ほぼ日曜日

ほぼ日曜日

開催中

草野マサムネ×junaida
ひみつストレンジャー展

期間2024年3月15日(金) -
2024年4月21日(日)
場所ほぼ日曜日(渋谷PARCO8階)
時間11:00〜20:00
入場料800円(小学生以下無料)
備考
◯当日会場にて受付いたします。
◯事前予約制ではございません。
◯最終入場は19:30です。
◯再入場はできませんので、ご注意ください。
◯本展の巡回はございません。
◯会場内は飲食禁止です。

シェアする

混雑時の入場整理券や
グッズについてのご案内は
本ページ下部にあります、
「大切なご案内」をお読みください。

※3月27日現在、
オープン前の整理券配布を予定している日はございません。
オープン後に混雑した場合のみ
会場入口にて整理券を配布する予定です。
(2024.3.27追記)

スピッツの草野マサムネさんが紡いだ詞を、
画家のjunaidaさんが受け取り、物語を描く‥‥。

ふたつの才能のキャッチボールで、
『ひみつストレンジャー』という本が生まれました。
スピッツ17thアルバム『ひみつスタジオ』の13曲、
全歌詞が絵物語となった一冊です。

この本に収録されているすべての原画と、
junaidaさんが今回のために描いた2曲の原画を、
一堂にご覧いただける展覧会を開催します。

歌画本『ひみつストレンジャー』の、
きらきらとうつくしい絵物語の世界を、
目で、耳で、おたのしみください。

草野マサムネさんとjunaidaさんが語りかける
ウェルカムメッセージムービーで、
みなさまをお迎えいたします。

歌画本『ひみつストレンジャー』収録の
全原画を展示します。

発売:角川春樹事務所 © 2023 Kusano Masamune, junaida 

『ひみつストレンジャー』という書籍を
はじめて手にしたとき、
わたしたちほぼ日のスタッフは、
この本のすばらしいアイデアに打ちのめされました。

にぎやかで、ワクワクするカバーをひらくと、
「目次」のページがあらわれます。
そこには、スピッツ17作目のアルバム
『ひみつスタジオ』全13曲のタイトルが。

この目次だけで、もう、胸が高鳴ります。
アルバム『ひみつスタジオ』の音源が身近にある人は、
きっと再生の準備をはじめることでしょう。

やがてすぐに、
一曲目であり、最初の絵物語である、
「i-O(修理のうた)」のページがあらわれます。

再生ボタン、オン。

‥‥スピッツの演奏に、草野マサムネさんの歌に、
junaidaさんの絵が連続で重なり、次々と、
めくるめくストーリーが浮かび上がってきます。

こんな読書体験は、はじめてのことでした。
それは、
「読むミュージックビデオ」のような。
あるいは、
「絵で読む歌詞カード」のような。

「絵本」でも「マンガ」でもない、まさしく「歌画本」。

そんな、ふしぎな歌画本の原画をすべて、
「ほぼ日曜日」に展示いたします。

初公開
「祈りはきっと」「アケホノ」の
描きおろし原画も展示します。

スピッツ46作目のシングル、
『美しい鰭』のカップリング曲
「祈りはきっと」と「アケホノ」は、
アルバム『ひみつスタジオ』
収録候補でもあったため、
じつはこの2曲の絵物語は
途中まで制作が進められていました。

そんな「祈りはきっと」「アケホノ」を、
今回の展覧会開催を記念して、
junaidaさんが最後まで
描きあげてくださいました!
初公開となる2曲の原画を、
ご鑑賞ください。

『ひみつストレンジャー +2』を発売!

© 2024 Kusano Masamune, junaida

本展にあわせて描きおろされた絵物語、
「祈りはきっと」と「アケホノ」を収録した、
12ページの本をつくりました。

歌画本『ひみつストレンジャー』の
続きのような一冊なので、本の名前は、
『ひみつストレンジャー +2(たすに)』です。

『ひみつストレンジャー』の見返しに挟むと
ちょうどおさまる設計です。
ぜひ、お手元の
『ひみつストレンジャー』に「+2」して、
スピッツとjunaidaさんによる絵物語の世界を
コンプリートしておたのしみください。

※『ひみつストレンジャー +2(たすに)』は、
ほぼ日WEBでも販売いたします。

本物の「i-Oくん」と一緒に、
撮影ができます!

▲アルバム『ひみつスタジオ』のジャケット

アルバム『ひみつスタジオ』の
ジャケットでおなじみの「i-Oくん」が、
「ほぼ日曜日」の会場にやってきます!

「i-Oくん」は、どんなロボットなのか‥‥。
それはぜひ、
junaidaさんが描いた物語で知ってください。

原画を堪能したあとは、
「i-Oくん」との記念撮影を、ぜひ!

