HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

  松本ひで吉さんと糸井重里

犬と猫どっちも飼ってる。松本ひで吉さん。 talkwith糸井重里

HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

松本ひで吉さんと糸井重里

犬と猫どっちも飼ってる。松本ひで吉さん。 talkwith糸井重里

犬と猫の暮らしをマンガにした
『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』
というコミックエッセイをご存知ですか?
描いたのは漫画家の松本ひで吉さん。
ほぼ日オフィスにお越しいただき、
たっぷり糸井とおしゃべりしてくださいました。
そんなふたりの対談公開にあわせて、
みなさんから「犬猫エピソード」を募集します。
どんなエピソードでもかまいません。
この対談を読んでなにか思いついたら、
ぜひメールでお送りください。
ちょっとした景品もご用意しました。
〆切は7月29日(月)まで。
みんなでワイワイたのしみましょう!

みなさんの犬猫エピソード、大募集します!くわしくはここをクリック

松本ひで吉さんの
プロフィール

犬や猫を飼ってると毎日たのしい。

糸井
どうもはじめまして。
松本
はじめまして。
よろしくお願いします。
糸井
ぼくはこのマンガ、
ベテランの方が描いてるんじゃないかと
思ってたんです。
なので、はじめてお会いして、
いまちょっとびっくりしてます。
松本
はい、ベテランではないです。
新人でもないですけど(笑)。
糸井
このマンガ、
こんなふうに人気になるとは
思ってなかったでしょ?
松本
思ってなかったです。
本になるとも思ってなかったので、
1巻なんてまだ落描き感があります。
最初はサラッと描いてたので。
糸井
最初からツイッターに?
松本
ほんとの最初はマンガじゃなく、
「犬かわいい」みたいなツイートをしたんです。
それにけっこう反響があって、
それならマンガにしてみようかなって。
糸井
ああ、なるほど。
「マンガにしよう」の前があったんだ。
松本
そうなんです。
最初は犬が毎日まったく飽きることなく生きてて、
そこがかわいいって、
文章でツイートしたんです。
糸井
犬、かわいいです(真剣)。
松本
ですよね(笑)。
そうしたらそのツイートが、
びっくりするくらいリツイートされて。
糸井
それまで松本さんのツイッターは
静かだったんですか?
松本
はい、素朴な感じでしたね。
フォロアーも3000人くらいで。
「こんなごはん食べてます」みたいな
ツイートをしてました。
糸井
3000人もいたら、
たのしくやれてる感じですよね。
松本
そうですね。
犬も猫もいないふつうのツイッターでした。
そこに2ページだけのマンガをアップしたら、
反響が思った以上にあって、
ちょっとつづけてみようかなって。
最初はすごく軽いきもちでした。
漫画の画像
漫画の画像
糸井
さっき「最初はサラッと描いた」と
おっしゃってましたが、
ぼくらからしたら
トーンは最初からできてると思いましたよ。
本職のほうのマンガも、
こういう感じなんですか?
松本
まあ、そうですね。
いや、もうすこしちゃんとしてるかな(笑)。
糸井
(担当編集の安達さんに)
このマンガが「いける」というのは、
いつ頃気づかれたんですか。
安達
松本さんが1話目を描いたのは
2年くらい前のことなんですが、
「こういうマンガを描こう」という
打ち合わせをしたわけでもないので、
ぼくはなにもしてないんです(笑)。
ツイッターを見てたら、
急に有名人になってたという感じで。
糸井
じゃあ、新しい作家が
もうひとり誕生したみたいな話だ。
安達
ほんとそうですね。
糸井
このマンガって、
いわばドキュメンタリーじゃないですか。
松本
はい、ドキュメンタリーです。
糸井
出てくる犬も猫も、
マンガのネタになると思って生きてない。
それなのにこんなに
良くできてるのがすごいなぁ。
松本
このマンガを描くようになってから、
犬や猫をより一層見るようにはなりました。
不思議と見れば見るほど、
どんどんかわいくなっていくんです。
糸井
ああ、わかる。
好きなものは見たくなりますし、
見れば見るほど好きになる。
松本
ずっと見ちゃいますね。
それに「ここが好き」みたいな話を、
ツイッターで人に伝えられるのがたのしくて。
例えば「丸まって寝ている犬の
おなかに顔をうずめるのが好き」って言ったら、
みんなも「やるやる」って言ってくれる。
漫画の画像
漫画の画像
糸井
とくにこのマンガは、
犬と猫の両方が登場するおかげで、
お互いの特徴がより際立ちますよね。
松本
性格もたまたま対照的だったんです。
糸井
すごいちがいですよね。
猫の悪役ぶりのなかにも、
ちょっとホロリとさせる部分もあるし、
マンガのなかで松本さんが猫のことを
冷静に分析しようとするんだけど、
猫はそれを上回ることをやってのけたりする。
松本
ほんとに。
糸井
「猫はうわてだなぁ」ということを、
これだけいっぱい描いた人って、
あんまりいなかったんじゃないかな。
松本
ああ、なるほど。
「猫かわいい」というのは、
けっこうあるかもしれないけど‥‥。
糸井
そうそう。
松本
私、猫にいっつもやられているんです。
おとなしくていい子なんですけど、
なぜかすっごく先輩感があって。
糸井
マンガのなかで
「犬を手下につかってるんじゃないか」
というエピソードがあったでしょ?
ちょっと怪しいおやつは犬に
毒見させてるんじゃないかって。
あれ、おかしかったなぁ(笑)。
松本
はい(笑)。
漫画の画像
漫画の画像
糸井
家に来たのは、猫が先?
松本
猫が先です。
糸井
あとから来たこの犬が、
猫にかまれたり、引っかかれたり、
そういうことはなかったんですか。
松本
しょっちょうあります。
ちっちゃい傷はいっつもできてます。
糸井
やっぱり(笑)。
でも、犬は忘れっぽいからさ、
それでもまた行くじゃないですか。
その学ばないところもかわいいんだけど。
松本
そうなんですよね。
犬は学ばないし、手加減を知らないから、
すぐに猫のところに遊びに行って、
ある一線を越えるたびに、
猫に「ビシッ!」っと。
糸井
一発でね(笑)。
松本
猫ってほんと強いんですよね。
犬は叩かれてもすぐに忘れるから、
また同じように猫のところに行っては、
同じように叩かれてます。
でも、毎日すごくたのしそうです(笑)。
(つづきます)

