もくじ

第1回 ひとつのモチーフは、死。

──
前々作の『奇跡』にしても、
前作の『そして父になる』にしても、
監督の作品には、やはり
「家族」というモチーフを感じます。

そこで、もしそういうものがあるなら、
監督の「家族観」を教えてください。
是枝
ないですね、特別なものは。とくに。
──
ない‥‥ですか。
是枝
うん。
──
一般的、といったら
どんな家族観が一般的かとなりそうですが、
でもまあ、一般的な?
是枝
うん、特別な考えはないです。ふつう。

ただ、家族の姿を撮るときには
「やっかいだけど、かけがえがない」
ということを念頭に置いてはいます。
写真
──
かけがえのなさ‥‥というのは
わかりやすいですが、それだけじゃなくて。
是枝
うん、「やっかいさ」って、あるんですよ。
血がつながっているからこそ
むずかしいことって、たくさんあるでしょ。

その両面を描きたいなと思っています。
──
たしかに、これまでの監督の作品に出てきた
「家族」のなかには
いろいろ「やっかい」な感じが、ありました。

『奇跡』のときの夫婦関係とか。
是枝
でも、本当に、そのくらいです。
特別に何かを提唱したいわけじゃないんで。

それに、実際に家族を持ってみると、
思いのほか、
自分が保守的だったこともわかってくるし。
写真
──
保守的というのは、是枝監督が、ですか?
具体的には、どのような?
是枝
たとえば、
子どもの学校の運動会に行ったときなんか、
必要以上に
父親らしく振る舞おうとしたり(笑)。
──
それは、「ちゃんとした格好をしなきゃな」
みたいなことですか(笑)。
是枝
そう、まわりの人たちから
「きちんとした父親」に見られたい自分が
こんなところにいたんだ、というね。

破天荒になんて、なりきれないんですよ、
人って、なかなか。
内田裕也さんでもないかぎり(笑)。
──
はい(笑)。
是枝
なんだかんだ言って
自分も世間の枠組から外れられないのかあ、
と思うと、逆におもしろいなあと。
──
発見ですもんね。自分自身に対する。
是枝
幼稚園に子どもを送って行ったときとかに、
「何々ちゃんのパパ!」って‥‥。
──
言われますよね。
是枝
娘の友だちとか、その友だちのお母さんに
「何々ちゃんのパパ!」って呼ばれて、
「なんだ、その呼び名は」と思ったんです。
──
ええ(笑)。
是枝
でもそれが新鮮で、意外とうれしかった(笑)。

幼稚園の卒園ビデオ係になったことも
うれしかったし、
その「うれしがっている自分」に対して、
「そこ、うれしがるのかあ」と。
写真
──
気づかれたわけですね。
是枝
いろいろ、おもしろい発見がありました。

で、そういう、人ってけっこう
いろんな場面で保守的なんだってことを
きちんと認識したうえで
人を描いていけたらいいなと思うわけで。
──
発見は、作品に返ってくるんですね。
是枝
家族を持つまでは、
作品を通して世界とつながってるという
実感なり覚悟なりを
持っていたつもりだったんだけど、
家庭を持って、子どもができて、
自分も「ひとりの父親」になってみたら
若いころは
顧みもしなかった「自分の保守性」に
否応なく向き合う。
──
ええ。
是枝
だから、やっぱり、家族を描くうえでは、
そういう実体験のおかげで
机上の空論みたいな家族にならずに済んでる、
そういう部分は、あるのかもしれない。
──
たとえば『奇跡』に出てくるお父さんって
オダギリジョーさん演じる
「売れないロックミュージシャン」で、
つまり、一般的な家庭じゃありませんよね。
是枝
ええ。
──
それに、「父親」というには、
見た目とかも、すごくかっこいいですし。
是枝
うん。
──
ようするに
自分の父親とはぜんぜんちがうんだけど
それでも
「机上の空論家族」に見えないどころか、
「身近に、ありえる話」に感じるのは
さっきの
「やっかいだけど、かけがえがない」とか、
人間の「保守性」とか、
監督が「両面」とか「まるごと」を
描いているからなのかなあと思いました。
是枝
うーん、どうなんですかね。

少なくとも、特殊な状況も
特殊なものとしては描かないってことは、
あるかもしれないけど。
──
ああ、なるほど。

『奇跡』も『そして父になる』も
ともにかなりの「特殊な状況」ですけど
突飛な話に感じないのは
特殊なものとして、描いていないから。
是枝
今回の『海街diary』だって
起きてること自体は、すさまじいじゃない。
──
そうですよね。
是枝
だって、不倫して家を出て行った父親の、
腹ちがいの妹を引き取るって
自分の人生にそんなことが起こったらさ、
かなりの大事件だと思うんですよ。
写真
──
ええ。
是枝
で、そういう特殊な状況を
劇的に描かなかった理由は当然あって、
それは、
この物語のなかで起こるできごとって
「分量」としては、
それぞれ「日記の1ページ」なんです。

