スポーツ総合雑誌『Number』の
創刊40周年・1000号を記念して、
アスリートが躍動する表紙の展示や
トークライブの生中継を、
Web上でおこなうことにしました。
題して、「ほぼ日」オンラインミュージアム。
1980年から今に至るまで
あらゆるスポーツの瞬間を切り取りつづけ、
アスリートたちの知られざるドラマを
スポーツファンに届けてきた『Number』。
写真を見ただけで記憶が揺さぶられる
表紙の写真と編集部の声が並びます。
いま明かされる「表紙の物語」とは――。

※渋谷パルコ「ほぼ日曜日」での開催は
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため
残念ながら中止となりました。
「ほぼ日曜日」のページはこちら

前へ目次ページへ次へ

07 2006年~2009年 世界で勝て

 
2006年のドイツワールドカップ、
グループリーグでの惨敗によって
サッカー日本代表は
世界で勝つために転機を迎えました。
イビチャ・オシム監督が就任し、
『Number』にも何度も登場しています。
その一方、野球は世界一の歓喜に沸きました。
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で
2006年、2009年に日本代表が連覇。
ヤンキースの松井秀喜選手は
ワールドシリーズで3本塁打8打点、
日本人選手史上初のMVPを獲得しました。

Sports Graphic Number 2006/7/4臨時増刊号
2006年6月27日発売
表紙撮影:Tomohiko Suzui Sports Graphic Number 2006/7/4臨時増刊号 2006年6月27日発売
表紙撮影:Tomohiko Suzui

 
清新な理想を掲げた
「ジーコ・ジャパン」の、あっけない最期――。
われわれは、しばし言葉を失い、
彼らの非力に絶望した。
だが、再び世界の舞台へ乗り込もうとするならば、
この辛い現実から目を背けてはならない。
受け入れ難い現実を
越えていかなければならない。
死の淵に瀕した日本サッカーを、
もう一度、甦らせるためには。
〈記事より〉

Sports Graphic Number 660号
2006年8月24日発売 
表紙撮影:山田一仁 Sports Graphic Number 660号 2006年8月24日発売 
表紙撮影:山田一仁

 
サッカー日本代表の新たな監督に、
イビチャ・オシムが就任。
強烈な個性を発揮する指揮官の総力特集を組んだ。
ありきたりのポートレイトの表紙では
インパクトが足りないと思い、
あえてモノクロの顔写真をドアップで使用。
さらに迫力を出すために、
特集タイトルのみを掲載することにした。
アートディレクターの番洋樹君に狙いを伝えると、
その思いを汲んで、見事な表紙に仕上げてくれた。
「スポーツ雑誌に見えない」という声もあったが、
〝オシムの凄味“を
表現することができた表紙で、感慨深い。
〈第10代編集長・河野一郎〉

Sports Graphic Number PLUS December 2006
2006年10月27日発売
表紙撮影:石坂直樹 Sports Graphic Number PLUS December 2006 2006年10月27日発売
表紙撮影:石坂直樹

 
あれから2年がたった。
そこに見えながら、
つかめなかった五輪のメダル。
その隔たりを、それぞれが胸にしまいこんだ。
海外に挑戦した者、
国内に留まり技を磨く者、
新しい秘密兵器も加わった。
彼女たちはどこまで強くなっただろうか。
〈記事より〉

Sports Graphic Number 681号
2007年6月21日発売
表紙撮影:DYSK Sports Graphic Number 681号 2007年6月21日発売
表紙撮影:DYSK

 
2007年4月7日、ヒューストン。
前PRIDE王者は電撃的にUFC移籍を発表した。
稀代の寝技師が突然
オクタゴンに降り立った決断には、
どういう背景があったのか。
また、レスラーがアドバンテージを握り、
柔術家が不利と見られる
金網への対策は十分に進んでいるのか。
疑問は数多い。
全てを明らかにするために、リオに飛んだ。
〈記事より〉

Sports Graphic Number 711号
2008年8月28日発売
表紙撮影:AFLO SPORT Sports Graphic Number 711号 2008年8月28日発売
表紙撮影:AFLO SPORT

