ほぼ日曜日

ほぼ日曜日

開催予告

キューライス
よるのえ展

期間2022年5月28日(土) -
2022年7月10日(日)
場所ほぼ日曜日
時間11:00〜20:00
入場料600円(未就学児無料)

シェアする

WEBで4コマ漫画を発表し続ける
イラストレーターのキューライスさんに、
『よるのえ』という
一枚絵のシリーズがあります。

キューライスさんが実際に夜の時間に
意識を無にして描いているという、
なんとも不思議な
世界が広がる作品群です。

この原画の展覧会を、
夜のようにうす暗くした
「ほぼ日曜日」で開催します。

『よるのえ』には、
さまざまな灯りが登場します。
月、街灯やランプ、そして火‥‥。
このうす暗い展覧会の入口では
ご来場のみなさまに
「懐中電灯」を手にしていただきます。

暗闇(少量の光で安全は確保します)の中、
懐中電灯で絵を照らしながら
観て歩く展覧会です。
ボウっと浮かび上がる
キューライスワールドを、
どうぞおたのしみください。

『よるのえ』の原画
約90枚を展示します。

『よるのえ』はこういう絵です、
と、一言で伝えるのは
とてもむずかしいです。
なにしろ、キューライスさんが
意識を無にして描いていて、
描き上がるたびに本人も
「なんでこんな絵を描いたんだ?」
となるのだそうで‥‥。

何枚かご紹介しましょう。

まさに、夜の絵。
誰とだれが戦っているのか。
プリンの土俵には
後ろ姿のスキウサギ‥‥?

こちらは寿司に乗った猫の後ろ姿。
遠くの黒い小さな人は
月を抱えているのでしょうか。

ディズニーランドの
アトラクションみたいですが、
手前に目をやると‥‥
これは、どういう状況なのでしょう?

などと、いろいろと空想を重ねながら
いつまでも観ていられるのが、
この『よるのえ』シリーズなのです。

観るわたしたちがたのしいのはもちろん、
キューライスさんにとっても
『よるのえ』を描くのは
とくべつにたのしいことで、
「セミリタイヤしてこういう絵だけを描いて
細々と生きていきたい、
という思いをいつも持っている」
のだそうです。

懐中電灯で絵を照らして
観てください。

「キューライスさんが夜に描く」、
「夜の場面が多い絵」なので、
会場をうす暗くすることにしました。

ご来場のみなさまには
入口で懐中電灯をお渡しします。
一点ずつ、
作品を照らしながらご覧ください。

暗がりの中にポウッと現れる
『よるのえ』。

それは、どんなふうに見えるのでしょうか。

サイン会を開催します。

『よるのえ』は今年2月、
大和書房から書籍として出版されました。

書籍『よるのえ』をほぼ日曜日で
お買い求めいただいた方、
そして、すでにどこかで購入した
書籍『よるのえ』をお持ちの方にも、
キューライスさんより
宛名とイラスト入りで
サインしていただけます。

サイン会日時:
①2022年6月4日(土)12時~15時
②2022年6月25日(土)12時~15時
※事前予約制

5月18日(水)午前11時予約開始、
このページよりご案内します。
※「イベントレジスト」という外部システムを利用します。

オリジナルグッズも登場!

『よるのえ』には
飾りたくなるような絵や、
ふしぎなキャラクターたちが
数々登場します。
この展覧会のオリジナルグッズを
ご用意しました。

よるのえ
ブラインド アクリルキーホルダー
(ミニ懐中電灯つき)

『よるのえ』から抜き出した一部を
ダイカットのアクリルキーホルダーにしました。

クリア素材の
ブラインドキーホルダーです。
絵柄はランダムで出てきますので、
どれが出るかおたのしみに!

よるのえ Tシャツ

『よるのえ』をテーマにした
黒色のTシャツをつくりました。
地の黒色に
溶け込むような『よるのえ』には、
着てもうれしい作品を選んでいます。

よるのえ ミニポスター

『よるのえ』をご自宅でもたのしめるように
ポスターをつくりました。

グッズは、WEBのほぼ日ストアでも
販売を予定しています。
日程は後日このページでお知らせします。

神保町「さぼうる」監修!
「よるのクリームソーダ屋」がオープン。

この展覧会のメインビジュアルや、
ほかの「よるのえ」にも出てくる、
不気味な「歩くクリームソーダ」。

5月末からの汗ばむ時期、
この展覧会を観たあとには、
冷たいクリームソーダを
飲みたくなるのでは?
ということで、
クリームソーダだけを販売する
小さなお店を会場内にオープンします。

このクリームソーダを
監修してくださるのは、
ほぼ日本社がある神保町
1955年からつづく喫茶店、「さぼうる」です!

6色のクリームソーダは
「さぼうる」の人気メニューです。
今回はこの絵にあわせて
あざやかな緑色のクリームソーダを
ご提供できることになりました。
「よるのえ展」の特別仕様として
生クリームと赤いチェリーを
ちょこんとのせる予定です。

会場内のカフェスペースで
会期中は毎日、限定数で販売します。
おたのしみに!

京都に巡回します!

この展覧会を関西の方々にも
ぜひご覧いただきたく、
TOBICHI京都へ巡回して開催いたします。
スペースの都合上、
全点の展示はできませんが、
展示替えもしてなるべく多く
ご覧いただけるようにします。

会期は、
2022年7月15日(金)
~8月11日(木・祝)。
最初の土曜日7月16日(土)には
サイン会もおこないます。

詳細は追ってお知らせいたします。

最後にたいせつなお願い

混雑した場合は、
会場で整理券を配布します。
当日のようすは「ほぼ日曜日」Twitter
おしらせしますので、
ご来場前にご確認いただくことを
おすすめします。

展示を安全にたのしんでいただくために、
こちらのご案内をお読みいただいてからの
ご来場をお願いいたします。

みなさまのご来場をお待ちしております。