もくじ

第1回 ひとつのモチーフは、死。

──
前々作の『奇跡』には、
おじいちゃん役の橋爪功さんがつくった
「かるかん」というお菓子を
お兄ちゃんが
はなれて暮らす弟に食べさせるという
シーンがありました。
是枝
ええ。
──
そのことを
家に帰っておじいちゃんに報告したとき、
「何ちゅうちょった?」と聞かれ、
「あいつにはまだ早いわ」というふうに
答えたお兄ちゃんに向かって
橋爪さんが、アドリブで
「つっかえ棒を外された」みたいに
「フッ」と吹き出すのを見て
「ああ、このおじいちゃん、
 こういう人だったんだってわかった」
と、監督がおっしゃっていて。
是枝
はい。
写真
──
あと、前作の『そして父になる』でも
リリー・フランキーさんが
福山雅治さんの頭を叩くシーンで
リリーさんの判断で
ちょっと軽めに叩いたそうなんですが、
そのことが、リリーさん演じる
田舎の電気屋の人柄をよく表していた、
というようなお話を
以前のインタビュー記事で読みました。
是枝
そうですね。
──
そういう、
撮影現場で役者さんから出てきたものを
監督が受け止めて、
物語がより深まっていくようなことって
『海街diary』にも、ありましたか?
是枝
役者さんの演技を見て変えたシーンは
いくつかあります。

たとえば、綾瀬はるかさん演じる
長女の幸(さち)が
勤務先の病院の待合室で
風吹ジュンさんと再会するところ。
──
あ、覚えてます。
是枝
ふたりのやりとりを見てたら
ぼくが思ってたより、距離が近かった。

その‥‥「親密」だったんです。
──
そうなんですか。
是枝
何というか、ぼくの想定より
あのふたりは、仲が良かったんですよ。

なので、彼女たちのやりとりを見て、
風吹さんの食堂に
四姉妹がごはんを食べに行くシーンを
書き足したんです。
写真
──
「想定より」って、おもしろいですね。
「現場は生きもの」だってことですね。
是枝
それまでは
そういうシーンってなかったんですけど、
こんなふうに
親密なやりとりをするからには、
彼女は絶対に行くはずだと思ったんです。

風吹さんの食堂に、妹のすずを連れてね。
──
なるほど。
是枝
で、そういう流れがあるなら
ラスト、ああいうシーンで終われるなと。
──
ネタバレにならない程度に言うと、
ラストってお葬式のシーンなんですけど
ようするに、はじめは
そうじゃなかったってことですか?
是枝
脚本の第一稿は、原作にあるように、
四姉妹の父親の一周忌で
山形に戻るところで終わってました。
──
そうなんですか。
是枝
撮影をはじめたころには、
今のかたちに変わっていたとは思うけど
自分自身、本当に納得がいったのは、
たぶん、
あの食堂のシーンを書けたからです。
写真
──
おもしろいです。
是枝
もともと仲良しなんですよ、あのふたり。
──
あ、綾瀬さんと風吹さんが。
是枝
その関係性が
自然に出たってことでもあるだろうし、
風吹さんは、自分の母親を
綾瀬さんに看取ってもらってるから‥‥。
──
ええ、そういうお話でした。
是枝
そんな時間の積み重ねの先に、
あの待合室での会話があるんだってこと、
綾瀬さんと風吹さんが、表現してくれた。

ふたりの役者さんの洞察力が
ぼくの書いたものより深かったんですよ。
──
映画というのは、
そうやって、できていくものなんですか?
是枝
いや、ふつうは
そんなこともないと思うんですけど(笑)、
ぼくは、比較的よくやります。
──
現場で偶発的に生まれたことを受けて
作品が針路を変えていくって
なんだか、すごく、おもしろそうです。
是枝
いやあ、おもしろいですよ。
そんなことがあるから、楽しいんです。
──
あらためて、映画監督というお仕事は
どういうところが、おもしろいですか?
是枝
いや、いろんな瞬間、おもしろいなあ。

頭のなかで役を演じわけながら
セリフを書いている時間もおもしろいし、
今の話みたいに、
現場で、自分の想定とはちがう、
でも、もっといい展開を見つけた瞬間も、
おもしろいしね。
写真
──
なるほど。
是枝
ああでもないこうでもないって言いながら
撮った素材を編集するのは
まるきり「肉体労働」なんですけど、
でも、そうしているうちに、
だんだん
「ああ、そうか。
 こんなことをやりたかったのか、俺は」
って見えてくる瞬間があって
そんなときも相当、おもしろいです。
──
出来上がったときは、どうですか?
是枝
出来上がっちゃうと、
じつは、そんなにおもしろくない(笑)。
──
え、そうなんですか。
是枝
もう、次に行きたくなっちゃうから。
──
ご自身の作品を観かえしたりとかは‥‥。
是枝
滅多にしないです。
──
そうですか。そんなものですか。
是枝
うーん‥‥ぼくは、しないなあ。

昔の写真を見たときにさ、
「どうして、こんな妙な柄のセーターを
 着てるんだろう、俺」
みたいな気持ちになるからかも(笑)。
──
そんな(笑)。
是枝
時代のせいだったり、自分の若さだったり、
当時の彼女の趣味だったりでね(笑)。
──
なるほど、わかりました(笑)。

最後に、撮影監督の瀧本幹也さんについて、
ちょっとおうかがいします。
是枝
はい。
──
映画のカメラマンとしては
前作からのお付き合いだと思うんですが
『海街diary』を
「ずっと見ていたいなあ」と思ったのは
瀧本さんの映像の雰囲気もありますよね。
是枝
もちろん、そうですね。
写真
──
どんなふうに、思われていますか?
瀧本さんご本人や、その作品については。
是枝
尊敬してる。
──
尊敬。
是枝
カメラとか、レンズとか、フィルムとか、
そういったものに対する‥‥
んー、なんて言ったらいいんだろう、
たとえば、
ぼく、アートディレクターの葛西薫さんに
映画のポスターを
お願いすることが多いんですね。
──
ええ。
是枝
葛西さんって、この活字で、このインクで、
この紙で、あそこの印刷所に頼んだら
こんなふうに仕上がってくるということが、
完全にイメージできる人なんです。
写真
──
すごい。
是枝
つまり、自分の表現をするにあたって
使うべき道具に対する、
身体的な理解力がすさまじいんですよ。
──
なるほど。
是枝
瀧本さんにも、同じものを感じます。

年はまだ若いけど、
このレンズで、このフィルム感度ならば
こういう色で上がるはずだという、
その部分の精度が、圧倒的に高いと思う。
──
たしかに、瀧本さんの写真って
「美しくて、澄んでいて、透明感がある」
のに加えて、
「緻密」というイメージもあります。
是枝
あとは「撮ることに対する貪欲さ」かな。

自分が撮りたいと思うものを撮るために、
やってることが、おそろしい。
自力で移動車をつくってみたりとか(笑)。
写真
──
以前、取材させていただいたときには
射点の間近で
スペースシャトルの打ち上げを撮影すべく、
爆音に反応するように
ご自身で無人カメラを改造してました。
是枝
いいなあ(笑)。
そういうところが、とっても素敵。

<おわります>
2015-07-29-Wed

『海街Diary』を今からたっぷり楽しむための4つの方法

まずはもちろん、上映中の『海街diary』です。
映画を見た「ほぼ日」乗組員たちも
映像がきれいで、ずっと観ていられる」
もう一回、観たいなと思った」と、口々に。
是枝監督の脚本、4人の主演女優の演技はもちろん、
樹木希林さんやリリー・フランキーさんなど
是枝作品に欠かせない人たちの存在感、
鎌倉の海や街、四姉妹が住む一軒家の雰囲気など
どれもこれも、すばらしいものでした。
そして、それらの映像を撮った
撮影監督の写真家・瀧本幹也さんのお仕事も
本当に、すばらしかった。
まだまだ、全国各地の映画館で公開中なので
ぜひ、ごらんになってみてください。

続きましては「映画の写真集」です。
これは、著名な写真家でもある
撮影監督の瀧本幹也さんが
映画撮影の合間に撮りためた
スチール写真を
一冊の本にまとめたもの。
つまり「映画のシーン」とは
微妙に異なる作品集。
海街diary』の世界観を
たっぷり含みつつ、
長女幸(さち)役の綾瀬はるかさんが
四女すず役の広瀬すずさんの
髪を切るシーンなど、
映画には出てこない場面も
収蔵しています。

そして、7月29日からは「TOBICHI2」で
海街diaryのちいさな写真展」を開催します。
瀧本さんの写真集から選り抜いた
貴重なオリジナル・プリントをぜいたくに展示。
TOBICHI2の裏側って「墓地」なんです。
ブランドを上げると、大きな窓に全面「墓地」。
インタビューの中で
映画のひとつのテーマは、死」だって
是枝監督がおっしゃってますが
その「墓地」を大胆に「借景」しながらの
ユニークで、雰囲気のある展示となります。
映画の世界の「かけら」を持って帰れるような
お買い物コーナーもつくる予定です。
映画のグッズや、瀧本さんの写真集だけでなく、
原作となった吉田秋生さんのコミックも
まとめて買って帰れたり。
ともあれ、もういちど映画を観たくなるような、
まだ見ていない人は、
そのまま映画館へ行きたくなっちゃうような、
そんな「ちいさな写真展」です。
海街diary』の、唯一の写真展でもあります。
ぜひぜひ、足を運んでくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期 7月29日(水)~8月3日(月)
会場 TOBICHI2
住所 東京都港区南青山4-28-26
時間 11時~19時(最終日は17時閉場)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真展の会期中、となりの「TOBICHI」では
海街diary』のドキュメンタリー番組
映画「海街diary」が生まれるまで』(約1時間)を
1日に3回、上映いたします。
伊丹十三監督の映画のメイキング映像を
長く撮り続けてきた、テレビマンユニオン副社長の
浦谷年良(としろう)さんが
みずからカメラを回した、約1時間の作品です。
日本映画の専門チャンネル等で
これまでに何度かオン・エアされているだけ。
現時点では、TOBICHIでしか見ることができません。
映画をごらんになった方には
とくにおもしろい内容となっていますので
この貴重な機会を、お見逃しなく。
入場は無料、
1日3回上映(12時・15時・18時)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期 7月29日(水)~8月3日(月)
会場 TOBICHI
料金 無料
住所 東京都港区南青山4-25-14
時間 12時・15時・18時(1日3回上映・上映時間は約1時間)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー