なにもかもが
「これまで通り」ではいかなくなったこの1年。
演劇界でもさまざまな試行錯誤があり、
それはいまもなお続いています。
お芝居の現場にいる人たちは
この1年、どんなことを考えてきたのか、
そして、これからどうしていくのか。
まだまだなにかを言い切ることは難しい状況ですが、
「がんばれ、演劇」の思いを込めて、
素直にお話をうかがっていきます。

第1回目にご登場いただくのは、
俳優の八嶋智人さんです。
演劇を主に取材するライター中川實穗が
聞き手を務めます。

>八嶋 智人さんプロフィール

八嶋 智人(やしま のりと)

1970年生まれ。俳優。
1990年に劇団「カムカムミニキーナ」(主宰・松村武)の旗揚げに参加。
以来、ほとんどの劇団作品に出演している。
劇団の看板俳優としてはもちろん、映画、テレビドラマ、舞台、バラエティと多方面で活躍中。
現在、テレビは、NHK Eテレ「チョイス@病気になったとき」、BS朝日「百年名家」にレギュラー出演中。
舞台は、2月1日(月)から17日(水)まで東京・新橋演舞場にて、2月21日(日)~27日(土)まで大阪・南座にて、松竹『喜劇 お染与太郎珍道中』(作:小野田勇、演出:寺十吾)に出演。

  • 八嶋さんが渡辺えりさんと主演する舞台
    『喜劇 お染与太郎珍道中』は
    2021年2月1日から2月27日まで上演中です。