 
決勝の相手アメリカには
1次リーグ、準決勝で2連敗。
しかもエース・上野は、
前日に318球も投げていた。
極めて厳しい状況だったが
「絶対勝つ」という強い気持ちは
揺るがなかった。
〈記事より〉

Sports Graphic Number 715号
2008年10月30日発売
表紙撮影:杉山拓也 Sports Graphic Number 715号 2008年10月30日発売
表紙撮影:杉山拓也

 
前年に病で倒れられて
リハビリ中のオシム氏を訪ねオーストリアヘ、
インタビューを行った際の一連の写真。
まず何より元気な姿に安心したのと、
素敵な街並みの中を奥様と並んで写る
夜景のカットなど素晴らしい写真が多く、
表紙になったインタビュー中のカットも、
指の間から覗く鋭い目つきと、
この指のしぐさがとても印象的な写真です。
〈アートディレクター・征矢武〉

Sports Graphic Number 741号
2009年11月12日発売
表紙撮影:Getty Images Sports Graphic Number 741号 2009年11月12日発売
表紙撮影:Getty Images

 
表紙はMLBヤンキースの松井秀喜。
この号は恒例の日本シリーズ特集で、
当然表紙から巻頭まで日ハム対巨人の
日本シリーズを報じる予定でした。
取材班も多数が北海道入りしていましたが、
シリーズはさほど盛り上がらず、
一方海の向こうではヤンキースの松井が大活躍。
ワールドシリーズを制覇しMVPを獲得しました。
特集担当デスクから、
ここは松井の表紙で行ったほうがいいのではと
提案があったものの、
とはいえ、『Number』の通例では
雑誌の半分以上を占める特集と
表紙は連動しているもの。
しかもワールドシリーズの記事は
4Pほどしか用意していない。
表紙を見て松井の特集を期待した読者からすれば、
記事が少しでは期待を裏切ることになるのでは……
と逡巡しました。
しかし日本人初のワールドシリーズMVPの
快挙はやはり表紙で伝えたい。
結局、緊急で記事を10Pに拡大し、
表紙も松井のプレーで行くことを決断。
評判もよく、私の心配は杞憂に終わりました。
〈第11代編集長・鳥山靖〉

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

2020-07-29-WED

前へ目次ページへ次へ
  • 8月19日(水)20:00から
    中村亮土×真壁伸弥×生島淳×糸井重里
    ラグビートークを生中継!
    「ラグビー日本代表が語る、
    必然で掴んだ大金星。」

    日本中が熱狂した、
    ラグビーワールドカップ2019から1年。
    ほぼ日も「にわかファン」として
    おおいにたのしませてもらいました。
    「Number1000」のトークイベントとして
    4月に開催を予定していたラグビートークを
    オンライン配信することにしました。
    ラグビーワールドカップ2015に出場した
    元日本代表の真壁伸弥さんと、
    『Number』で数々の文章を書いている
    スポーツライターの生島淳さん、
    にわかラグビーファンの糸井重里はそのまま。
    そして、あらたにスペシャルゲストとして
    ラグビーワールドカップ2019に出場した
    日本代表の
    中村亮土選手(サントリーサンゴリアス)
    にも登場いただけることになりました。
    生中継を見るためのチケットは
    1,100円(税込)、
    7月28日(火)午前11時から
    販売をはじめます。

    詳細はこちら

  • 『Number』1000号と、
    特製クリアファイルをセットで販売中!

    「Number1000」のイベントのために制作した
    限定グッズの特製クリアファイルを
    『Number』1000号と
    セットで販売しています。
    人差し指を立てたイチローさんの
    表紙が印象的な『Number1000』では、
    創刊1000号記念特集として
    「ナンバー1の条件」をテーマに、
    イチローさんがナンバー1への想いを語る
    ロングインタビューが掲載されます。

    特製クリアファイルは全3種類。
    1000冊ある『Number』の表紙から、
    「野球」「サッカー」「女性アスリート」の
    3つのテーマでわけたクリアファイルを
    このイベントのために作りました。
    これまでに『Number』の
    表紙を飾ったアスリートたちの
    生き生きとした表情が並びます。
    3つとも、A4サイズの紙がちょうど収まる
    220mm×310mmの大きさです。

     

    販売ページはこちら