ほぼ日曜日

ほぼ日曜日

開催予告

歌と絵の夜。
岩崎愛 × 福田利之

期間2020年12月7日(月)
場所ほぼ日曜日(渋谷PARCO8階)
時間20:00〜
備考
開場は19:30
入場料現地観覧:4,400円(税込) ライブ配信:1,500円(早割) 1,800円(一般)
備考
会場での現地観覧と、
ネットで見るライブ配信、
どちらかの方法でおたのしみいただけます。

シェアする

【配信チケット発売中】

ご購入はこちらからどうぞ。
※チケットぴあでお買い求めいただきます。

渋谷PARCO8階の「ほぼ日曜日」で、
シンガーソングライター・岩崎愛さんと
イラストレーター・福田利之さんの、
コラボレーションライブをひらきます。
題して、『歌と絵の夜。』。
岩崎愛さんのアコースティック・ライブ。
福田利之さんのライブペインティング。
このふたつが、
同じ場所でひとつにかさなります。

『歌と絵の夜。』は、
実際に会場へ訪れての「現地観覧」と、
ネットで視聴する「ライブ配信」、
どちらかの方法で
おたのしみいただけます。

また、このライブを記念して、
福田利之さんが
岩崎愛さんのために描いたイラストで
ハンカチをつくりました。
これをスペシャル特典付きで販売します。

音楽と絵がひとつにかさなるライブは、
おふたりにとっても、
ほぼ日にとっても初の体験。
12月7日の夜、
その様子を見届けにいらしてください。

岩崎愛さんのこと。

「ほぼ日」にはじめてご登場いただく、
岩崎愛さんをご紹介します。

はじめて岩崎愛さんの音楽を聴いたのは、
2012年のこと。
『東京LIFE』というCDを再生したときの
おどろきや心地よさを、
はっきりと覚えています。
申し遅れました、この企画の言い出しっぺ
ほぼ日の山下です。

『東京LIFE』を手にしたきっかけは、
福田さんが描いたジャケットの絵でした。

Album『東京LIFE』(2012)

ムーンライダーズやスピッツなどの
アルバムジャケットを手がけてきた
福田さんですが、このイラストも、
ほんとうにすばらしいと思いました。
まずはジャケットに一目惚れ。
続けて、アルバムを最後まで聴いて、
このミュージシャンの
ファンになろうと決めました。

と、個人的な動機ばかりではいけません。
ご紹介の、基本的な第一歩、
プロフィールをお読みください。

岩崎愛 (Ai Iwasaki)

大阪府出身のシンガーソングライター。
アコースティックを基調にしたサウンド、
彼女の肉眼を通して描き出される歌詞、
温かくも芯の強い歌声の
三位一体が織りなす音楽性が
高く評価されている。

2012年、後藤正文
(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
ディレクションのもと
アルバム『東京LIFE』をリリース。
その伸びやかな歌声と、
等身大の歌詞の世界観が
多くのファンの共感を呼んだ。

2016年には初のオリジナルフルアルバム
『It’s Me』をリリース。
同年「すっぽんぽんぽん」が
”NHKみんなのうた”に、
2017年には『トントントン』が
アニメ専門チャンネル・
アニマックスの”うたのじかん”に、
それぞれ書き下ろし楽曲が起用される。
また、この時期より
楽曲提供の活動もスタート。
V6やジャニーズWESTへの楽曲提供、
CM歌唱など、
自身のライブや楽曲リリースだけでなく、
活動の幅を現在も精力的に広げている。
オフィシャルウェブサイトはこちら。

岩崎愛さんの伸びやかな歌声や
奏でられるあたたかい
アコースティックサウンドを、
ぜひ動画でご覧ください。
ファンとしては、
どの一曲を選ぶか悩みに悩みましたが、
こちらを。『Twilight』という曲です。

そして、こちらもどうぞご覧ください。
岩崎愛さんをはじめて知ったという方も、
もしかしたらすでに
歌声を聴いていたかもしれませんよ?

♪キウイ キウイ キウイを食べよう~

人気者、キウイブラザーズが登場する
このCMで流れている曲は、
岩崎愛さんが歌唱を担当しているのです。

福田利之さんのこと。

「ほぼ日」ではすっかりおなじみ、
人気のイラストレーター・
福田利之さんについても、
あらためてご紹介いたしましょう。
プロフィールはこちらです。

福田利之(ふくだ としゆき)

イラストレーター。
1967年、大阪生まれ。
CD、装画、絵本、ロゴ、雑貨制作のほか、
テキスタイルブランドの
デザインも手掛ける。

岩崎愛さんのアルバム「東京LIFE」以降、
彼女の多数のアルバムジャケットを担当。

ほぼ日では
「生活のたのしみ展」のロゴ制作や、
「福田のフォト絵」
「カッパとウサギのコーヒーさがし」
などを連載。
現在は「ホーム&ロック」を月1連載中。

主な著書に
『福田利之作品集1と2』(玄光社)
『福田のフォト絵』(ヴィレッジブックス)
山下哲との共著
『ぼくはうさぎ』(あかね書房)など。

福田利之さんの公式サイトはこちら。

プロフィールにあるように福田さんは、
岩崎愛さんのアルバムジャケットを
数多く手がけていらっしゃいます。

たとえば、このような‥‥。

Album『It’s Me』(2016)

