HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

  松本ひで吉さんと糸井重里

犬と猫どっちも飼ってる。松本ひで吉さん。 talkwith糸井重里

HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

松本ひで吉さんと糸井重里

犬と猫どっちも飼ってる。松本ひで吉さん。 talkwith糸井重里

犬と猫の暮らしをマンガにした
『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』
というコミックエッセイをご存知ですか?
描いたのは漫画家の松本ひで吉さん。
ほぼ日オフィスにお越しいただき、
たっぷり糸井とおしゃべりしてくださいました。
そんなふたりの対談公開にあわせて、
みなさんから「犬猫エピソード」を募集します。
どんなエピソードでもかまいません。
この対談を読んでなにか思いついたら、
ぜひメールでお送りください。
ちょっとした景品もご用意しました。
〆切は7月29日(月)まで。
みんなでワイワイたのしみましょう!

みなさんの犬猫エピソード、大募集します!くわしくはここをクリック

松本ひで吉さんの
プロフィール

犬や猫を飼ってると毎日なめられたりもする。

糸井
犬にとっての一番の存在は、
やっぱり松本さんのお母さん?
松本
お母さんです。
もう母には絶対服従です。
漫画の画像
漫画の画像
糸井
そもそも犬を「飼おう」と言ったのは?
松本
それも母です。
はじめは私が猫を拾ってきたんです。
その猫がまだちっちゃくて
かわいい仔猫だったから、
それを見ていた母が
無性に「仔犬」がほしくなったみたいで。
糸井
仔猫を見て、仔犬が飼いたくなった(笑)。
松本
母は犬派なんです。
私が仔猫をかわいがってるのを見て
「だったら、私も飼いますけど」
って対抗心を(笑)。
糸井
マンガのなかのお母さんは、
たまに出てくるだけですよね。
でも、この家のルールとか、
そこに流れる空気をつくっているのは、
やっぱりお母さんなんだろうなあ。
それは読んでいて感じます。
松本
そうかもしれないですね。
私は「犬は家族」と思うタイプなんですが、
母は「犬は犬、人は人」みたいに、
序列をしっかり守る人なんです。
犬にとってもそのほうが
快適だという説もあるそうで。
だから家では母が一番。
私は犬にも猫にもなめられっぱなしです。
漫画の画像
漫画の画像
糸井
犬が「家族」になったのって、
そんなに昔のことじゃないですからね。
松本
たぶんそうですよね。
私が子どものときは、
外で犬を飼うのが当たり前でした。
犬にもあまり自我がなかった気がするし。
反対に最近の犬は
すごく自我があるように感じますね。
糸井
その自我というのは、
きっと、人間が設定したんでしょうね。
松本
あぁ、人間が。そうですね。
糸井
このマンガのこの犬は、
その自我があるなしのところを
ユラユラしてますよね。
松本
そうです、そうです。
糸井
大きくなっても名前で呼ばれてないし、
本人もずっと「ぼく、犬です」って言ってる。
松本
はい。
糸井
犬は自分の一人称を「犬」と言うけど、
不思議と猫は「猫は‥‥」とは言わないね。
松本
言わないですね。
猫は「概念」みたいな感じなのかな。
糸井
「概念」がいる(笑)。
松本
ただ「生きている」というか(笑)。
糸井
このマンガにとっては、
そのちがいもおもしろいですよね。
それに犬はよく笑うでしょう。
こんなに笑顔を描かれた犬って、
世界的にも初めてじゃない?
松本
えぇ、どうだろう(笑)?
でも、ほんとによく笑うんです。
猫はそうでもないんですけど。
漫画の画像
松本
糸井さんとこのブイコちゃんも
よく笑うコですよね。
糸井
よく笑ってますね。
いまね、ブイコとぼくとの関係は
「かまれたい」なんです。
松本
「かまれたい」?
糸井
いまブイコは、ぼくが口を開けると、
ぼくの口の中に顔を入れようとする。
松本
すごい(笑)。
糸井
それをうちのカミさんが
「見てられない‥‥」って(笑)。
一同
(笑)
松本
糸井さんの口の中に入るとき、
ブイコちゃんの歯はどうなるんですか?
糸井
向こうの歯は、まず、ものすごく出します。
松本
あぁ、イーってやってる。
糸井
はじめは「かみあい」みたいに見えるんだけど、
やってることは「なめあい」なんですよね。
でもね、それをずっと
つづけていいのかがわかんなくて。
そろそろやめたほうがいいのかなぁ。
松本
でも、なくなったらちょっと寂しいですね。
糸井
そうなんですよね。
ぼくが口を開きさえすれば、
ブイコはすぐに飛んできますからね。
松本
あははは。かわいいなぁー。
(つづきます)

告知1 みなさんの犬猫エピソードを募集します!告知1 みなさんの犬猫エピソードを募集します!

犬や猫と暮らすたのしさやおもしろさや、
せつなさや愛おしさみたいなものを、
みんなで一緒にわかちあいませんか?

ちょっと変わった体験、笑っちゃうような事件、
ずっと心にしまったままの思い出話など、
誰かに聞いてほしい犬猫エピソードがありましたら、
ぜひとも私たちにメールしてください。

いくつかのエピソードは後日、
ほぼ日刊イトイ新聞で掲載します。
みなさんからの投稿、お待ちしております!

投稿〆切:
2019年7月29日(月)
午前11時まで

告知2 シリーズ累計50万本突破!『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』1巻〜3巻まで好評発売中。告知2 シリーズ累計50万本突破!『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』1巻〜3巻まで好評発売中。

  • 犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい①
  • 犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい②
  • 犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい③

キュートな犬くんとクールな猫さまと暮らす、
漫画家の松本ひで吉さんのコミックエッセイです。

単行本は3巻まで刊行され、
累計発行部数は50万部を突破!
単行本にはツイッターでは読めない
描き下ろしエピソードも満載です。
書店などでぜひお手にとってみてくださいね。

お買い求めはこちらからどうぞ。

©HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN