HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

毎日、トラックで靴を運びながら
夢見たロンドンで、
スタイリストのかっこよさを知る。

数多くのミュージシャンや俳優から
信頼されている
スタイリストの宮島尊弘さんは、
洋服のことも、
スタイリストという仕事のことも、
まるで興味がなかったそうです。
でも、憧れの街ロンドンで、
スタイリストのかっこよさを知った。
専門学校卒業後、古着屋の店員や
トラックの運転手を経て、
今の宮島さんになるまでの道のりを、
お話くださいました。
以前の職場で
よくお仕事をごいっしょしていた、
「ほぼ日」の奥野が担当です。

4

スタイリストというお仕事。

宮島尊弘さんとインタビュアー二人の画像
――
自分の興味がどこにあるかわからない、
という若い人って、
今も昔も、
たくさんいるとは思うんですが‥‥。
宮島
うん。
――
これ‥‥自分自身の実感としても、
やりたいこととか、
自分に向いている仕事が何かって、
はたらくうちに、
見つかっていく気がするんですね。

その点、宮島さんも、
社会に出て、お仕事をするうちに。
宮島
まあ、やってみたら、できたんだよね。
それで、ここまで続けられた。

何度も言っているように、もともとは、
洋服にも、スタイリストにも、
ずーっと何の興味もなかったんだけど。
――
宮島さんの若いころって、
まだ「スタイリスト」と言ったって、
知らない人のほうが、
多かったりしたんじゃないですか。
宮島
そうだと思う、たぶん。
――
でも、今や、ぼくたちは、
あらゆる場面の裏側に
スタイリストという専門家がいると
知ってます。

ぼくらの目に触れるものは、
たいがいスタイリングされていると。
宮島
そうなったんだろうね。
ここ20年とか、それくらいの間に。
絵がかかれた数枚のキャンバスがある部屋の画像
――
宮島さんも、独立して
すでに20年以上経つわけですけど、
スタイリストというお仕事の、
どういうところがおもしろいですか。
宮島
俺の場合、
出だしがミュージシャンだったから。
――
はい、Dragon Ash ですよね。
宮島
ミュージシャンのスタイリングって、
ファッション誌で
モデルに服を着せるときとちがって、
「じゃ、次はこれ着て」
って感じじゃ、絶対ないわけだよね。

(降谷)建志とかもそうだけど、
「これ、どうですか?」って聞いて、
「いいね」
とか
「何か、こっちのほうが好きかも」
みたいなやり取りがあって、
実際に、洋服を着てもらうんだけど。
――
はい。
宮島
ようするにさ、
自分がかっこいいなと思っている人、
そういう人に
「この服、似合いそうだな」だとか、
「この服を着たら、
いつもの感じとはちょっとちがって、
かっこよさそう」
と思って現場に持って行くんだけど。
――
はい。
宮島
その人が
「あ、それいいじゃん!」って言って
実際に着てみて、
「わあ、やっぱりかっこいいわ」
みたいになる、
そういう瞬間には、グッと来るよね。
――
その人が、よろこんでくれる‥‥。
宮島
自分がかっこいいと思ってる人にさ、
自分の感性を認めてもらう、
大げさに言えば、
まあ、そんなような瞬間じゃない。

ああ、スタイリストって悪くないと、
そういうとき、思ったりはするよ。
――
なるほど。
宮島
若いころは雑誌も好きだったけど、
だから今は、
ミュージシャンだとか役者さんを
スタイリングするほうが好き。

その人のことを自分なりに捉えて、
どうすれば、その人のよさを、
もっと引き出せるか考えて、
洋服を選ぶほうがおもしろいから。
――
今まで、スタイリングをしてみて、
印象に残っている人は誰ですか。
宮島
ブランキー・ジェット・シティは
かっこいいよ、やっぱり。

