染色家の柚木沙弥郎さんが、
世界的な彫刻家・安田侃(かん)さんを
ご紹介くださいました。
風にそよぐ布、微動だにしない石。
あつかうものは対照的でも、
おふたりの気持ちは、
芸術の一点で強く結ばれていました。
創造の源、人間の精神性について。
想像を絶する、彫刻という行為。
おふたりと縁の深い村山治江さんと
3人でお話くださいました。
うかがったのは「ほぼ日」奥野です。

>柚木沙弥郎さんプロフィール

柚木沙弥郎(ゆのき・さみろう)

1922年、東京に生まれる。染色家。
国画会会員。女子美術大学名誉教授。
1946年、大原美術館に勤務。
民藝にみせられ、柳宗悦の著作を読みはじめる。
1947年、芹澤銈介に師事。
以後、型染めの作品を発表し続けている。
布地への型染めのほか、染紙、壁紙、版画、
ポスター、絵本など、幅ひろいジャンルで活躍。
装幀、イラストレーションも手がける。
1958年、ブリュッセル万国博覧会で銅賞受賞。
主な絵本に『てんきよほう かぞえうた』
『トコとグーグーとキキ』『雉女房』『夜の絵』
など多数。
主な作品集に『柚木沙弥郎作品集』『夢見る手』
『柚木沙弥郎の染色』などがある。

>安田侃さんプロフィール

安田侃(やすだ・かん)

1945年、北海道美唄市生まれ。彫刻家。
東京芸術大学大学院彫刻科修了。
1970年、イタリア政府招聘留学生として渡伊、
ローマ・アカデミア美術学校で学ぶ。
その後、大理石の産地として知られる
ピエトラサンタにアトリエを構え、
大理石とブロンズによる彫刻の創作活動を続けている。
生まれ故郷の美唄に
安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄がある。
ミラノ、フィレンツェ、ローマなど各都市で
野外彫刻個展を開催、
フィレンツェのボーボリ庭園、
ローマのトラヤヌス帝の市場、
東京ミッドタウン、
アートサイト直島などに作品がある。
公式サイトは、こちら

>村山治江さんプロフィール

村山治江(むらやま・はるえ)

1928年、大阪船場に生まれる。
1984年、東京渋谷にギャラリー・トムを開設。
ギャラリー・トムは、視覚障害者が
彫刻に触って鑑賞できる場所として設立された
私設の美術館である。

「村山亜土と治江の一人息子、(故)錬(れん)は
生来の視覚障害者として生まれ育ちました。
あるとき、錬が
「ぼくたち盲人もロダンをみる権利がある」
と言った言葉に突き動かされた二人が、
視覚障害者のための美術館を設立したというのが
ギャラリーTOMの誕生の経緯です。」
(ホームページより)

前へ目次ページへ次へ

──
彫刻につかう大理石というのは、
具体的には、
どうやって切ったりしてるんですか。
村山
それはもう、大変よ。
安田
とにかく、今、住んでるところでは、
山から石を切って下ろすってことを、
2世紀からやリ続けてるんですけど。
──
ひゃー。
安田
ぼくは「壁」で買うんです。
──
壁‥‥って、岩の壁ごと買うんですか?
安田
買う。ジープで上がっていって、
「あのへん」って言って目星をつける。
すると、職人のほうでも
順番に切っていく都合がありますから、
「じゃ、半年後ね」って。
──
ずいぶん先なんですね。
安田
で、半年くらいたったときに、
来週くらいに切るよって電話が来ます。
──
岩というのは、切るのは、何で?
安田
ま、ダイヤモンドでできたノコギリや、
砂と水をまぶしたワイヤーとか。
──
へえ、そういったもので。
ちなみに、そんな道具がなかった時代は、
どうやって切ってたんでしょうか。
安田
ミケランジェロの時代は、
ワイヤーを引く動力もないわけですから、
岩壁のわずかな亀裂に、
木片を入れるんですよ、木のくさびをね。
──
ええ。
安田
そこに毎朝、水をチョッチョチョと‥‥。
──
水?
安田
そうすると、木片が少しずつ、少しずつ
膨張していって‥‥
あるとき、
ベキベキベキと岩の塊が割れるわけです。
──
そんな気の遠くなるようなことを!
安田
で、その塊‥‥たとえば
3メーターかける5メーターとかの塊を
崖から落とすわけです。
ガランガランと何十メートルも落ちると、
ある程度の大きさが残りますね。
そうなれば、これ以上、
亀裂の入らない塊になるだろうというね。

