これからの自分の道のりを思うとき、
直面して困ることが、おそらくあるだろう。
いま話を聞いておきたい人は誰?
伊藤まさこさんの頭に浮かんだのは糸井重里でした。
大切な人を亡くしたとき、どうする?
からだが弱ってきたら、どうする?
なにをだいじにして仕事していく?
この連載では、伊藤さんが糸井に、
訊きたいことを好きなだけ訊いていきます。
読み手である私たちは、ここで話されたことが、
自分ごとになってスッと伝わってくるときに、
取り入れればいい。
そんな意味を入れたタイトルにしました。
長い連載になりそうです。
どうぞゆっくりおたのしみください。

おしゃべりの場所
ヨシカミ(浅草)

写真
平野太呂

>伊藤まさこさん プロフィール

伊藤まさこ(いとうまさこ)

スタイリスト。
おもな著作に
『おいしいってなんだろ?』(幻冬舎)、
『本日晴天 お片づけ』(筑摩書房)
『フルーツパトロール』(マガジンハウス)など。
「ほぼ日」でネットのお店
weeksdaysを開店中。
エッセイ、買物、対談など、
毎日おどろくような更新でたのしさ満載。

> 糸井重里 プロフィール

糸井重里(いといしげさと)

コピーライター。
WEBサイトほぼ日刊イトイ新聞主宰。
株式会社ほぼ日の社長。
おもなコピー作品に
「おいしい生活。」(西武百貨店)
「くうねるあそぶ。」(日産)など。
ゲーム作品「MOTHER」の生みの親。

前へ目次ページへ次へ

伊藤
あ、プリンが来た。
なんてかわいい。
糸井
かわいいな。
俺も食べればよかったな。
次、来たときに。

伊藤
はあぁ、これから糸井さんに
「御札」をたくさんもらえるのが
すっごくたのしみになってきました。
きっと、ご本人が知らないうちに
出す御札があるかもしれないですね。
受け取る人が勝手に
「あ、これは御札だ」と思ってしまうような。
糸井
それで思い出したんだけどね。
ほぼ日にいただいたメールで、
学校で掃除してたら、
先生に「君はお掃除が上手だね」って
言われたことがある、
というものがありました。
「えらいね」「立派だね」というんじゃなくてね。
先生のその言い方が、
すごく励みになりました、と。
伊藤
ああ。
糸井
先生はきっとほんとうに
「掃除が上手だ」と思ったのでしょう。
言われたほうも、
それがちゃんと聞こえていた。
伊藤
私はちいさいときに絵を習ってて、
その先生のことがすごく好きでした。
いまのお話とは逆の言い方なんですけど、
「上手に絵を描くね」じゃなくて
その先生は「いい絵、描くね」とだけ言うんです。
それが私にとってはすごくよかったです。
糸井
絵の教室で「上手に」というと、
そのまた上の技術がある、というふうにも
思ってしまうものね。
伊藤
たとえば「幸せな結婚」という場合も、
団らんのような型を思い描いたりしますよね。
「上手な絵」も、なにかひとつの理想があって、
そこに向かって言ってるような気がする。
そういうのって、すごく不思議だと思います。
糸井
ちいさい頃からそう思ってたの?
伊藤
へんに褒められたりすると、
「ん?」と怪しんでました。
なにかもっと言いようがないのかな、と。
糸井
(笑)そうだよね。
「幸せ」という言葉は特にそうだけど、
そこからはなにも進まないんですよ。
よく幼稚園の子たちが描く絵がありますよね、
チューリップが咲いていて、
お家があって、犬がいて。
幸せはおそらく、あれ以上は出ない。
伊藤
それよりもさっき糸井さんがおっしゃった
退屈しないように、のほうがすごいと思います。
幸福になれ、と言われるよりも、
退屈しないようにしたら? と言われるほうが
私にはよくわかります。
糸井
でも、まさこさんはぜんぜん退屈してないでしょう? 
ほぼ日にもそういうスタッフが多くて、
それはいいことだと思う。
心が動いてるってことだもん。
伊藤
そうですねぇ。
糸井
心が動くというのは、
けっこう重要なことでさ。
つまり、心って止まるからね。
伊藤
どういうときに止まるんですか?
糸井
どんよりしてるときかな。
どんよりしてるときは、
心が止まってるんだと思うよ。
伊藤
そうかぁ。
糸井
なんにも感じないようにしたい、
ということも、たまにはあると思う。
伊藤
皮膚が敏感になってて
さわってほしくない、ということはあります。
それが、心が動いてないときなのかも。
糸井
心が動いてるか、ってのがだいじだよ。
まさこさんがすごいと思うのは、
これだけ大人で、
やりたい仕事をやりたいだけやって、
みんなが憧れてるのに、ほら、
赤くなるじゃないですか。
伊藤
いま炭水化物を食べたからですよ(笑)。

糸井
俺もうね、それが大好き。
みんなもまさこさんのそこが、
大好きだと思う。
男でも女でも。
伊藤
そうなの? 赤くなったのはバレてる? 
糸井
それはやっぱり、
心が動いてるということだと思います。
伊藤
赤くなることが?
糸井
うん。
心は本部だからさ。
心が動けば、血のまわりがよくなって、赤くなる。
すばらしいことです。
伊藤
でも私のは、ただの体質ですよ。
糸井
いいですよ、体質でも。
好かれる体質です。
※ほぼ日にいただいたメールの内容を
糸井の体験と思い込んで編集していた部分があり、
公開後に修正いたしました。

(明日につづきます)

2019-08-13-TUE

前へ目次ページへ次へ