>野田秀樹さんプロフィール

野田秀樹(Hideki Noda)

劇作家・演出家・役者。
東京芸術劇場芸術監督、多摩美術大学教授。

1955年、長崎県生まれ。
東京大学在学中に「劇団 夢の遊眠社」を結成し、
数々の名作を生み出す。
92年、劇団解散後、ロンドンに留学。
帰国後の93年に演劇企画製作会社
「NODA・MAP」を設立。
演劇界の旗手として、国内外を問わず、
精力的な活動を展開。
09年10月、名誉大英勲章OBE受勲。
09年度朝日賞受賞。11年6月、紫綬褒章受章。

前へ目次ページへ次へ




偶然の出会いが自分。

★この回は、『Q』の内容に触れている部分があります。

糸井
「ライフ・オブ・パイ──トラと漂流した227日」
って映画観た? 
インドの子がトラと漂流する話なの。
そんなにヒットしたわけじゃないけど。
野田
観てない。
糸井
俺もそんなもんかなと思って
観てなかったのよ。
‥‥すっごくおもしろい。
野田
なんとなく俺の『赤鬼』っぽいなと思って。
予告編しか観てない。
糸井
それは当たってると思う。
あのね、いわば、仏教説話です。
だけど監督にそこにまとめたくない
気持ちがあるもんだから、
野田くんと同じで、回想を複雑にしてるの。
「そういう経験をした人から劇作家が話を聞く」
っていう体(テイ)になってて。
野田
ああ、なるほど。
糸井
説話を語ってる人と、それを取材してる人がいて、
「これ、実話なんだけど、日本の保険会社が
信じてくれないんだよ」
「いや、その話、おかしいけど」って。

野田
そんなふうになってるの?
いいよ、観る。言わないで(笑)。
糸井
うん、見て。なんかちょっと良かったの。
その構造が『Q』に似てる気がしたんだよね。
野田
それは似てるかもしれない。
ぼく、『Q』は『赤鬼』と構造が似てるかも、
と思って書いてる。
糸井
やっぱりそうか。
野田
最初のはじまりがあって、回想があって
‥‥というね。
で、今回は回想だけで作りたくなかったんで、
回想してるところに自分がワッと入り込んで、
妄想状態になって、
自分がどこにいるかわからないようにしたんです。
糸井
整合性があるところとないところを、
区切ったりつなげたりしてるじゃない?
あれ、やっぱり短い時間じゃ作れないよね。
野田
そこはそうですね。
糸井
自分の中に、
お客さんとしての目もあるんだよね。
野田
綱渡りがどのくらい許容されるかとか、
けっこうドキドキするんですよね。
ちょっと書いてみては
「ここまでやってしまってはダメかも
‥‥直そう」とか。
糸井
だけど最終的には
「直しておいてよかった」ってこと
だらけになるんでしょ、きっと?
野田
それもあるし、やっぱり
「あそこカットしなくてもよかったかな」
もありますね。
昔だったら消しゴムで消せば終わりだったけど、
最近はパソコンに残るから。
糸井
だから、かえって仕事が遅くなるんですよね。
「もっとやればできるのに」が増えすぎちゃう。
だから俺はいま、
そんなふうに手離れが悪くなることが、
個性を消すような気がしてて。
野田
消しゴムで消しちゃえば、もうね。
糸井
未練がなくなるから。
野田
井上ひさしさんがよく言ってたのが、
「パソコンでやると台詞が長くなる」。

糸井
そうかもしれない。
野田
だから井上さん、一時期パソコンにしてたけど、
手書きに戻ったのかな。
ぼくも最初、鉛筆で書いてたから、
井上さんが
「これで鉛筆削るといいよ」って
小刀をくれたんです。
それが遺品になりましたけどね。
井上さんはたぶん、
俺が最近パソコンで書いてるとは
思ってなかった(笑)。
だけど、やっぱり使っちゃうんですよ。
糸井
井上さん、原稿を切り貼りしてたもんね。
野田
そうそう。
あと井上さんは仕事場に、いろんな資料を
バーっとひろげるんですよね。
糸井
これはぼくの話だけど、
ぼくも家の中で本とかをいろんな場所に‥‥。
野田
置いてっちゃう?
糸井
そう。正直言って、ぼくにとって
「散らかす」は仕事のうちなんです。
つまり、偶然の出会いを無理につなげることが
ぼくの仕事だから。
理由もまあ、説明できるんだけど
‥‥妻にはできない(笑)。
野田
そうですよね。
糸井
実はそこがいちばん見えない戦い
なんだけど。
つまり、おれは佐藤可士和じゃないから、
整理整頓したら、
「自分」がいなくなるんだよ。
野田
ははは(笑)。
糸井
で、野田さんが書くときもきっと、
偶然に身を任せるようなところがあって、
「これがあってよかった」だらけで
やってるわけですよね?
野田
そうですね。
カフェで一日書いたあと、歩いて家まで帰るんですけど、
帰る途中に
「いま書いておかないと、絶対忘れちゃう」
ということがあるんです。
糸井
あるあるある。
野田
だから夜道に鞄を置いて、その場で書く(笑)。
きっとすっごい不審者に思われてるけど、
そのときの考えがものすごく大切なんです。
糸井
ぼくは若いとき
「忘れちゃうようなアイデアは
大したことないものだから、捨てる」
って豪語してたわけ。
だけどそれ、嘘だよね。
野田
そんなことしたらだめですよね。
「あーっ、いま、いいこと思いついてたのにーっ!
なんだっけなんだっけ‥‥」
って、そのくらい大事。
糸井
それを素直にメモするようになったのって、
何歳くらいですか?
野田
でも、けっこう早い時期からです。
糸井
書く量が多いわけだもんね。
ぼくは30代半ばくらいだと、まだ書かなかった。
意地を張ってた(笑)。

野田
どうだろう、30‥‥うーん、
もうちょっと後かもしれないですね。
糸井
そういう「偶然を呼び込む」とか、
「歩いてた行きがかり上」とかって実は、
「自分というものはそこにしかない」
みたいなところがありますよね。
もとを辿れば、やりたいことなんて
そんなにたくさんはない。
でも、歩き方は、
いろいろおもしろくできるわけだから。

(つづきます)

2019-11-28-THU

前へ目次ページへ次へ
  • <NODA・MAP 第23回公演>
    Q
    A Night At The Kabuki
    Inspired by A Night At The Opera

    作・演出 野田秀樹
    音楽 QUEEN

    東京公演/東京劇場プレイハウス
    2019年11月9日(土)- 12月11日(水)
    ※全公演、当日券を販売しています。

    <CAST>
    松たか子 上川隆也
    広瀬すず 志尊淳
    橋本さとし 小松和重 伊勢佳世 羽野晶紀
    野田秀樹 竹中直人 ほか

     謎が謎を呼ぶ“4人のロミジュリ”の話。
    流れる音楽はQUEENの
    「A Night At The Opera」からのもの。
    さらには平家と源氏まで‥‥。
    ぜひ、劇場でおたのしみください。

    ▶︎くわしくは『Q』スペシャルサイトへ。
    https://www.nodamap.com/q/introduction/