HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

entoanの3つのバッグ。〈7月22日(水) 午前11時から 「ほぼ日ストア」で販売開始 〉

「ほぼ日」がずっと応援してきた
靴職人の櫻井義浩さんと富澤智晶さんによる
靴と革製品のちいさなブランド、
entoan(エントアン)から、
3つの革のバッグが揃いました。
新作は、ぺたんこで、ちっちゃくて、
持ち手があって、「ちょっとそこまで」のお出かけに
ちょうどいいサイズのバッグ
「piatto」(ピアット)。
あわせて、これまでおなじみのふたつのバッグが
「clutch」(クラッチ)と
「tote」(トート)に名前を変えて再登場です。>予告編はこちら

entoanのこと。

entoan(エントアン)は、
靴職人・櫻井義浩さんと富澤智晶さん、
ふたりの手仕事による革製品のブランドです。
埼玉県越谷市にアトリエを構える彼らが
基幹としている商品はオーダーメイドの革靴。
年に数回、各地で受注会をひらき、
「そのひとにあった」革靴をつくっています。
さらにそこから発展して、いろいろな革小物や
「玄関まわり」をテーマにした製品を
はばひろく手がけています。
(木製の靴箱をつくったこともあるんですよ。)

2012年秋冬、大橋歩さんの
「hobonichi + a.」の「革のトートバッグ」
「ほぼ日」との出会い。
当時、櫻井さんはまだ20代でした。
それから現在にいたるまで、
「生活のたのしみ展」への出展や、
TOBICHI②での受注&展示販売会、
ワークショップの開催のほか、
「だいじなポーチ」「ルームシューズ」
「ロングウォレット」「パスケース」などを
「ほぼ日ストア」を通じて販売。
靴職人ならではの革の知識と技術による製品は、
いずれもクオリティが高く、
たいへんな人気を博しています。

●entoanのウェブサイト
http://www.entoan.com/
●「ほぼ日」掲載の最初のインタビュー
https://www.1101.com/store/hobonichi_plus_a-dot/2012aw/sakurai.html

とじる

piatto

ポーチのようにぺたんこな、
黒い革のバッグです。
ハンドバッグとしては小さめ、
ポーチとしては大きめのサイズ。
靴職人のチームであるentoanならではの、
ていねいなつくりです。
たとえば本体の縫い目は「玉だし」といって、
パイピングを入れた縫い方で仕上げました。
そうしたほうが、R(曲線)や、
全体のかたちがきれいに出るんです。

ハンドルは、本体と同じ革。
持ったときの心地よさを追求し、
「しっくり感」のある幅、厚みになっています。
ファスナーの引き手には、
デザイン性と使い勝手の両立をはかって、
長めの革のリボンを縫い付けました。

内側にはコットンツイルを貼り、
携帯や鍵など小物を収納する
ポケットが両側に。
片面はファスナーつきのポケット、
もう片面のポケットには
センターでステッチを入れていますから、
合計3つの内ポケットを使い分けることができます。

このバッグ、かわいいけれど、
ガーリーではありません。
男性がカジュアルに持っても
おかしくないかたち。
ぜひそのまま持ち歩いてほしいのですが、
大事なものを入れる道具として、
バッグインバッグにしてもいいかもしれません。
持ち手があるので、大きなバッグから
取り出しやすいんですよ。

素材の革は、entoanのふたりが認めた
イタリアのNUOVA GRENOBLE社のもの。
100%植物タンニンなめしの革で、
伝統的な手法を守り、時間をかけ、
革本来の表情をなるべくいかせるように
加工は最低限に抑えて仕上げた革です。
牛革のなかでも、頻繁に動かしている
柔軟な肩の部分のみを使っています。

規格
[素材]
本体/牛革
内ポケット/コットンツイル 綿100%
[重さ]
約240g
[生産国]
日本
[知っておいてほしいこと]
革本来の風合いを
お楽しみいただけるよう、
植物性タンニンなめしを施しております。
そのため、革が元々持っているシワ、キズ、
汚れ、シミ、血筋の跡などが見られます。
革のもつ特徴をご理解いただき、
革素材の独自の風合いとして
お楽しみください。
また、濡れた場合は、
乾いた柔らかい布等で
十分に水気を拭き取り、
室内や日陰で自然乾燥してください。
[販売時期・販売方法]
2020年7月22日(水)
午前11時より数量限定販売。
※なくなり次第、販売を終了いたします。
[出荷時期]
1~3営業日以内
着用アイテム
[女性]
スカート¥13,000/ノンブルアンペール
(ノンブルアンペール自由が丘店)
その他 スタイリスト私物
[男性]
シャツ¥39,000/ナイスネス
パンツ¥30,000/アルテリア
(ともにイーライト)
その他 スタイリスト私物
[問い合わせ先]
イーライト 03-6712-7034
ノンブルアンペール自由が丘店 
03-3724-9022

clutch

櫻井義浩さんと富澤智晶さんの革工房、
「entoan」(エントアン)による、
手づくりの革のポーチが
clutchと名前をかえて再登場です。
イタリアでつくられたNUOVA GRENOBLE社の
100%タンニンなめしの牛革のなかから、
頻繁に動かしている柔軟な肩の部分のみを
使っています。