Album『TSUBOMI』(2018)

Digital『Finally (with Yaffle)』(2019)

どれも、すばらしい。
かわいらしくて、リリカルで、
それでいて静かな力強さも感じる、
福田さんが描く作品は
岩崎愛さんの音楽と親和性が高いと、
両方のファンとしては感じています。

 

今回のライブ、
『歌と絵の夜。』について。

そんなふたりが、「ほぼ日曜日」で、
それぞれのライブを同時に行うのが、
『歌と絵の夜。』です。

岩崎愛さんは、
1時間ほどのアコースティックライブを。
福田利之さんはそのとなりで、
おおきな絵を1枚、
ライブ中に描きあげる予定です。

また、当日会場で描かれる作品とは別に、
この絵が主役になるコーナーも。

岩崎愛さんは、福田さんが描いた
この絵からイメージを広げて、
あたらしい曲をつくりました。
タイトルは‥‥

『大樹のうた』

です。

『大樹のうた』は、
SpotifyやApple Musicなどの
音楽配信サービスで、近日配信スタート。
ぜひ、聴いてからライブにご参加を。
きっと、より演奏を楽しめると思います。

そんな『大樹のうた』の
初生演奏も見られるライブ、
『歌と絵の夜。』は、
12月7日(月)の夜8時からはじまります。
気になるチケットの入手方法は‥‥?

『歌と絵の夜。』
2種類のチケットの
購入方法について。

『歌と絵の夜。』は、
「現地観覧」と「ライブ配信」、
どちらかの方法でご参加いただけます。

チケットをご希望の方は、
お読みいただきますようお願いします。

●現地観覧チケット

渋谷PARCO8階の「ほぼ日曜日」で、
ライブをご覧いただけるチケットです。
限られた客席数になるため、
抽選での販売といたします。
■入場料 4,400円(税込)
■申込み受付 11/6 ~11/12 
※現地観覧チケットの販売は終了しました。

●ライブ配信チケット販売中!

ご自身のPCやスマートホンなどで、
ライブをご覧いただけるチケットです。
残念ながら「現地観覧」に
当選されなかった方、
おうちでゆっくり観たい、という方は
ぜひ「ライブ配信」でご覧ください。

■開催日時
2020年12月7日(月) 20:00
■開場 19:30(スタンバイ画像)
■開演 20:00 ※21:30終了予定
※配信終了後、12/13(日)23:59まで
アーカイブでご覧いただけます。

■配信チケット料金
11/17(火) 11:00~ 11/23(月) 23:59の
ご購入は「早割」価格1,500円(税込)
11/24(火)00:00~12/13(日) 21:00の
ご購入は一般価格1,800円(税込)

■販売期間
11月17日(火)〜12月13日(日)21:00
アーカイブ終了(12/13(日)23:59)の
3時間前(12/13(日)21:00)まで
購入いただけます。

※「ライブ配信」のチケットは、
「チケットぴあ」でご購入いただきます。

ライブ配信 チケットの
ご購入はこちらをクリック

▼海外の方はこちらからどうぞ↓
海外用・ライブ配信チケット

『大樹のうた』のハンカチを
特典付きでウェブ販売。

▲表示されている色味は、実物とすこし異なる可能性があります。

『歌と絵の夜。』の開催を記念して、
『大樹のうた』のハンカチをつくりました。

つくってくださったのは、
テキスタイルブランドの「十布(テンプ)」
「十布」は、福田利之さんのデザインで、
様々な種類のプロダクトを
発信する布のブランドです。

福田さんの原画と、
岩崎愛さんの唄を
持ち歩くようなハンカチを、ぜひ。

※11月下旬の配送となります。
ご了承の上ご購入ください。

〈ハンカチ購入特典〉
おふたりの直筆サイン入り
オリジナルポストカード

▲このカードの裏に、おふたりの直筆サインが入ります。

岩崎愛さんと福田利之さんが、
ポストカードに
サインを書いてくださいました。
ハンカチ1枚に、
ポストカード1枚をおつけします。

「大樹のうた」のハンカチ(特典付き)
価格:1,980円(税込・配送手数料別)
配送:2020年11月下旬より

【ご購入はこちらからどうぞ】

ご案内は、以上です。

歌と絵がかさなるこのライブは、
おふたりにとってはじめての試み。
お互いのクリエイティブが、それぞれに、
どんな影響を与えるのでしょう?
たのしみです。とてもたのしみ。

会場で、ウェブで、お待ちしています。
いっしょに、その様子を目撃しましょう!