Steiffおさいふテディ[weeksカバー]

      ドイツのぬいぐるみメーカー「シュタイフ」
      「ほぼ日」のコラボレーションでできた、
      長財布としても使える
      三つ折りタイプのweeksカバーです。
      おそろいの色で特別につくってもらった
      キーリングタイプのちいさなテディベアを取りつけ、
      「おさいふテディ」片手に街を闊歩すれば、
      それだけでたのしい気分になれると思いますよ。
      (※「テディベアのキーリング」は別売です)



      カバーをおおうふさふさの毛には、
      シュタイフ社のテディベアに使われるのと
      まったく同じファブリックが使用されています。
      アンゴラ山羊から採ったモヘア100%の生地は
      美しい光沢とリッチな質感が特長で、
      このカバーを、大人が持つにふさわしい
      品質に押し上げてくれています。
      色は、シュタイフでは「カフェオレ」と呼ばれる、
      テディベアらしい品のあるベージュをチョイスしました。



      カバー上部にちょこんとボタンでとめられた
      かわいらしいボタンと黄色いタグは、
      シュタイフ製品のトレードマーク
      「ボタン・イン・イヤー」。
      シュタイフ社のテディベアには、
      必ずこのボタンとタグがついていることを
      ご存じのかたも多いと思います。
      通常は、シュタイフ社での厳しい検査基準をクリアした
      ぬいぐるみにのみ取りつけられる品質の証で、
      ぬいぐるみ以外のものに取りつけられることは、
      シュタイフの歴史でもほとんど例がありません。
      今回も、できあがった製品をいったんドイツへ送り、
      シュタイフ本社でボタンとタグを取りつけています。







      手帳カバーを開け閉めするスナップボタンは、
      ふたつご用意しました。
      weeksを使っていくうちに厚くなったり、
      中に入れるものが増えたりしても
      ボタンで調整することができます。







      ボタンを外して手帳カバーを開くと、
      しなやかな茶色い本革を使った
      高級感のある印象になっています。
      weeksを差し込むスペースのほか、
      大小さまざまなポケットがあります。
      ペンフックには、
      ペンのクリップ部分を差してお使いください。







      「おさいふテディ」は、その名前のとおり、
      お財布としても使えるように設計しています。
      ジッパーつきのポケットに硬貨を入れられ、
      お札やカードが入るポケットも充実しています。







      手帳カバーの上部には、
      金色の金具がついています。
      お好みで「テディベアのキーリング」を
      取りつけることもできます。
      (※「テディベアのキーリング」は別売です)







      「シュタイフ」のカバーは、
      特製の黒い貼り箱に入れてお届けします。
      箱の表面に記された銀の箔押しの文字は、
      “GEMEINSCHAFTSPRODUKTION
      VON STEIFF UND HOBONICHI”、
      「シュタイフとほぼ日が共同でつくった製品」
      という意味のドイツ語です。

      「おさいふテディ」がお手もとに届いたときの感じを
      イメージできる開封動画をつくりました。
      よろしければご覧ください。







      シュタイフとのコラボレーションで生まれた、
      テディベアのグッズは他にもいろいろあります。
      オリジナル用の手帳カバー「カフェオレのテディ」
      英語版の手帳本体「Planner[シュタイフ]」
      weeksの「よそいきテディ」
      weeksカバーの「おさいふテディ」
      さらに、weeksとおそろい柄で作った
      「テディベアのよそいきネクタイ」
      そして、「テディベアのキーリング」です。




      © Steiff 2018


      ※「Steiff」シリーズのアイテムは
      「ほぼ日ストア」「TOBICHI」「それ以外のお店(ロフトなど)」で
      発売日が異なります。

      〈シュタイフ社のテディベア〉

      世界で最も長い歴史を誇るぬいぐるみブランド、
      「シュタイフ」社の歴史は、
      ひとりの女性の手から生まれたものでした。
      その女性は、マルガレーテ・シュタイフ。
      ドイツ南部の小さな町、ギンゲンで育った彼女は、
      フェルト製の洋服や家庭用品を作る
      小さなお店を開いていました。
      ぬいぐるみが誕生したきっかけは、
      1880年に、マルガレーテが甥や姪のために
      フェルトで作った「ゾウの針刺し」でした。







      かわいらしくてやわらかいゾウの針刺しは、
      親戚やお客さんの間で大評判に。
      世界最初のぬいぐるみとして迎えられ、
      いくつもの動物のぬいぐるみが誕生しました。
      そして1902年、今なお世界中で
      愛され続けている”永遠のともだち”、
      クマのぬいぐるみが誕生します。







      本物の毛皮のような素材で作られた、
      首と手足が動かせるクマのぬいぐるみは、
      作る手間とコストがかかるものでした。
      しかし、マルガレーテのモットーである
      「子どもには最良のものこそふさわしい」
      という思いで、製品化されます。
      その後アメリカにわたったクマのぬいぐるみは、
      一躍、大ブームを巻き起こします。
      今では一般的になった「テディベア」の呼び名も、
      アメリカで大流行した頃につけられた愛称です。
      当時のアメリカ大統領、セオドア・ルーズベルト氏が
      クマ好きとして知られていたことから、
      ニックネームの「テディ」を冠して
      人々がテディベアと呼ぶようになったそうです。







