なにもかもが
「これまで通り」ではいかなくなったこの1年。
演劇界でもさまざまな試行錯誤があり、
それはいまもなお続いています。
お芝居の現場にいる人たちは
この1年、どんなことを考えてきたのか、
そして、これからどうしていくのか。
まだまだなにかを言い切ることは難しい状況ですが、
「がんばれ、演劇」の思いを込めて、
素直にお話をうかがっていきます。

第2回目にご登場いただくのは、
脚本家・演出家の末満健一さんです。
2.5次元舞台の人気作品である
舞台『刀剣乱舞』シリーズの
脚本・演出でも知られる末満さんは、
コロナ禍の中の演劇である挑戦をされました。
演劇を主に取材するライター中川實穗が
聞き手を務めます。

撮影:タケシタトモヒロ

>末満 健一さんプロフィール

末満 健一(すえみつ けんいち)

1976年生まれ。脚本家・演出家・俳優。
2002年、演劇ユニット「ピースピット」を旗揚げし、大阪を中心に活動。
2011 年以降、活動の場を東京にも広げ、現在に至る。
主な作品に、舞台『刀剣乱舞』シリーズ、
舞台「鬼滅の刃」シリーズ(以上、脚本・演出)、
TV アニメ『ボールルームへようこそ』(シリーズ構成・脚本)など。
2009 年より発表している演劇オリジナル作品「TRUMP シリーズ」は、
演劇公演のほか小説やコミカライズ
(「ヤングエース」にて連載中)もされている。

2021年6月27日まで、IHIステージアラウンド東京にて
舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 -大坂夏の陣-(脚本・演出)を上演中。
2021年夏には舞台「鬼滅の刃」新作(脚本・演出)を上演予定。

前へ目次ページへ次へ

第1回 業界の悲壮感がすさまじくて。

――
末満さん、今日はよろしくお願いします。
末満
はい、よろしくお願いします。

――
私は、2020年の秋、
末満さんが演出・監修を務められた作品に
パンフレットのライターとして
関わらせていただいたのですが、
そのときに見た
「コロナ禍の中で演劇をつくる現場」が
とても心に残ったので、
今回ぜひお話をうかがいたいと思いました。
末満
わかりました。
――
昨年の2月から今日まで、
末満さんは3作の公演の脚本・演出を手掛けられました。
まず、’20年7月から8月にかけて上演され、
末満さんが脚本・演出を手掛けられた
「科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花
改変 いくさ世の徒花の記憶」(※1)、
これは、当初初夏に上演する予定だった
「舞台『刀剣乱舞』綺伝 いくさ世の徒花」
が中止となってうまれたものです。
上演期間を短縮し、
さらに新形態での上演となりましたね。

(※1)
末満さんが2016年の初演から手掛けている
舞台『刀剣乱舞』シリーズは、
シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』
を原案にした2.5次元舞台。
2.5次元舞台の中でも特に人気が高く、
新作を待ち望むファンは多い。

末満
そうですね。
あの作品はもともと6月に開幕して、
地方公演も行う予定だったんですが、
新型コロナウイルスの影響で
「公演ができない」という話になりました。
でもそれは「そのままの形ではできない」というもので。
「朗読劇など、飛沫感染防止に配慮した別の形で
なんとかできないか」
という製作側からの相談があり、
いろいろと模索した結果ああいう形態になりました。

「科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』いくさ世の徒花の記憶」より 「科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』いくさ世の徒花の記憶」より

――
最終的に仕上がったものは、朗読劇ではなく、
ソーシャルディスタンスも保つし、
役者同士もあまり向き合わないけれども、
会話もあって、芝居もして、
殺陣もしっかりあるという作品でした。
末満
最初に「朗読劇」と相談されたときに、
なぜ朗読劇なのかと聞いたら、
「ソーシャルディスタンスを保たないといけないから」
ということだったので。
「ソーシャルディスタンスを保ちながらでも、
おもしろい演劇はつくれるので、
朗読劇は勘弁してください」と言いました。
ソーシャルディスタンスを
取らなきゃいけないから朗読劇、
という選択肢が、
僕にはどうにも場凌ぎのための
後ろ向きな方法に思えてならなくて。
それで「科白劇」という
ありもしないジャンルをでっちあげました。
――
劇中で、
「科=しぐさ」「白=せりふ」
というふうに説明されていましたね。
末満
わかりやすく言うと
「ソーシャルディスタンス演劇」ですね。
――
少なくとも今までの
舞台『刀剣乱舞』シリーズにはなかったし、
他でもあまり観ないカタチだったと思いますが、
そこを考えるのは大変ではなかったですか?
末満
でも、まぁ、演劇って常に
不自由さと向き合う中で
生まれてきたり洗練されてきたりしたものなので。
だから、これはこれで、
おもしろいものになるだろうなっていうのは、
最初からもう思っていましたね。
――
動きを取れ入れたかったのは、
舞台『刀剣乱舞』シリーズの
見どころのひとつが殺陣だったからですか?
末満
それもありますね。
朗読劇で本を持ちながら刀は振れませんから。
あと僕が個人的に、
朗読劇というものをあまり
おもしろいと思えたことがなかったから
というのも大きいです。
――
「おもしろいもの」をつくりたかった。
末満
とにかくそれに尽きます。
あの状況下でしたから、
お客さんはもしかしたらどんなものをやったとしても、
「コロナだからしょうがないよね」って
やさしく観てくださるかもしれない。
でも、世情の空気に甘えることなく、
今だからこそできる
おもしろいものを届けたいという気持ちがありました。

