-版画で描く-大橋歩どうぶつ園

2019年4月、東京・丸の内で開催の
第4回生活のたのしみ展「東京と世界」
5日間だけ出現するとくべつなお店のなかにある、
イラストレーター大橋歩さんの版画のお店
今回のテーマは、「どうぶつ園」です。
大橋さんがまるで園長先生のように、
すきなどうぶつたちをあつめ、
そのすがたを版画に描きました。

大橋さんの銅版画は、
コラグラフとドライポイント手法です。
下絵を転写したニードルなどで引っ掻き、
直接、銅版に「絵」を描きます。
その版を、紙に摺ることで作品ができあがるのですが、
この工程を担っているのが「摺り師」さん。
大橋さんが全幅の信頼をおく、
白井版画工房の白井四子男(よしお)さんです。
白井さんの、絶妙な手の加減によって、
大橋さんの絵のタッチに、
版画ならではのニュアンスがプラスされて、
やさしい、おだやかな作品が生まれます、
色は、大橋さんが指定し、白井さんが調色。
モノトーンのものから、3色をつかったものまで、
そして、微妙に濃淡のあるものなど、
その色にも、版画ならではのたのしさがあります。

今回のどうぶつたちは、15種類。
「男前です」(ゴリラ)
「アスリートでしょう」(カバ)
「ころんだ」(パンダ)
「縁起がいいね」(トラ)
など、大橋さんらしい、たのしいタイトルがついています。
それぞれ20枚のエディションを予定、
ひとつひとつに、大橋さん直筆の
サインとタイトル、エディションナンバーがつきます。

この版画、会場では各2枚ずつを販売、
そのほかの18枚ずつを、
「生活のたのしみ展」会場で受け付けるとともに、
ここ「ほぼ日ストア」でも販売をすることになりました。
つまり、注文をいただいてから、刷り、額装します。
この額装は、大橋さんが信頼をおく額縁屋さんが、
1点ずつ手作業でつくっています。
(裏側をシールしてあるので、絵を入れ替えたり、
額だけ別の絵を飾るのにつかうことはむずかしいです。)

価格は額こみで、
ひとつ¥29,160(税込・配送手数料別)です。

2019年4月17日(水)午前11時から
4月22日(月)午前11時まで、
各版画につき先着18名様までの受注販売です。
2019年7月上旬の発送を予定しています。

[サイズ]
額装外寸 縦26.2cm、横25.2cm、厚み2cm
箱外寸 縦約28.5cm、横約27.5cm、厚み約4.5cm
[重さ]
本体:約450g
箱(布袋付)込み:約650g
[素材]
銅版画/額:木製(ナラ材 ホワイトウォッシュ仕上げ)
表面カバー:アクリル/裏紐付き/布袋・ダンボール箱入り
[ご覧になる環境と、実物の色・質感について]
パソコンやスマートフォンの環境によって、
色や質感などが、実物と違う印象にならないよう、
十分注意しておりますが、
若干、色が違って見えるため、
印象が違う場合があります。
また、額は木製のため、
木目や色合いが1点ずつ異なります。
予めご容赦ください。
[寸法について]
実際の寸法や仕様が若干異なる場合があります。
手づくり品の特徴としてあらかじめご了承ください。
[販売期間・販売方法について]
2019年4月17日(水)午前11時から
4月22日(月)午前11時まで、
各版画につき先着18名様までの受注販売です。
[出荷時期について]
2019年7月上旬を予定しています。