ほぼ日はシュタイフと
コラボレーションします。

この発表ができる日を心待ちにしていました。
「ほぼ日」は、テディベアでおなじみの
ドイツのぬいぐるみメーカー「シュタイフ」と
コラボレーションします。
いろんなグッズがにぎやかに登場しますよ。

steiff ✕ OHTO

「OHTO(オホト)」とは、「誤解されやすいくま」という
オリジナルキャラクターをモチーフにしたブランドです。
もともと、「誤解されやすいくま」がきっかけで、
今回のコラボレーションは実現しました。
OHTOについてくわしく >

テディベアにあるまじき、するどい歯と爪。

誤解されやすいテディベア

46,440(税込み・配送手数料別)

「誤解されやすいくま」のシュタイフバージョンです。
愛らしいはずのシュタイフのテディベアに、
キバのある歯とするどい爪がついちゃいました。

いっしょにお出かけできるテディベア。

くまのみみつきモヘアバッグ

32,400(税込み・配送手数料別)

こぐまのみみつきモヘアバッグ

17,280(税込み・配送手数料別)

テディベアの顔がバッグになったら、かわいいかも?
そんなシンプルな発想から、このバッグがうまれました。
かわいくできたと思うのですが、いかがでしょう?

steiff ✕ HOBONICHI TECHO

コラボレーションのもう1つの柱は、ほぼ日手帳です。
テディベアと手帳という意外な組み合わせで、
こんな魅力的なアイテムたちがうまれました。

テディベアと、日々を分かち合う。

ほぼ日手帳カバー「シュタイフ」

カバーのみ12,960(税込み・配送手数料別)

再販売検討中

つやつや、ふさふさした毛でおおわれたカバーの感触は、
まさにテディベアを手にしているよう。
置いてあるだけでもかわいい、愛らしい手帳カバーです。

英語版ほぼ日手帳をシュタイフがジャック?

手帳本体 Planner[シュタイフ]

2,700(税込み・配送手数料別)

いつもは鍵のマークのところが、テディベアの顔に。
ほぼ日手帳の英語版Hobonichi Techo Plannerに、
スペシャルバージョンが誕生しました。

手帳カバーとPlannerは、
ほぼ日手帳のサイトでもお求めいただけます。
ほぼ日手帳のサイトへ >

コラボに便乗して、ふたたびオーナー募集♡

誤解されやすいくま(オリジナル)

27,000(税込み・配送手数料別)

オリジナル版の「誤解されやすいくま」も、
この機会に便乗して、おゆずりすることにしました。
コラボ特典の、くまの口がついた黒いマスクつき!

うれしくて、Tシャツもつくっちゃいました!

コラボレーション記念Tシャツ

5,940(税込み・配送手数料別)

追加生産決定!

コラボレーション自体をお祝いする記念グッズもほしい。
となれば、やはりTシャツでしょう。
なんと、芳根京子さんが着てくださいましたよ。


今回のコラボアイテムを実際に手にとって、
お買い求めただけるポップアップストアを、
銀座ロフト6階に、10日間の期間限定でオープンします。
なかでも特筆すべきは、
シュタイフ製の「誤解されやすいテディベア」が50頭、
オリジナルの「誤解されやすいくま」が50頭、
あわせて100頭がずらりと並ぶこと。
どっちを、どのこを「うちのこ」に迎えたいか、
じっくり個性を見分けた上でオーナーになっていただける、
気になっていたかたにとっては絶好のチャンスです。
3階の手帳コーナーとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
歯をむきだした100頭のくまたちが、
みなさんをお待ちしております。

会期 9月1日(金) → 10日(日)
場所 銀座ロフト 6階特設スペース
銀座ロフトのサイト >

販売インフォメーション

特設サイト
(このページです)
販売開始
2017年9月1日午前11時
お届け時期
お申し込みから10営業日以内に出荷(発送)

その他お申込みについては、ほぼ日ストアヘルプへどうぞ。

シュタイフ公式オンラインショップ
URL www.steiff-onlineshop.com
シュタイフ公式オンラインショップでの販売は、
「誤解されやすいテディベア」のみとなります。

全国のロフト
ロフトでは、下記の商品のみを販売いたします。

・ほぼ日手帳カバー「シュタイフ」
カバー&本体セット(1月・月曜はじまり)
※手帳本体に、くまの顔はついていません。

・手帳本体 Planner[シュタイフ]

ドイツ南部の小さな町にあるシュタイフ社は、
世界で最も歴史のあるぬいぐるみメーカーです。
1902年に誕生したテディベアをはじめ、
世界中で愛される動物のぬいぐるみは、
現在800種類以上が生み出されています。
創業者マルガレーテ・シュタイフの
「子どもには最良のものこそふさわしい」
ということばを守り、ものづくりをしています。