──
ダイナミックなお買い物‥‥。
安田
そこからは、ロープを使って、少しずつ、
下ろしていくんです。
ミケランジェロのダビデなんていうのは、
5メートルくらいありますが、
あれの原石というのは、
とうぜん、もっともっと大きいんですよ。
──
そこから削るわけですもんね。
安田
そんな巨大な岩の塊を
標高1500メートルもの高い場所から
下ろしてくるわけ、ゆっくりと。
──
はい。ゆっくりと。
安田
何年もかけて。
──
「何年」ですか!
安田
ようやく、ふもとにたどり着いてからも、
当時は白牛‥‥
角のある白牛が最強だというので、
台車みたいなものに乗せて、
50頭もの水牛で引っ張ったそうですね。
村山
はは、50頭って(笑)。
──
つまり、岩が彫刻家の手元に届くまでに、
そんなにかかる‥‥。
安田
いいえ、まだまだ先は長いです。
今度は岩を港まで持っていくわけですよ。
フォルテ・デイ・マルミという、
原石の積み場の街があったんですけども、
そこまで運んできたら、
当時、すでに
レオナルド・ダ・ヴィンチが考案した
クレーンが設置されていて。
──
わ、本当に、すごい人だったんですね。
ダ・ヴィンチさんって。
安田
そう。ルネッサンスの時代に、すでに。
で、そのダ・ヴィンチのクレーンで、
重たい岩を吊って、船に載せたんです。
そしてこんどは、その船で、
40キロくらい離れたピサの河口まで。
──
運んで。
安田
フィレンツェの町には
アルノ川という川が流れてるんですが、
その出口がピサなんです。
そこでもういちどクレーンに乗っけて、
次は筏にくくりつけます。
水深が浅いので、船だと無理なんです。
──
なるほど。
安田
そのままだと重さで筏が沈むんですが、
筏の上下をひっくり返して、
岩の塊を水面より下にしてやることで、
木の浮力で筏は沈まないんだそうです。
──
そんな、何トンもの岩の塊が。
安田
そうやって、フィレンツェまで、
80キロくらい川をさかのぼっていく。
フィレンツェに着いたら、
川沿いに、わずかに傾斜をかけた道を
少しずつ少しずつ、
今度は馬の力で引き上げていくんです。
──
そうやって、そこまでして運んできて、
ようやく手元に岩がとどいて‥‥。
安田
そこから制作。また、何年間もかけて。
──
彫刻、一大事業です‥‥。
柚木
そういうもののつらなりで、
ヨーロッパの歴史はつくられているね。
──
今の話を聞いてからダビデ像を見たら、
さらに、すごみが増すと思います。
村山
でもそれ、岩を買ったはいいけど、
割れちゃったってこともあるんでしょ。
家に持って帰って割れたらどうするの。
キャンセルできるの?
ひっつけるわけにもいかないでしょう。
安田
この間も大きくていい石を買ったのに、
亀裂が入っちゃいまして。
──
わあ。
安田
仕方がないから、お風呂にしました。

──
お風呂?
安田
板にして自分ちの浴槽にしたんです。
最高級の大理石のお風呂。
──
どえらいお風呂ができてしまった‥‥。
安田
柚木先生、
どうぞ入りにいらしてください(笑)。
──
安田さんの作品にも、
ものすごく大きいものがありますよね。
安田
ぼくの彫刻って、「規格外」なんです。
日本の東京ミッドダウンにある作品も、
東京国際フォーラムにある作品も、
あんな岩の塊は、石切場にないんです。
──
だから「壁」で買うんですね。
安田
倒すときの壁は、
たぶん、1000トンくらいあります。
──
そんな巨大なものが倒れたら、
すごいことですよね、衝撃とか音とか。
安田
大変ですよ。
──
亀裂って、目には見えないんですか。
安田
岩の壁面にね、水をかけてやるんです。
その水が太陽に照らされて乾くとき、
目に見えない亀裂が入っていた場合は、
うすーーーく線が走る‥‥。
──
そこを見極めるんですか。
安田
売る方は売る方で調べてますから、
うすうす知ってるんです。
どのへんに亀裂が入ってるかって。
──
じゃあ、あっちとこっちの、探り合いで。
安田
ただね、石切場の親方とは、
しょっちゅうご飯を食べたりしてんです。
冗談言ったり、酒を酌み交わしたり、
みんなでワーワーやってきた、
その人間関係が何十年間かあって初めて、
4メーターかける3メーターかける
2メーターのいい原石が採れそうだって、
ようやく電話がもらえる。
──
人間関係も積み重ねなんですね。
安田
それをやらないと、電話は来ないんです。

(つづきます)

2019-11-19-TUE

前へ目次ページへ次へ
  • 柚木沙弥郎さんの展覧会、
    広島と愛知で開催中!

    まず、先日まで葉山で開催されていた
    「鳥獣戯画」展が、
    現在、広島県の泉美術館に巡回中です。
    ユーモラスなどうぶつの姿をつうじて、
    平家物語の「諸行無常」感が
    大きなパネル5枚に表現されています。
    劇作家・村山亜土さんと共作した絵本
    『トコとグーグーとキキ』や、
    柚木さんの絵の魅力が大爆発している
    『てんきよほうかぞえうた』の原画も
    展示されているそうです!
    また、愛知県の豊田市民芸館では、
    「柚木沙弥郎の染色」展を開催中です。
    昨年、日本民藝館で開催した展覧会を
    再構成したもの。
    柚木さんが生み出してきた「模様」を、
    そのあざやかな「色彩」を、
    たっぷり堪能できるチャンスです。
    こちらも、ぜひ、足をお運びください。
    くわしくは、それぞれの公式サイトで。

    広島・泉美術館
    「柚木沙弥郎 生きとし生けるもの」
    公式サイトは、こちら。

    愛知・豊田市民芸館
    「柚木沙弥郎の染色 もようと色彩」
    公式サイトは、こちら。