2020年の年末、ほぼ日は
神田の町に引っ越してきました。
はじめてのこの町をもっと知りたいし、
もっと知ってほしいと思っています。
そこで、日本全国のすべての市町村を回った
若き写真家、かつおさんこと仁科勝介さんに
神田の町を撮ってもらうことにしました。
自由にやってください、かつおさん。

>かつおさんのプロフィール

かつお|仁科勝介(にしなかつすけ)

写真家。1996年岡山県生まれ。
広島大学経済学部卒。
2018年3月に市町村一周の旅を始め、
2020年1月に全1741の市町村巡りを達成。
2020年の8月には旅の記録をまとめた本、
「ふるさとの手帖」(KADOKAWA)を出版。
写真館勤務を経て2020年9月からは独立。

前へ目次ページへ次へ

#096

雪の聖橋

神田に着いた頃には雪が積もり始めていて、
狂喜乱舞した。
右、左、左上から右上、足元、
目を移すたびに、
晴れでも雨でも霧でも夜でもない、
銀世界が広がっていたからだ。
心の奥からふつふつと湧き上がるものを感じた。

もし、あなたがオフィスや自宅の窓から、
スマホでも雪景色を撮っていたとしたら、
ぼくが神田を歩く動機も、全くそれと同じである。
見慣れた景色の、いつもと異なる姿。
それをただ、自分の眼で見て、残しておきたかった。

そして、見慣れた世界をアップデートさせることは、
ちいさな変化に過ぎなくても、
自分に対する責任でもあった。
10kmだろうが20kmだろうが、
雪の神田をひととおり歩くことが、
「知る」という点において、
何よりの最優先事項だったのだ。

翌日の早朝も使って、神田全体を歩いた。
おかげで、
神田の雪景色はどのような世界か、
ある程度知れたと思う。
今年、来年、再来年、
いつかまた同じような日があれば、
同じように歩けるといいなあ。
「ある程度知れた」と言ったけれど、
それは1%にすら満たないはずだから。

冬の神田の写真を、5回に分けて紹介したい。
思案した上で、それでも、
1枚で終わるのがもったいなくて。
ネットのスピードに堂々と逆らい、
ぼちぼちゆっくりと、
神田の冬を楽しんでもらえますように。

写真は御茶ノ水の聖橋から見た景色だ。
雪が降っていなければ、
このようには撮っていない。
赤と赤は偶然だった。
それでも、
トリミングもせずこの構図で撮っていたから、
必然だったのかもしれない。
今回、雪の降る神田を1枚だけ選ぶなら、
この写真にすると思う。

2022-01-10-MON

前へ目次ページへ次へ