ほぼ日手帳のカバーのきほん。~カバーのつけかたと、お手入れ方法~

ほぼ日手帳は、手帳本体といっしょに
さまざまなカバーを選ぶことができます。
そんな手帳のカバーについて、
「つけかた」と「お手入れ方法」という、
知っておくとちょっと役立つ
きほんの内容をまとめました。

カバーのきほん01カバーのつけかた

ほぼ日手帳を手帳カバーと手帳本体のセットで
ご注文いただいた場合、
ご自身でセットしていただく必要があります。
実はこちら、表紙を曲げたりすることなく、
簡単にセットする方法があるのです。
写真付きでご紹介します。

バタフライストッパー仕様の場合

手帳の本体表紙を大きくひらきます。
(表紙と裏表紙がくっつくくらいまで)

カバーの両端に、そのまま表紙を差し込みます。

くるっと回し、元に戻せば完成です。

2つのペン差しに、1本のペンを通すことで、
カバンの中で手帳が勝手に開かなくなります。

ジッパーズ仕様の場合

手帳の本体表紙を大きくひらきます。
(表紙と裏表紙がくっつくくらいまで)

カバーの両端に、そのまま表紙を差し込みます。

くるっと回し、元に戻せば完成です。

weeksカバーの場合

weeksカバーは表紙の片側のみを入れて、
お使いいただく仕様です。

※weeksはカバーなしでもお使いいただけます。

カバーのきほん02お手入れの方法

汚れのお手入れ

清潔な布を用意し、水(または中性洗剤を少量溶かした水)に
ひたしてから、かたくしぼり、カバーを軽くたたくように拭きます。
そのあと、風通しのよい日陰でカバーを乾燥させます。

※必ずはじめに目立たない箇所で
ためしてください。
※乾燥機やドライヤーは、生地が縮むおそれが
あるため、使用しないでください。
※揮発性の溶剤等のご使用は
変色の原因になりますので使用しないでください。

革製のカバーについて

軽くブラシをかけ、
表面についたほこりなどを落とす。

少量(豆一粒程度)のクリームを
やわらかい布などになじませてから、
カバー全体にうすくのばす。

クリームが全体に行き渡るように、
グローブクロスなどで仕上げのから拭きをします。
やさしく磨き込むことによって、
ツヤが出てきます。

※必ず、はじめに目立たない箇所でためしてください。

革の手帳カバーのお手入れグッズはこちら

バタフライストッパーとは?

「バタフライストッパー」とは、
蝶番(ちょうつがい)型のペンホルダーのこと。
2つの輪っかに1本のペンを通すことで、
カバンの中で手帳が勝手に開いてしまうのを防ぎます。

いかがでしたでしょうか。
ぜひ、お気に入りのカバーといっしょに
たのしい一年をおすごしくださいね。