2020年の年末、ほぼ日は
神田の町に引っ越してきました。
はじめてのこの町をもっと知りたいし、
もっと知ってほしいと思っています。
そこで、日本全国のすべての市町村を回った
若き写真家、かつおさんこと仁科勝介さんに
神田の町を撮ってもらうことにしました。
自由にやってください、かつおさん。

>かつおさんのプロフィール

かつお|仁科勝介(にしなかつすけ)

写真家。1996年岡山県生まれ。
広島大学経済学部卒。
2018年3月に市町村一周の旅を始め、
2020年1月に全1741の市町村巡りを達成。
2020年の8月には旅の記録をまとめた本、
「ふるさとの手帖」(KADOKAWA)を出版。
写真館勤務を経て2020年9月からは独立。

前へ目次ページへ次へ

#004

日本野球発祥の地

ほぼ日オフィスの位置する、神田錦町。
その同じ町内に、
「日本野球発祥の地」と記された碑が存在します。
どうやらピッチャーは右投げ、
握りはストレートでしょうか。
歴史的建造物である、学士会館の敷地内に建てられた碑で、
平成15年から存在するようです。

なぜ、この地が日本野球発祥の地なのかは、
調べると記載されています。
特筆すべきは、ほぼ日オフィスと、とっても近いこと。
どうか是非、オフィスと一緒に立ち寄ってみてくださいね。
日本のプロ野球も、キャンプがはじまりました。
いよいよ球春です。

2021-02-22-MON

前へ目次ページへ次へ