腹ちがいの妹と暮らすのも1ページ、
みんなで梅酒をつけるのも1ページ、
桜並木を自転車で走るのも1ページ。
──
わ、たしかに!
是枝
親しい人が死ぬのも、同じ1ページ。

そこに多少の「濃淡」はあるにせよ、
「等価」なんだよね。
人と出会うことも、人と別れることも、
サッカーの試合を観ていることも。
──
まさしく「ダイアリー」なんですね。
是枝
「生」も「死」も「出会い」も「別れ」も
すべてが等価なものとして
やってきては過ぎ去っていく物語なんです。

そんなふうに思うと、
じつは、映像化しにくい作品だったのかも
しれないんだけど
でも、吉田秋生さんの描いた
『海街diary』という物語の最大の魅力って
そんなところにあると思ってます。
──
たしかに、日記のページが
一定のスピードでめくられていくような、
そんな感じの作品だったなって
今のお話をお聞きして、思いました。

あらゆる出来事は等価なんだって考えは
どこか哲学めいてますけど、
監督のなかに、前からあった感覚ですか?
是枝
どうかな。

今はあるけど、昔からはないよ。
歳をとってからだと思う。
──
そうですか。
是枝
いや‥‥というよりも、やっぱり、
もともと、あの原作が持ってたものだよ。

もともと原作が持っていたものに
ぼく自身が、
近付いていったということかもしれない。
写真
──
なるほど。
是枝
自分は、もっとジタバタすると思うから。

でも
「生」も「死」も「出会い」も「別れ」も
すべて等価なんだっていう
どこか澄んだ感覚も、わかりはじめてる。
──
あ、本当ですか。
是枝
生きていくことって、
そういうことだったのかもしれないって、
最近、思うようになってきてますね。

<つづきます>
2015-07-27-Mon

『海街Diary』を今からたっぷり楽しむための4つの方法

まずはもちろん、上映中の『海街diary』です。
映画を見た「ほぼ日」乗組員たちも
映像がきれいで、ずっと観ていられる」
もう一回、観たいなと思った」と、口々に。
是枝監督の脚本、4人の主演女優の演技はもちろん、
樹木希林さんやリリー・フランキーさんなど
是枝作品に欠かせない人たちの存在感、
鎌倉の海や街、四姉妹が住む一軒家の雰囲気など
どれもこれも、すばらしいものでした。
そして、それらの映像を撮った
撮影監督の写真家・瀧本幹也さんのお仕事も
本当に、すばらしかった。
まだまだ、全国各地の映画館で公開中なので
ぜひ、ごらんになってみてください。

続きましては「映画の写真集」です。
これは、著名な写真家でもある
撮影監督の瀧本幹也さんが
映画撮影の合間に撮りためた
スチール写真を
一冊の本にまとめたもの。
つまり「映画のシーン」とは
微妙に異なる作品集。
海街diary』の世界観を
たっぷり含みつつ、
長女幸(さち)役の綾瀬はるかさんが
四女すず役の広瀬すずさんの
髪を切るシーンなど、
映画には出てこない場面も
収蔵しています。

そして、7月29日からは「TOBICHI2」で
海街diaryのちいさな写真展」を開催します。
瀧本さんの写真集から選り抜いた
貴重なオリジナル・プリントをぜいたくに展示。
TOBICHI2の裏側って「墓地」なんです。
ブランドを上げると、大きな窓に全面「墓地」。
インタビューの中で
映画のひとつのテーマは、死」だって
是枝監督がおっしゃってますが
その「墓地」を大胆に「借景」しながらの
ユニークで、雰囲気のある展示となります。
映画の世界の「かけら」を持って帰れるような
お買い物コーナーもつくる予定です。
映画のグッズや、瀧本さんの写真集だけでなく、
原作となった吉田秋生さんのコミックも
まとめて買って帰れたり。
ともあれ、もういちど映画を観たくなるような、
まだ見ていない人は、
そのまま映画館へ行きたくなっちゃうような、
そんな「ちいさな写真展」です。
海街diary』の、唯一の写真展でもあります。
ぜひぜひ、足を運んでくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期 7月29日(水)~8月3日(月)
会場 TOBICHI2
住所 東京都港区南青山4-28-26
時間 11時~19時(最終日は17時閉場)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真展の会期中、となりの「TOBICHI」では
海街diary』のドキュメンタリー番組
映画「海街diary」が生まれるまで』(約1時間)を
1日に3回、上映いたします。
伊丹十三監督の映画のメイキング映像を
長く撮り続けてきた、テレビマンユニオン副社長の
浦谷年良(としろう)さんが
みずからカメラを回した、約1時間の作品です。
日本映画の専門チャンネル等で
これまでに何度かオン・エアされているだけ。
現時点では、TOBICHIでしか見ることができません。
映画をごらんになった方には
とくにおもしろい内容となっていますので
この貴重な機会を、お見逃しなく。
入場は無料、
1日3回上映(12時・15時・18時)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期 7月29日(水)~8月3日(月)
会場 TOBICHI
料金 無料
住所 東京都港区南青山4-25-14
時間 12時・15時・18時(1日3回上映・上映時間は約1時間)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー