北欧雑貨バイヤーのおさだゆかりさんが、
毎日ひとつ、北欧の旅のコラムをおとどけします。
おさださんが2004年からずっとつけてきた
買い付けの旅の膨大なメモから、365日を構成。
遠くに旅に行くことがかなわないいま、
「いつか行こう!」な気持ちで、
おさださんの長い旅におつきあいください。
このコンテンツは、伊藤まさこさんの
「weeksdays」からうまれたもの。
おさださんから紹介されたことが、
伊藤さんの北欧への興味の入り口となったそうです。

さいしょは、3回にわけて、
オンラインで行われたふたりの対談を。
そのあと、DAY 001からDAY 365まで、
おさださんのコラムがつづきます。
まいにち、ふたりの往復書簡もありますよ!

>おさだゆかりさんのプロフィール

おさだゆかり

山梨県生まれ。
北欧雑貨店「SPOONFUL」店主。
2005年3月21日にオンラインショップとして
「SPOONFUL」を立ち上げ、
現在はオンラインと予約制の実店舗を運営しつつ、
全国各地でイベント販売を行う。
店名の「SPOONFUL」は、
毎日の暮らしにスプーン一杯の幸せなひとときを、
という願いから名付けた。
2019年まで、毎年6月に
「北欧雑貨をめぐる旅」と題した
北欧ツアーを開催し、現地を案内してきた。
著書に『北欧雑貨をめぐる旅』(産業編集センター)、
『北欧スウェーデンの旅手帖―雑貨がつなぐ街めぐり』
『北欧雑貨手帖』
(アノニマ・スタジオ)、
『わたしの住まいのつくりかた
北欧風リノベーションとインテリア』
(主婦と生活社)、
『わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ』
(筑摩書房)、
『北欧 ヴィンテージ雑貨を探す旅』
(産業編集センター)などがある。

●Instagram
●SPOONFUL ウェブサイト

「ほぼ日」では「weeksdays」の「わたしのひきだし。」
「暦帖、わたしはきっと、こんなふうに。」に登場。

前へ目次ページへ次へ

DAY 119

 
ヘルシンキに着くと真っ先に向かうのが、
ギャラリーショップ <LOKAL (ローカル)>。
フォトグラファーの女性がオーナーで、
若い作家を応援したいとはじめました。
陶器やグラス、白樺を使った手工芸品など、
オーナーのセレクトがとても好きで、
陶器のカップやポット、白樺を使った小物など、
ここに行って手ぶらで帰った記憶がないくらい、
ドンピシャの品揃えなのです。
小さなカフェコーナーでコーヒーを飲みながら、
オーナーとの会話がはじまり、
仕入れたばかりのアイテムのチャームポイントを
教えてくれます。
オーナーの、
作り手や作られたモノに対するあたたかい眼差しが、
このお店の魅力そのものだと、
彼女に会うたびに実感します。

 
[27 SEPTEMBER, HELSINKI FINLAND]
▷LOKAL
  • Yukari⇄Masako
    Round-trip Letter 119
  • レストランも服や雑貨を売る店も、
    最後はやっぱり人。
    「この人に会いたいから、この店に行く」って
    すごくいいなぁと思います。
    好きになるのは、そういう店が多いね。
  • masako
  • それぞれの分野で
    まわりの人を喜ばせようとする店主には
    会いにいきたくなるよね。
  • yukari

2021-09-27-MON

前へ目次ページへ次へ