三谷幸喜脚本の8時間ドラマ 『わが家の歴史』を、 観ると決めた。
三谷幸喜さんが脚本を書きおろした 3夜連続、8時間のホームドラマが放映される。 『新選組!』『ザ・マジックアワー』と、 三谷作品に心酔してきた「ほぼ日」としては 黙って見過ごすわけにいきませんよ。 しかも、西田敏行さん? 佐藤浩市さん? 柴咲コウさん、天海祐希さん、松本潤さん、 堀北真希さん、榮倉奈々さん、大泉洋さん、 おいおいおい、こりゃすごい。ひどい。 こりゃあ、観ますよ、などと言っていたら、 糸井重里のところに編集されたばかりの 試写用DVDが届きました。 案の定、おもしろかったみたいですよー。 さっそく、三谷幸喜さんと、 プロデューサーの重岡由美子さんをお呼びし お話をうかがいました。
4/9(金)10(土)11(日)夜9時 フジテレビ系列にて3夜連続放送  『わが家の歴史』公式ページへ

第1回 なぐる女 2010-04-01
第2回 妥協論 2010-04-02
第3回 総合芸術ですから 2010-04-03
第4回 8時間のドラマ 2010-04-04
第5回 昭和を平熱で描く 2010-04-05
第6回 遊びすぎない 2010-04-06
第7回 西田敏行さん 2010-04-07
第8回 ラブシーン 2010-04-08
第9回 成長しない一家 2010-04-09 第一回目放送
第10回 欠かせない人たち 2010-04-10 第二回目放送
第11回  テレビドラマ 2010-04-11 第三回目放送

糸井 えー、今日は、ギャラリーのいる中で
お話しすることになりますので、
いちおう、紹介からはじめることにしましょう。
まずは、フジテレビのプロデューサー、
重岡由美子さんです。
一同 (拍手)
重岡 よろしくお願いします。
糸井 よろしくお願いします。
え〜、そして、三谷幸喜先生です(笑)。
一同 (拍手)
三谷 よろしくお願いします。
糸井 よろしくお願いしますー。
三谷 (ギャラリーを見ながら)
いや、今日はこんな感じだと
まったく思ってなくて。
一同 (笑)
糸井 うん。ほんとはそれぞれ、
違う仕事をしていなくちゃいけないんですけどね。
なんだか、集まってきちゃって。
三谷 (不思議そうにギャラリーを見ながら)
あの、この人たちは、誰なんですか?
一同 (笑)
糸井 うちの社員です。
三谷 みなさん社員?
糸井 そうなんです、すいません。
あ、一部、「BRUTUS」の人もいるね。
三谷 あ、ほんとだ(笑)。
糸井 そういうなかではじめていきたいと思います。
三谷 重岡さんと糸井さんは
はじめてでしたっけ?
重岡 以前、『マジックアワー』の取材のときに
お世話になりました。
糸井 ああ、その節も、この節も、
どうもありがとうございます。
三谷 ぼくの映画はこれまですべて重岡さんが
プロデュースしてくださったんです。
糸井 そうでしたか。それは、それは。
三谷 ちょっといま、右目の血管がやぶれて、
充血されているようですが。
糸井 充血。それは、それは。
重岡 ‥‥すみません。
三谷 いつもはこんな感じじゃないんです。
糸井 いつも右目の血管が
やぶれているわけじゃないんですね。
三谷 違います。いつもは充血してません。
糸井 なるほど、なるほど。
重岡 ‥‥すみません。
糸井 そんな、右目の若干充血した
重岡さんをまじえて、
今日は話していきたいと思いますが。
ええと、どこからいきましょうか。
三谷 じゃ、僕と彼女の出会いからはじめましょうか。
一同 (笑)
糸井 いいですね。
じゃ、その回想シーンからはじめましょう。
重岡 あの、みなさん興味ないと思いますので‥‥。
三谷 重岡さんは以前、
フジテレビの映画部にいらっしゃって、
僕に「映画をつくりませんか?」と
最初に言ってくださったチームのひとりなんです。
重岡 いえいえ、私のことは‥‥。
糸井 じゃあ、そのときの
重岡さんの気持ちなんかを
くわしくうかがっていきましょう。
重岡 いえいえいえいえ‥‥。
糸井 まじめな話、重岡さんからすると、
当時、三谷幸喜という人が
映画を監督していなかったのが
不思議だったんでしょうね。
重岡 ‥‥はい。
糸井 で、三谷さんにオファーを。
重岡 そうですね。
あの、当時、私は
映画にずっと関わっていたんですけど、
いい脚本に出会えることって、なかなかなくて。
いってしまえば、
ボロボロの脚本を必死に映画にして、
それを宣伝しなきゃいけない、
みたいなことがとても多くて。
糸井 「ボロボロの脚本」(笑)。
いきなり本音を語りますね。
重岡 あ、すみません。
一同 (笑)
三谷 この方は、ほんと、そういう人なんですよ。
おとなしそうに見えますけれども、
ものすごい武勇伝をたくさん持ってらっしゃる。
重岡 いえいえいえいえ‥‥。
糸井 興味があります。
三谷 すごく主張の強い方で、いい意味で。
とにかく、いろんな監督とぶつかる。 
糸井 いまも、その片鱗が見えましたね。
重岡 いえいえいえいえ‥‥。
一同 (笑)
三谷 で、自分が納得できないと
最後は相手をなぐるんです。
カバンとかで。
一同 (笑)
糸井 ‥‥なぐるんですか?
重岡 ま、そのほうが、
解決策として早いですから。
一同 (笑)
糸井 はーー、そうですか。
なかなか、そういったタイプの
解決策を用いる方には見えませんけれども。
三谷 そうでしょう?
重岡 えー、私の話はどうでもいいんで、
もうそろそろ本題に‥‥。
一同 (笑)
糸井 あの、なんていいますか、
誰かをなぐる女性というのは、
それこそテレビや映画のなかにしか
出てこないですよね?
三谷 そうですよね。
僕も、現実にいるとは思わなかった。
一同 (笑)
糸井 その、凶器といいますか、
武器のハンドバッグみたいなものは、
いつもお持ちなんですか?
なぐるときにはこれで、というような。
重岡 いえ、そういうわけではなく、
「たまたま持ってるなにか」を使います。
糸井 ははぁ、「たまたま持ってるなにか」で。
重岡 それは、バッグのときもありますし、
携帯電話のときもありますし‥‥。
三谷 携帯電話のときは、
こう、投げつけたんですよ。
糸井 投げつけましたか。
そういったときは、
なにか声を発したりするわけですか?
重岡 声といいますと?
糸井 いわゆる「このやろう」みたいな。
重岡 いえ、あの、どちらかというと、
すごく冷静にやりますので。
糸井 ははぁ!
一同 (笑)
重岡 ですから、周囲からすると、
かえって不気味に感じられるようです。
糸井 なるほど(笑)。
三谷 というときにですね、
やっぱり、神様はすごいなと思うのは、
彼女にバッグや携帯電話は与えたけれども
殺傷するだけの力は与えなかったということなんです。
一同 (笑)
糸井 ああーーーー、ああ、そうですね。
三谷 両方が与えられてたら、
大変なことになります。
糸井 危険ですねぇ。
重岡 たまたま包丁を持ったりしてなくて
よかったなぁ、とは思います。
三谷 ほんとに、そこに包丁があったら、
という状況が何度もあるそうです。
糸井 あの、この話のもっとも奥深いところは、
それが複数回であるということですね。
三谷 そう、そうなんです。
一同 (笑)
重岡 あの、私の話はもういいですから‥‥。
(つづきます)

2010-04-01-THU