色は黒。
ベーシックであると同時に、
いろいろな表情を見せる色です。
キリリとスマートにも、さりげなくラフにも、
どんなスタイルで持ったときにも、
印象に残るつよさをもっていて、
持つ人やシチュエーションを選びません。

サイズは、バッグインバッグとしても使え、
単体でも持ち歩くのに便利なようにと考えました。
文庫本(つまり「ほぼ日手帳」サイズ)が
すっぽり横に入り、さらにカードケースやキー、
ペン、お財布、スマートフォンやハンドタオルなど
「ちょっとそこまで」のものを入れて運ぶのに
ちょうどいい大きさです。
仕事の合間にお昼や買い物に行くときに
お財布を入れて。
あるいは銀行に行くとき、通帳や印鑑を入れて。
旅に出るとき、パスポートなど貴重品を入れてと、
いろいろな使い方ができそうです。
ちなみに内側は布張りになっていて、
そこにふたつのポケットがついています。
(スマートフォンの収納に便利です。)

持ち手はギボシ留めになっていて、
片側が取り外しできる仕様。
バッグインバッグとして使うときは、
ほかのバッグの持ち手に取り付けることで、
貴重品を持ち運ぶときにも安心ですよ。

規格
[素材]
本体/牛革
内ポケット/コットンツイル 綿100%
[重さ]
約105g
[生産国]
日本
[知っておいてほしいこと]
革本来の風合いを
お楽しみいただけるよう、
植物性タンニンなめしを施しております。
そのため、革が元々持っているシワ、キズ、
汚れ、シミ、血筋の跡などが見られます。
革のもつ特徴をご理解いただき、
革素材の独自の風合いとして
お楽しみください。
また、濡れた場合は、
乾いた柔らかい布等で
十分に水気を拭き取り、
室内や日陰で自然乾燥してください。
[販売時期・販売方法]
2020年7月22日(水)
午前11時より数量限定販売。
※なくなり次第、販売を終了いたします。
[出荷時期]
1~3営業日以内

tote

このバッグの原型が誕生したのは2012年。
イラストレーターの大橋歩さんが
自身のブランド「a.」(エードット)で
当時28歳だった靴職人の櫻井義浩さんに
バッグづくりを依頼したのがきっかけでした。
大橋さんがつくっていた帆布のトートバッグを
デザインのソースにして、
シンプルだけれど存在感のある
革のバッグを、櫻井さんがつくったのです。
「ほぼ日ストア」ではいままで
「革のトートバッグ」として
「hobonichi + a.」ブランドで
販売をしてきましたが、今回から、
entoanのブランドで販売を行ないます。

靴職人だった櫻井さんにとって、
バッグづくりははじめてのこと。
革を縫う工程において、
バッグをつくることと靴をつくることは
まったく別の技術だといいますが、
櫻井さんは革靴づくりの技術を使い、
バッグには贅沢とも言える手法で
トートバッグを完成させました。
ポケットの構造、持ち手のつくり、
底の角がR(アール)になっているところなど、
手作業できちんと仕上げることで、
一見、とてもシンプルに見えるのに、
とても上等な品質感が出ています。

革は、イタリアのNUOVA GRENOBLE社のもの。
100%植物タンニンなめしの革で、
伝統的な手法を守り、時間をかけ、
革本来の表情をなるべくいかせるように
加工は最低限に抑えて仕上げています。
牛革のなかでも、頻繁に動かしている
柔軟な肩の部分のみを使っています。
(牛1頭から、トートバッグ
 2コ分しかとれないんです。)

大きさは、左右、天地ともに35センチ。
一般的なノートパソコンがすっぽり入る大きさです。
そして持ち手は45センチ。
ショルダーバッグはもちろん、
提げても使える長さです。
この持ち手は、革をうすく削いで、
くるんと包むように縫い合わせるという
とても手の込んだつくりかたで、じょうぶです。

内側のスエード部分は、
ざらざらした感触ではなく。
できるだけ、すべすべになるように
裏処理をほどこしています。
(それも、櫻井さんたちが
手作業で仕上げているんですよ。)
ポケットには、ハリのある帆布を使っています。

色は黒。
ベーシックであると同時に、
いろいろな表情を見せる色です。
キリリとスマートにも、さりげなくラフにも、
どんなスタイルで持ったときにも、
印象に残るつよさをもっていて、
持つ人やシチュエーションを選びません。

規格
[素材]
本体/牛革
内ポケット/帆布 綿100%
[重さ]
約600g
[生産国]
日本
[知っておいてほしいこと]
革本来の風合いを
お楽しみいただけるよう、
植物性タンニンなめしを施しております。
そのため、革が元々持っているシワ、キズ、
汚れ、シミ、血筋の跡などが見られます。
革のもつ特徴をご理解いただき、
革素材の独自の風合いとして
お楽しみください。
また、濡れた場合は、
乾いた柔らかい布等で
十分に水気を拭き取り、
室内や日陰で自然乾燥してください。
[販売時期・販売方法]
2020年7月22日(水)
午前11時より数量限定販売。
※なくなり次第、販売を終了いたします。
[出荷時期]
1~3営業日以内
STAFF
Styling/ Kaori Kawakami
Photo/ Chihaya Kaminokawa
Hair & Makeup/ Rumi Hirose
Model/ Colliu, Shun Kawachi
Location/ HADEN BOOKS: LOVELESS AOYAMA