REPORT

春にはこんな
コーディネート。
伊藤まさこ

「weeksdays」の新作は、
t.yamai paris(ティ・ヤマイ・パリ)の服。
プリーツワンピース、フリルブラウス、カーゴパンツ──、
この春めいた気分のアイテム、
どんなふうにも着られそうだけど、
どんなふうに着たらいいか迷います。
靴は? 小物は? 
メイクや髪形はどうしよう? 
伊藤さんの「わたしだったら」の提案を、
3回にわけておとどけします。

文=伊藤まさこ
写真=有賀 傑

その1 プリーツワンピース

華奢なサンダルや
小さなバッグと。

ふわりと着心地のいいワンピースは、
一枚で着ることが多いのですが、
そんな時は、華奢なサンダルや
小さなバッグを合わせて、
気分を盛り上げます。
襟元は第一ボタンまできちんとしめ、
髪は小さくまとめるとバランスよく仕上がります。
シンプルなスタイルだけに、
足元のネイルやピアスなどに、
ちょっときらりとするものをくわえたい。
オレンジ系のリップなども似合いそうです。

また、秋冬、私は上にロングカーディガンを羽織って、
タイツやブーツと合わせて着ていました。
このワンピース、
年中着られるうれしいアイテムなんですよ。

ニュアンスを重ねて、
ワンピース・オン・ワンピース。

シルクのワンピースの上に、
t.yamai parisのプリーツワンピースを重ねました。
軽やかな素材同士の組み合わせは、
重ねても重たくならないところがうれしい。

色はまったくの同色ではなく、
ちょっとニュアンスを変えると、
着こなしに奥行きが生まれます。

足元は黒でひきしめて。
シックだけれど、
大人っぽくなりすぎないのは、
歩くたびに揺れるプリーツのおかげ。
出かけるのが、たのしくなるワンピースなのです。

2021-02-28-SUN