブVネック
各¥5,720(税込・配送手数料別)

MXP メンズ LUXCELL WARM
ロングスリーブクルー
各¥6,600(税込・配送手数料別)

MXP レディス LUXCELL WARM
タンクトップ
各¥4,950(税込・配送手数料別)

MXP レディス LUXCELL WARM
ロングスリーブクルー
各¥6,380(税込・配送手数料別)

MXP レディス LUXCELL WARM
ロングスリーブタートルネック
各¥6,930(税込・配送手数料別)

MXP レディス LUXCELL WARM
レギンス
各¥6,380(税込・配送手数料別)

シェアする