――
ただ、この作品は開幕が2020年7月16日で、
これほど大規模な2.5次元作品が
お客さんを入れて上演すること自体が
かなり久しぶりのことでした。
そこで実験的なことをするのは怖くなかったですか?
末満
そうですね。
緊急事態宣言で、
公演規模の大小にかかわらず
ほとんどの公演が中止に追い込まれて、
舞台『刀剣乱舞』ほどの規模の興行としては、
業界が停止してからの
「再開一発目」と言われていました。
だからいろんな演劇関係者からも、
「このコロナ禍でどうやるんだ」
と注目もされていたようで、
責任重大だなと思っていました。
――
重いムードがありましたもんね。
末満
演劇って通常、
1ステージ公演中止になるだけでもおおごとなんです。
だからもう、あの中止、中止のオンパレードは
悪夢の中にでもいるような感覚で。
「来年には終息する」「いや2~3年はかかる」
「いや10年かかっても終息しない」
みたいに情報も錯綜していて、
「もうこの先、演劇を普通にやれる
世の中は戻ってこないんじゃないか」
と絶望的な気持ちに何度もなりました。
舞台『刀剣乱舞』も、
東京公演がまるまる中止になって、
地方公演もなくなって、
当初の「東京凱旋公演」の日程で、
「科白劇」としてなんとか幕を開けることができました。
だからと言って、安心はできませんでしたね。
業界の悲壮感がすさまじくて、あの時期。
――
はい。
末満
中止、中止、中止で、
さらにSNSの副産物で、
その悲壮感まで共有されてしまう流れになりました。
「中止になる」「中止になった」「悲しい」「悔しい」って。
そういう、ことさら悲壮感が強調される状況でしたが、
芸術ってそういうところから人間を救うものとして
存在してきたと思うんです。
だから、今こそ、演劇のみならず、
音楽とか、絵画とか、さまざまな芸術が
本領を発揮するときなんじゃないかな
と思っていました。
コロナでたくさんの方が亡くなり、
僕たちはそういった方々の冥福を
祈らなければなりませんし、
現在進行形で戦っている人たちに、
心を寄せなければなりません。
ですが、キルケゴールの言葉ではありますが、
絶望もまた死に至る病です。
だから芸術が人々に希望を見せなければならない、と。
――
そういう意味でも、
「科白劇」というあたらしい形にしたかったんですね。
末満
はい。あとは、
今はわかりやすいメッセージを
世間に届けることも大事なんだろうなと思って、
タイトルも「変えさせてください」とお願いして、
科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』
綺伝 いくさ世の徒花
改変 いくさ世の徒花の記憶
にしたんですよ。
打ち消し線も含めてタイトルなんですけど、
長くてややこしすぎて、
宣伝周りのスタッフさんをだいぶ困らせました(笑)。
――
(笑)。
話は少し戻りますが、
まだ無観客上演も多かった7月のタイミングで、
お客さんを入れて上演する人気公演の
演出を手掛けるって、
「クラスターを出したら大変なことになる」
というようなプレッシャーはありませんでしたか。
末満
その不安や可能性はどうしても払拭できないですよね。
でも、現場では、
厳しいガイドラインが守られていましたし、
感染予防対策なども徹底していました。
稽古場はこれでもかというくらい加湿されていて。
――
ウイルス飛沫は、湿度が上がることで
飛びにくくなると聞きました。
末満
それですごく大きな加湿器を何台も置くものだから
ゲームの『サイレントヒル』みたいに、
稽古場が霧に包まれていました(笑)。
――
そんなに(笑)。

末満
それ以外にも、
毎朝、各自体温をチェックして、報告して、
37度を超えていたら「稽古場には来ないでください」と。
37度2、3分でも、来るのは禁止。
感染予防対策に関しては、
あれもこれもそれもと、やりすぎなくらい、
いろいろやってくれていました。
制作さんの、
「公演とカンパニーを絶対に守るんだ」
という覚悟をすごく感じてありがたかったですし、
だからこそ僕たちは
稽古場で創作活動することができました。
――
結果的に陽性患者は出ずに千秋楽までいきました。
その2週間後も、陽性患者は出ませんでした。
末満
はい。
初めてのコロナ禍での公演だったので、
公演終了後の2週間は気が気ではなかったです。
「陽性者は出なかった」という報告を聞いたときは、
ほっとしましたね。

TBS開局70周年記念
舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 -大坂夏の陣-
【日程】2021年4月11日(日)〜6月27日(日)
【劇場】IHIステージアラウンド東京
【公式HP】https://stage-toukenranbu.jp/natsu/index.html

(つづきます)

2021-06-03-THU

前へ目次ページへ次へ