告知1 みなさんの犬猫エピソードを募集します!告知1 みなさんの犬猫エピソードを募集します!

犬や猫と暮らすたのしさやおもしろさや、
せつなさや愛おしさみたいなものを、
みんなで一緒にわかちあいませんか?

ちょっと変わった体験、笑っちゃうような事件、
ずっと心にしまったままの思い出話など、
誰かに聞いてほしい犬猫エピソードがありましたら、
ぜひとも私たちにメールしてください。

いくつかのエピソードは後日、
ほぼ日刊イトイ新聞で掲載します。
みなさんからの投稿、お待ちしております!

投稿〆切:
2019年7月29日(月)
午前11時まで

告知2 シリーズ累計50万本突破!『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』1巻〜3巻まで好評発売中。告知2 シリーズ累計50万本突破!『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』1巻〜3巻まで好評発売中。

  • 犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい①
  • 犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい②
  • 犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい③

キュートな犬くんとクールな猫さまと暮らす、
漫画家の松本ひで吉さんのコミックエッセイです。

単行本は3巻まで刊行され、
累計発行部数は50万部を突破!
単行本にはツイッターでは読めない
描き下ろしエピソードも満載です。
書店などでぜひお手にとってみてくださいね。

お買い求めはこちらからどうぞ。

©HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN