「あの歌は、いったいどうやってつくっているんだろう?」
糸井重里は、中島みゆきさんについて、
かねがねそんなふうに言っていました。
「すごいよなぁ。話す機会があったら、訊いてみたいなぁ」って。
じっさいはなかなか腰を据えて会う機会がなく、
また、みゆきさんもメディアで多くを語らない。
そんななか、9年ぶりに実現したこの対談では、
ニューアルバム『CONTRALTO』を軸に、
いくつかの楽曲を解体するように、
「中島みゆき」という音楽家について探求していきます。
‥‥って、すっごくマジメな感じですけれど、
(もちろん、マジメなんですけれど、)
2時間15分におよんだこの対談中、
なんども、ふたりの笑い声がひびいていました。
そんな笑い声もまるごと、全10回で、おとどけします。

*この対談は、本とマンガの情報誌
『ダ・ヴィンチ』との共同企画。
「ほぼ日」と『ダ・ヴィンチ』、
ふたつの編集バージョンを、
それぞれ、掲載しています。
2020年2月6日発売の『ダ・ヴィンチ』3月号も、
どうぞ、あわせてお読みくださいね。

司会:藤井徹貫
写真(糸井重里):冨永智子
協力:稲子美砂(ダ・ヴィンチ)/横里隆(上ノ空)

(株)ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス 出版許諾番号 20026 P
(許諾の対象は、弊社が許諾することのできる楽曲に限ります。)

 

>中島みゆきさんのプロフィール

中島みゆき プロフィール画像

中島みゆき(なかじまみゆき)

北海道札幌市出身、シンガーソングライター。
1975年「アザミ嬢のララバイ」でデビュー。
同年、世界歌謡祭「時代」でグランプリを受賞。
76年アルバム「私の声が聞こえますか」をリリース。
現在までにオリジナル・アルバム42作品をリリース。
アルバム、ビデオ、コンサート、夜会、
ラジオパーソナリティ、TV・映画のテーマソング、
楽曲提供、小説・詩集・エッセイなどの執筆と幅広く活動。
日本において、70年代、80年代、90年代、2000年代と
4つの世代(decade)でシングルチャート1位に輝いた
女性アーティストは中島みゆき、ただ一人。
詳細なプロフィールは公式サイトをどうぞ。

前へ目次ページへ次へ

第7回 ティラジョ。

糸井
じつは僕も個人的にミネラルが好きなんだ。
中島
おや!
糸井
ミネラル博に行ったりとか、
自分で妙な石だとか化石だとかを
所有したがるんですよ。
中島
私も子どものときから好きでした。
糸井
あなたもですか!
中島
鉱物見本ってあるでしょ。
うっとりしますよね。
糸井
そうなんです!
中島
(深いため息)「あぁ~‥‥」って。
蟻んこの頭ぐらいしかなかったりするんですよね。
「どこに?」つうぐらいの大きさ。
糸井
そのバリエーションの中に虫入り琥珀だとか、
ルチルクォーツが入ってたり、
あるいは占い師たちの好きな
水晶の中に何かを感じるだとか、そういうのが入ったりね。
僕は男だから化石側にちょっと行くの。
中島
あ、なるほど。やっぱり生き物のほうへ。
私も今でも売場に行って、
うっとりして眺めてますよ。
糸井
ちょっと、自慢していい?
待ってて(デスクに何かを取りに行く)。
‥‥これ。
手で普通に触ってもいいです。
中島
あ、牙だ!
糸井
これはティラノサウルスの牙。
中島
え? 素敵!
糸井
昔、手に入れて、
いずれはペンダントにしようと思ってたんだけど、
それじゃ、強い人みたいじゃないですか。
ちょっと違うなと思って、そのままなんだけど、
そしたらですね、さきおとといかな、
もっとでかい牙を見つけてしまって。
中島
おや。
糸井
家庭には内緒で、もうすぐ到着するんです。
7センチらしいんです。
中島
おおお。これがねぇ、生えてたのねぇ~。
糸井
6600万年ぐらい前に、
これが生えてた人がいたんだね。
多分これは子どもなんですけど。
中島
小っちゃいもんねぇ。
糸井
ギザギザがついてるでしょ?
パン切り庖丁みたいになってる。
中島
あ、本当だ。
素敵。パン切り庖丁。
私、ティラノ好きです。
ティラジョです!
糸井
ティラノは格がね。
王ですからね。
中島
最終形ですから。
糸井
もっと強い恐竜とかいても、
王はティラノなんです。
中島
そうなんです。
毛が生えてたんですよね。
わぁー、わぁ、いいな。
ありがとうございます、大変なものを。
糸井
三葉虫とかだと、
時間的には古生代(5億7500万~2億4500万年前)
まで遡れるんですよ。
「こいつが2億何千年前にいたんだな」って思うと、
ちょっと気が遠くなるじゃない?
その気が遠くなるのを味わうには
三葉虫というのはとってもいいんですけど、
三葉虫自身が、そのう、
ダンゴムシみたいなものだから‥‥
中島
ダッ、ハハハハ。
糸井
あまり憧れられないんです(笑)。
中島
そうなのね。
糸井
ティラノサウルスの6600万年前に比べたら、
三葉虫、格上なのよ、時間的には。
でも、こっちのほうが憧れられる(笑)。
中島
思い入れするにはねぇ、こっちなんです。
糸井
ティラノはね。
中島
ええ。
糸井
いや、うれしいです(笑)。
中島
ティラノはいっぱい旅してるんですよねぇ。
ちょっとずつ大きくなって、
やっとあそこまで行ったんですよ。
糸井
日本にも似たようなやつがいたんですよね。
中島
そうそう。
恐竜の歌も書きました。前に。
『昔から雨が降ってくる』。

中島
昔、私たちも恐竜だったかもしれない。
糸井
いや、そうなんだ。本当にそうなんだよね。
中島
ね。
糸井
ああ、「本当にそうなんだよね」を
わかってもらえたときのうれしさ!
中島
ね。ヘヘヘヘヘ。
糸井
でも、石までは遡るの難しいの。
中島
デッ、ヘヘヘ。
糸井
やっぱりね、生きてないっていう、
つまり無機物に対しては、
共振するって難しいんですよね。
でもね、ちょっとあるんですよ。
そのどこかで石ころも自分も、
たどったら同じだったっていうね。
実際に巨石信仰みたいなものあったわけだし、
人の中には組み込まれてるのかもしれないけれど、
ただ、歌にした人は、
あんまり‥‥いないと思うよ(笑)。
さざれ石、以外に(笑)。
中島
フフフフ。
糸井
これ、ささやかな真実の歌だからね、最終的には。
中島
小っちゃいものなんです、はい。
糸井
ささやかでも、ささやかでなくても、
真実ならば価値は一緒だから。おそらく。
おもしろいことしてるなぁー!

2020-02-12-WED

前へ目次ページへ次へ
  • 過去のコンテンツ

    「中島みゆきさん、おひさしぶり。」

    「中島みゆきさんとの、遊び時間。」

    『CONTRALTO』

    2020年1月8日発売
    定価:3,000円(本体価格)+税

    ■特典ありCD
    ■特典なしCD
    ■アナログレコード

    【収録曲】
    1. 終(おわ)り初物(はつもの)
    2. おはよう
    3. ルチル(Rutile Quartz)
    4. 歌うことが許されなければ
    5. 齢(よわい)寿(ことぶき)天(そら)任(まか)せ
    6. 観音橋(かんのんばし)
    7. 自画像
    8. タグ・ボート(Tug・Boat)
    9. 離郷の歌
    10. 進化樹
    11. 終(おわ)り初物(はつもの)(TV-MIX)
    12. 観音橋(かんのんばし)(TV-MIX)
    全12曲
    *TV-MIXはカラオケです

    ▶︎アルバム全曲トレーラー

     

    中島みゆき 2020 ラスト・ツアー『結果オーライ』

    夜会VOL.20「リトル・トーキョー」