2020年の年末、ほぼ日は
神田の町に引っ越してきました。
はじめてのこの町をもっと知りたいし、
もっと知ってほしいと思っています。
そこで、日本全国のすべての市町村を回った
若き写真家、かつおさんこと仁科勝介さんに
神田の町を撮ってもらうことにしました。
自由にやってください、かつおさん。

>かつおさんのプロフィール

かつお|仁科勝介(にしなかつすけ)

写真家。1996年岡山県生まれ。
広島大学経済学部卒。
2018年3月に市町村一周の旅を始め、
2020年1月に全1741の市町村巡りを達成。
2020年の8月には旅の記録をまとめた本、
「ふるさとの手帖」(KADOKAWA)を出版。
写真館勤務を経て2020年9月からは独立。

前へ目次ページへ次へ

#097

氷の上のハクセキレイ

雪が積もった翌朝、
神田錦町からほど近い、皇居東御苑の周辺を歩いた。
近代的なビルと、昔ながらのお堀、石垣が隣接する風景は、
普段なら不思議というか、特徴的だけれど、
この日の朝は互いに同じ色に染まることによって、
ひっそり息をひそめ、見つめ合っているようだった。

それにしても、お堀も凍るのだなあと、
予想していなかった現象に驚いた。
ぷかぷかと氷のかけらが浮かんでいたり、
スケートリンクのように、
一面に氷が張られていたり、
何種類かの氷たちが誕生していた。
しかし、あと数時間もすればみな溶けてしまうのだから、
自然の美しさはせっかちである。

お堀を離れようとしたときだった。
チュルン。お堀の氷の上に、
一羽のハクセキレイが飛んできた。
ちいさな体と同じ形の影が、氷の上に映っている。

冷たいからだろうか、楽しいからだろうか。
ハクセキレイは氷の上を、
チュン、チュン、
とは歩かなかった。
チュルルルルン、と、
短距離ダッシュで移動していくのだ。
たったこの瞬間、ピンと張られた氷は、
一羽のハクセキレイのためだけの特設ステージに思われた。
圧倒的な愛おしさが、ぼくの心を支配したのだった。

やがて、飛び去ってしまった。
でも、きっと巣に戻ったら、
「お堀の氷、よかったよ!」と、
家族や仲間に笑顔で報告したに違いない。
ハクセキレイの言葉を聞けたらすぐにでも、
証明できると思うなあ。

2022-01-13-THU

前へ目次ページへ次へ