気仙沼のほぼ日便り

先ほど、
マジカル気仙沼ツアーの
行程がすべて終わりました。

みなさんのおかげで、
すばらしい時間を
過ごすことができました。

このツアーのご参加者のみなさん
気仙沼のみなさん
ほぼ日乗組員のみなさん
それから読者のみなさん

いろんな人に支えられて
今があるんだと
心から思います。

今日で気仙沼のほぼ日は
おひらきになります。
もちろん少し寂しい気持ちはありますが、
気仙沼とほぼ日の関係は
これからも続いていって、
変わらないので、
「これでさようなら」じゃなくて、
「これからもよろしく」です。
だから笑顔で今日を過ごそうと思っています。

写真は、
気仙沼の三陸新報の
今日の広告面です。

気仙沼の港から、
ほぼ日が出航していくイラストは、
気仙沼出身のイラストレーター
奥原しんこさんが描いてくださいました。

港は、いつでもそこにあります。
今日は「いってらっしゃい」と旗を振って、
また今度は「おかえり」と言える場所です。

これからもみなさんを
気仙沼でお待ちしています。

また遊びにきてくださいね!

本日、気仙沼のほぼ日は
おひらきとなります。

そして、現在マジカル気仙沼ツアー
まっさいちゅう!

もうすこしちゃんと
ここに何かを書きたかったのですが、
またすこし後で
書きたいと思います。

画家の笹尾光彦さんが書き下ろした
ちいさな111枚の絵画の展示が
気仙沼図書館で始まりました。

笹尾さんは
渋谷パルコ「ほぼ日曜日」のロゴ制作や
ほぼ日手帳のカバーなど、
ほぼ日とも関係が深いのですが、
このたび、気仙沼のために、
111枚のちいさな絵を描いてくださったんです。

手のひらサイズの小さな絵画は
額も笹尾さんの手作りで、
とっても素敵なんです。
気仙沼のあとは、
東京、京都のTOBICHIで展示されます。
くわしい情報はこちらからご覧ください。

全国的に大きな被害をもたらした
台風が過ぎました。
台風一過の気仙沼の海は濁っていましたが
空は青く澄んでいました。

大きな被害を受けた街の様子は、
震災後の姿と重なって見えて、
苦しい気持ちになります。

気仙沼も、一部で冠水や
通行止めとなる場所があったり、
土砂が崩れたところもあったようです。

被害に遭われた方々が、
少しでも早く日常を取り戻せたらと
願っています。

現在、私は引き続き
月末のマジカル気仙沼ツアーの準備と、
笹尾光彦さんの作品展示準備
しております!
私は、せめて、
いまの自分にできることをがんばりたいと
思ってます。

今、今月末開催のマジカル気仙沼ツアーの
準備真っ最中です。
準備というか、調整というか
地道な仕事をやっています!

まだまだ先だ〜と思っていたのに、
もう今月末!
実感がないですが、
マジカル気仙沼ツアーで、
気仙沼のほぼ日はお開き。
なんですよね。

寂しい気持ちもありますが、
きっと気仙沼とほぼ日の関係ってなくならないんだ
と思うと、
なんだ、そんなに変わらないやと、
安心する気持ちもあるんです。
明るく楽しく「お開き」にしていきたいなぁと
思ってます。
マジカル気仙沼ツアーは、
きっと楽しいものになりますよ!
そんな打ち合わせは
脂ののったカツオ刺とともに‥‥
でした。

昔、新入社員として入社した会社の先輩に
「打ち合わせ中で先にお茶を飲んではいけない」
と厳しく言われたこともありましたが、
私は今、一人でカツオ刺をバクバク食べながら
まじめに打ち合わせをしています。