      シュタイフ社のテディベアに人気が出るほど、
      世の中にはたくさんの模倣品が現れました。
      そこで、シュタイフ社のクマであることが
      ひと目でわかるように編み出されたのが
      耳につけられたボタンとタグ、「ボタン・イン・イヤー」。
      1904年、まずボタンがクマの左耳に目印としてつけられ、
      その後、「シュタイフ」のロゴが入った
      タグもつけられるようになりました。
      人々に認知されるにつれて「ボタン・イン・イヤー」は、
      シュタイフ社のトレードマークになり、
      アンティーク鑑定の場でも、
      「クマのぬいぐるみを見たらまず左耳を見る」と
      言われるほど、象徴的なものになりました。
      現在、「ボタン・イン・イヤー」のタグとして
      取りつけられている耳タグは大きく分けて3種類あります。
      「黄タグ+赤文字」は、定番商品。
      「白タグ+赤文字」は、地域や数量限定の限定品。
      「白タグ+黒文字」は、復刻版のレプリカ。
      「ほぼ日」と「シュタイフ」の
      コラボレーションで生まれた手帳カバーとバッグにも、
      ボタンとタグが取りつけられています。


      ◆シュタイフについて

      ドイツ南部の小さな町にあるシュタイフ社は、
      世界で最も歴史のあるぬいぐるみメーカーです。
      1902年に誕生したテディベアをはじめ、
      世界中で愛される動物のぬいぐるみは、
      現在800種類以上が生み出されています。
      創業者マルガレーテ・シュタイフの
      「子どもには最良のものこそふさわしい」
      ということばを守り、ものづくりをしています。



      http://www.steiff.co.jp/



      使用アイテム・スタッフリスト

      フォトグラファー
      平野太呂(イメージ写真)、大江弘之(商品写真)
      スタイリスト
      荻野玲子
      ヘアメイク
      上川タカエ(mod's hair)
      モデル
      杉野アリサ(Vithmic Model Agency)
      使用アイテム
      (問い合わせ先)
      協力 AWABEES:03-5786-1600 UTUWA:03-6447-0070
      Steiffおさいふテディ[weeksカバー]
      19,440円

      通常販売
      全国一律756円
      10

      サイズ・仕様

      カバー
      サイズ 横130mm×縦205mm×厚さ35mm
      (実際の製品は、寸法に若干の個体差があります)
      重さ約142g
      主な素材表面:モヘア/コットン/ポリエステル
      内側:牛革
      ボタン:真鍮
      タグ:ポリエステル
      その他中国製 ※「ボタン・イン・イヤー」のボタンとタグはドイツで取りつけられています。

      知っておいてほしいこと

      商品がお手元に届いたときに、より満足していただけるよう、
      あらかじめ知っておいていただきたいことを、
      マイナス点も含め、お伝えします。ご注文の前にかならずご確認ください。

      生地の折り返し部分の基布が見える場合があります

      表がわに使用している生地は比較的毛足が短いため、生地を折り返している部分で、場合によって基布が見えることがあります。あらかじめご了承ください。

      革本来のシワ、傷などが見られる場合があります

      内がわは天然皮革を使用しており、革本来の風合いをそこなわないような加工を施しています。
      そのため、もともとの皮のシワや傷、シミ、血筋などが
      表面に見られることがあります。
      また、日々お使いいただくうちに油分が表面に浮き出し、シミのように見える場合があります。
      素材特有の風合いとしてご了承ください。

      染色・着色された革は摩擦や密着により色移りする場合があります

      染色・着色された革は、他のものとの摩擦や密着により色移りすることがあります。
      特に水や汗などで濡れた場合は衣服や持ち物に色移りしやすくなるためご注意ください。

      カバー内がわの革にたるみが出ることがあります

      カバーの構造上、カバー内がわの革にたるみが出ることがあります。

      ボタンとタグの位置や向きには個体差があります

      カバー上部についている「ボタン・イン・イヤー」は、ドイツでひとつひとつ手作業でつけています。
      タグの取りつけ位置や向き、タグを留めているボタンの向きには個体差があります。

      濡れた場合はすみやかに乾かしてください

      濡れた場合は、すみやかに乾いた布でたたくようにして水分を取りのぞき、風通しのよい場所で陰干ししてください。
      また、高温での乾燥は避けてください。

      高温、多湿の場所を避けて保管してください

      温度や湿度の高い場所に長時間置いておいたり、他のものと長時間密着させておくと、変質や色落ち、色移りが起こるおそれがあります。

      素材の特性上、色、毛並みなど個体差があります

      自然素材の特性上、色、毛並みなどに個体差がございます。あらかじめご了承ください。

      実際の寸法が仕様と若干異なる場合があります

      工場の人たちが1枚1枚作っているため、実際の寸法が仕様と若干異なる場合があります。
      サイズなどはできるかぎり均一になるように確認しながら制作しておりますが手作り品の特徴としてあらかじめご了承ください。

      weeksの表紙は片側のみを入れてお使いください

      weeksの表紙は片側のみを入れてお使いください。
      両方の表紙を固定すると、weeksの背の部分に負荷がかかり、破損したりファスナーが開閉しづらくなる
      原因となりますのでご注意ください.

      weeks MEGAにもご使用いただけます

      「ほぼ日手帳weeks MEGA」にもご使用いただけます。

      みんなのおすすめコメント

      この商品をお求めくださったみなさん、
      現在ご検討中のみなさんのために、気に入ったところや
      ご購入の決め手といった「おすすめコメント」をお寄せください。
      ロフトなど「ほぼ日ストア」以外の場所で購入された方や、
      プレゼントでもらった方などのコメントも、大歓迎です。

      コメントを送る