北欧雑貨バイヤーのおさだゆかりさんが、
毎日ひとつ、北欧の旅のコラムをおとどけします。
おさださんが2004年からずっとつけてきた
買い付けの旅の膨大なメモから、365日を構成。
遠くに旅に行くことがかなわないいま、
「いつか行こう!」な気持ちで、
おさださんの長い旅におつきあいください。
このコンテンツは、伊藤まさこさんの
「weeksdays」からうまれたもの。
おさださんから紹介されたことが、
伊藤さんの北欧への興味の入り口となったそうです。

さいしょは、3回にわけて、
オンラインで行われたふたりの対談を。
そのあと、DAY 001からDAY 365まで、
おさださんのコラムがつづきます。
まいにち、ふたりの往復書簡もありますよ!

>おさだゆかりさんのプロフィール

おさだゆかり

山梨県生まれ。
北欧雑貨店「SPOONFUL」店主。
2005年3月21日にオンラインショップとして
「SPOONFUL」を立ち上げ、
現在はオンラインと予約制の実店舗を運営しつつ、
全国各地でイベント販売を行う。
店名の「SPOONFUL」は、
毎日の暮らしにスプーン一杯の幸せなひとときを、
という願いから名付けた。
2019年まで、毎年6月に
「北欧雑貨をめぐる旅」と題した
北欧ツアーを開催し、現地を案内してきた。
著書に『北欧雑貨をめぐる旅』(産業編集センター)、
『北欧スウェーデンの旅手帖―雑貨がつなぐ街めぐり』
『北欧雑貨手帖』
(アノニマ・スタジオ)、
『わたしの住まいのつくりかた
北欧風リノベーションとインテリア』
(主婦と生活社)、
『わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ』
(筑摩書房)、
『北欧 ヴィンテージ雑貨を探す旅』
(産業編集センター)などがある。

●Instagram
●SPOONFUL ウェブサイト

「ほぼ日」では「weeksdays」の「わたしのひきだし。」
「暦帖、わたしはきっと、こんなふうに。」に登場。

前へ目次ページへ次へ

DAY 120

 
ヘルシンキでは
個性的で小さなショップを見て回るのが
たのしみのひとつです。
紙ものの専門店、その名も<PAPER SHOP>も
大好きなショップのひとつ。
デジタル化が進む中、
ポストカードやグリーティングカードをメインに、
かわいい色柄の紙袋や手提げ袋、包装紙などを
展開しています。
印刷物がもともと好きなわたしは、
北欧に通うようになって、それに拍車がかかりました。
ショップカードや紙袋のグラフィックデザインが
どれもすばらしく、
取っておきたいものばかりで、
収納場所に四苦八苦しています。
そんなわたしが大好きなこのお店には、必ず立ち寄り、
ストライプの紙袋や
ネコのポストカード(ネコ好きの友人へ)など、
細々したものを選びます。
物色する間中、
終始ワクワクさせてくれるお店っていいですよね。

 
[28 SEPTEMBER, HELSINKI FINLAND]
▷PAPER SHOP
  • Yukari⇄Masako
    Round-trip Letter 120
  • 紙ものをきちんと保管している
    (しかもきちんときれいに)ゆかりさん。
    本当に好きなんだなぁと感心するばかり。
    いつかコレクションをすべて見てみたいです!
  • masako
  • 紙物コレクションは
    この連載で近々公開できる予定。
    紙物好きの方、ご期待ください!
  • yukari

2021-09-28-TUE

前へ目次ページへ次へ