※「i-Oくん」にはお手を触れないよう、
十分ご注意いただきながらの撮影をお願いします。

オリジナルグッズを発売します!

※各グッズのデザインは変更になる可能性があります。

歌画本『ひみつストレンジャー』に
登場するキャラクターたちが、
いろいろなグッズになって登場します!

13編のキャラクターたちはもちろん、
「オバケのロックバンド」に登場する
4人のオバケのアクリルスタンドや‥‥

おまもり。

トートバッグなどを販売します。

これらのグッズはjunaidaさんの監修で、
junaidaさんのオフィシャルグッズを扱う
「Hedgehog Books」が製作しました。

みなさんの好きな曲や、
お気に入りのキャラクターのグッズを
ぜひ、おうちに連れて帰ってくださいね。

【ご案内】
◯オリジナルグッズは、一部を除き、

ほぼ日曜日WEBショップでも販売いたします。
WEBショップは下記よりご覧いただけます。

[ひみつストレンジャー展
オリジナルグッズ]

◯ほぼ日曜日WEBショップでは、
会期終了後に、オリジナルグッズの
受注販売を予定しています。
詳細が決まり次第、こちらのページでお知らせします。
(2024年3月27日追記)

カバー画の複製画を会場で受注します。

歌画本『ひみつストレンジャー』の
カバー画の複製画を、
「会場限定」で受注販売いたします。

複製画には、
junaidaさん直筆のサインをお入れして、
会期終了後にお届けします。

詳細は、会場でご案内いたします。

ほぼ日刊イトイ新聞で
草野マサムネさんとjunaidaさんの
対談記事もあわせてどうぞ。

△画像をクリック

歌画本『ひみつストレンジャー』は、
どのようにして生まれたのか。
制作過程のお話を中心に、
草野マサムネさんとjunaidaさんが対談を行いました。
聞き手は、ほぼ日の奥野です。

全6回、ほぼ日刊イトイ新聞で
お読みいただけます。

大切なご案内

【整理券について】

・初日や週末などは混雑の可能性があります。
混雑した場合は、会場受付で
当日分の入場整理券を配布いたします。
(入場時間の指定はできません。)

・整理券の配布状況は「ほぼ日曜日のX」
順次お知らせしますので、
ご来場前の確認をおすすめします。

・整理券はおひとりに一枚のみお渡しします。
配布時にいらっしゃらない
お連れさまの分はお渡しできません。

・小学生以下のお子さまは、
整理券なしで入ることができます。
ただし、小学生以下のお子さまだけでの
ご入場はお断りしております。

・整理券は当日分を配布し、
なくなり次第終了となります。
ご了承ください。

・チケットは、会場内の受付で
お買い求めいただきます。

・障がい者手帳をお持ちの方は、
ご本人と介助者1名さままで
無料でご入場いただけます。
入場整理券が配布されていた場合は、
整理券をお受け取りいただき、
記載の入場時間に会場にお越しください。

【グッズショップについて】

・グッズショップのみのご利用はできません。

・グッズショップは会場の最後にありますので、
先にグッズショップを
ご利用いただくことはできません。
また、グッズショップから展示エリアには
戻れませんので、ご了承ください。

・グッズショップでは、
おひとりさま1会計までとさせていただきます。
お会計の際は、入場チケットを提示ください。

・本展オリジナルグッズ及び一部の商品は
1アイテムにつき2点までの
購入とさせていただきます。

・小学生以下のお客さまは、
無料でご入場いただけますが、
チケットのお渡しがないため、
グッズ購入はできません。
ご了承ください。

【オープン時のお願い】

「ほぼ日曜日」および、
渋谷PARCOの開館は午前11時からです。
※一部の店舗を除く
必ず午前11時の開館後に、
地上階・1階から8階へお越しください。
それ以外のルートでオープン時の
「ほぼ日曜日」へお越しの方には、
入場整理券をお渡しいたしません。

お客さまに、公平に展示をたのしんでいただくため、
ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【そのほかのご案内】

・本展では、
楽曲を聴く専用機器の
ご用意はございませんが、
会場ではBGMとして、
アルバム『ひみつスタジオ』と
シングル『美しい鰭』を流しています。
ご自身の好きなタイミングで、
原画と一緒に楽曲をたのしみたい方は、
曲が収録されたご自身の再生機器と
イヤホンをご持参ください。
混雑時には、譲り合いのご鑑賞をお願いいたします。

・2024年4月12日より、
兵庫県・市立伊丹ミュージアムで
junaidaさんの大規模個展
「IMAGINARIUM」展が開催されるため、
会場で展示しているカバー画の原画(1点)は、
4月3日以降は複製画に入れ替えます。

ご案内は、以上です。
みなさまのご来場、心よりおまちしております。

©2023 Kusano Masamune, junaida