what's new?
・大分から、ひとつ早い時刻の飛行機で東京に戻った。
 犬の散歩をしたり、ビートルズの新アルバムを聴いたり、
 読み飛ばしていたメールの整理をしたりしている。
 明日は、やり残した仕事をなんとかせねばならない。
 そうこうしているうちに、まぁ、
 宣言した「五月の休み」は終わってしまう。
 
 ずいぶん前に計画したときには、絶対にそれをしようと、
 固く心に決めていたことがあったのだけれど、
 どちらも、結局できないままになってしまった。
 ひとつは、北海道に行って帯広の「六花亭」で、
 なにかしら仕事を手伝わせてもらおうという計画だった。
 冬のうちに、前社長の小田さんにお願いの電話をして、
 「だったら、暖かくなってからのほうがいいね」と、
 やさしく言っていただいて、そこからその都合で、
 「休みは五月」ということを決めたのだった。
 実際にいざそのときとなったら、
 2日や3日じゃもの足りないかなとか考えすぎてしまって、
 最初に考えていたこのプランにとりかかれなくなった。
 ぼくにとって「六花亭」という会社は、
 ひとつの憧れのような存在で、
 なんどか見学はさせていただいているのだけれど、
 もっと勉強させてもらいたいと思っているのだ。
 これは、あらためて仕切り直して、またお願いしよう。
 小田さん、「六花亭」の皆さん、よろしくお願いします。

 もうひとつ、早くからやることは決めていて、
 やっぱりやらなかったことが、ヒッチハイクだ。
 一度はやるべきだと、じぶんへの課題として考えていた。
 これは、なぜしなかったのかと言えば、
 勇気がなかったとか、時間がなかったという前に、
 必然性がなさすぎたという気がしている。
 乗せてくれる運転手さんに、どう説明するのだ?
 「ヒッチハイクをやると決めていたのです」と言うのか。
 「どこへでもいいので、乗せてください」と話しかける?
 あまりにも「面白半分のおやじ」過ぎるんじゃないか。
 それならそれもあり、とも言えるのだけれど、
 もうちょっと、やるならやるで考え直そうと思った。
 こっちも、いずれ、ちゃんと考えてみるつもりだ。
 どちらにしても、体力、知力、胆力が、ぜんぶ大切だね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
この先、週に一度くらいは「ふらふら」しようかなと思う。
2017-05-28-SUN
home
ホーム