後半、ずっと担当してたんだけど、
年上ってこともあって、
こっちもちょっと、緊張感あるし。
――
洋服を提案するときは、
やっぱり、緊張するものですか。

宮島さんのキャリアがあっても。
宮島
緊張? するよ。するする。
めちゃくちゃ緊張してるよ、毎回。

でも、それはブランキーに限らず、
フィッティングのときって、
いつになっても、緊張感はあるね。
誰に対しても、いつでもね。
宮島尊弘さん画像
――
どう受け止められるだろう‥‥と。
宮島
つまり「この服ぜんぶ嫌だ」とか、
絶対ない話じゃないから。
――
あの、スタイリストさん同士って、
傍から見ていると、
すごく仲良さそうに見えるんです。
宮島
いや、実際みんな、仲いいよ。

わざわざ連絡して会おうってのは
(熊谷)隆志くらいだけど、
街で会っても、よくしゃべるしね。
先輩・後輩とかも関係なく。
――
そうですか。
宮島
嫌だなあって奴は、ほとんどいないよ。
――
宮島さんって、優しいじゃないですか。

後輩からは慕われるし、
仲間からは好かれる人だと思うんです。
宮島
そう?
――
スタイリストの世界も、
当然、かなり厳しいと思うんですけど、
スタイリングの実力はもちろん、
「お人柄」というのも、
ひとつのことを長く続けていく上では、
重要なんだろうなあと。
宮島
最初、嫌な奴だと思われてんだよ、俺。

みんなに言われるんだもん。
最初、しゃべりづらかったとか何とか。
――
ええ、ええ。
宮島
でも、そういう奴が、
いざしゃべったらふつうなもんだから、
印象がよくなるだけじゃない?
――
ぼくは、雑誌の『smart』編集部に、
大学を出たあとに入ったんですが、
はじめての現場が、
宮島さんのロケ撮影だったんです。
宮島
あ、そうなんだ。
――
夏のTシャツ特集で、
カメラマンさんが三宅勝士さんで、
東京中の歩道橋をめぐって、
その上で、
モデルカットを撮るという企画で。
宮島
何それ、めんどくせ(笑)。
そんなのやったっけ。覚えてないな。
――
そのとき、まだ新入社員だったから、
何を着てっていいかわからず、
ひとりだけスーツ姿だったんですよ。

で、ガチガチに緊張してたんですが、
突然、宮島さんが、
「スーツってのはこう着るんですよ」
みたいなことを言いながら、
ぼくのスタイリングを、やり出して。
宮島
あー(笑)。
――
めちゃくちゃイジられまして、
カメラマンさん、ヘア・メイクさん、
モデルさん、ロケバスさん、
他のスタッフさんたちも、大爆笑で。

こっちは、ただの新入社員ですから、
「怖い!」と、
「俺は、いつかこの人に殺される!」
くらいに震え上がってたんです。
宮島
え、スーツを直してるんでしょ、俺。
親切に。
――
そうなんですけど‥‥
白いシャツの襟を立てたりですとか、
明らかに遊んでるんです。
宮島
別に怖いこと何にもしてないじゃん。
――
正直言って、顔が怖かったんですよ。
タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター(宮島尊弘/MIHO/降谷建志)
▲いちばん左が宮島さん。
タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター(宮島尊弘/MIHO/降谷建志)
宮島
あー‥‥そうだよね、わかる。
当時は必要以上にサングラスかけてた。
――
でも、後から考えたら、
あれは、新人の緊張をほぐそうという、
宮島さんの優しさだったのかな、と。
宮島
まあ‥‥そうなのかな(笑)。
――
その後も、
一緒にお仕事をさせていただくうちに、
だんだん、
すごく優しい人だとわかってきまして。

つまり、お人柄というのも、
宮島さんにお仕事をお願いしたくなる、
大きな要素だと思ったんです。
宮島
ああ、そうですか。
何というか‥‥ありがとうございます。
宮島尊弘さん画像
(おわります)