O2 BETTER THAN ONE
SPRING & SUMMER & ANYTIME

やっと、この生地に出会いました。 大好評をいただいていた 「ロータス」シリーズの進化版 〈O2〉Tee "Lily" の登場です 。

〈O2〉Tee "Lily"

予告06

なめらかな着心地と、ひと目で分かる品のよさで
大好評をいただいていた〈O2〉の「ロータス」シリーズ。
生産を終了したあとも、
再販売のリクエストをたくさんいただいていました。
どうせだったら、進化した、より良いものをお届けしたい。
そう思ったわたしたちは、加藤さん、宇和川さんといっしょに
新しい生地をさがしつづけ、ようやく「これがいい!」と
自信を持って言える生地に巡りあいました。
〈O2〉のあたらしいTシャツ
「Lily(リリー)」シリーズについて、
くわしくご紹介します。

加藤 博(かとう ひろし)

自身の名前をブランド名にした「KATO’」 の創設デザイナーであり、
株式会社チームキットジャパン代表取締役社長。
これまで様々な国内外の商品の企画開発に携わるだけでなく、
生地開発や、 日本生地の海外輸出の際のディレクションなど
幅広く活躍する。
フランスの 「ET.VOUS」 のメンズライン開設時の
デザイナーとして活躍した後、
アドリアーノ・ ゴールドシュミット氏との仕事や、
RRLの商品企画開発・イタリア「Legra」の 生地開発など
世界のブランドで様々な役割を果たしてきた。

宇和川 恵美子(うわがわ えみこ)

セレクトショップの店長、バイヤーを皮切りに、
海外ブランド向け素材の企画・プロデュース、
アパレルブランド製品の企画・生産などの業務を経て、
2010年、
自身のブランド GRANDMA MAMA DAUGHTER を設立。
祖母から母へ、娘へと受け継がれていく
洋服作りをコンセプトに、
ユーザー目線を反映したゆきとどいた製品づくりで
人気を博している。

ロータスTシャツの「その後」。

〈O2〉チーム
(以下O2)
今回は、〈O2〉でいちばん最初に作っていた
「ロータス」シリーズのTシャツを進化させたものを
加藤さんと宇和川さんに作っていただきました。
販売していない期間も、お客さまから
「あれないの?」というお声をたくさんいただいて、
それであれば、
似ているけれど、より良いもの、さらに魅力的なものを
お届けしたいと思ったんです。
加藤
生地は要ですから、いろいろ探しましたね。
今回見つけた生地は、
繊維が長くていい糸をスムース編みにしているから、
肌触りがなめらかで伸縮性がありますし、
光沢もあって、いい感じにしあがりましたね。
O2
初めてサンプルを着てみたとき、
「わっ、すごくいい!」と思いました。
着るときにぐんと伸びますし、
でも鏡に映った姿を見ると
光沢とドレープが生きていて、
すごく品よく見えました。
肌当たりもとても気持ちよかったです。
加藤
着てみるとわかりますよね。
いい糸だけど、廃棄されるはずの「落ちわた」と
オーガニックコットンを使ってるから、
無駄を出さない、っていうサイクルの中で、
ちゃんと作られてもいますし。
O2
「落ちわた」っていうのは、
どんなものなんでしょう?
加藤
コットンのわたの状態から糸にする紡績の工程で
わたを梳くときに落ちる、
短い繊維のわたくずのことですね。
宇和川
ふつうはそのまま捨てられてしまうものですが、
それをあえて再利用しているんです。
加藤
落ちわたって柔らかいので、
じつはけっこういい風合いが出るんですよ。
もったいないから、という理由だけじゃなく、
その風合いが好きで使うことにしたんですが、
ただ、いちど落ちたわたをひろい集めて
再利用しているので、
どうしても「コンタミ」が入ってしまいます。
O2
コンタミというのは‥‥。
加藤
コンタミネーション、異物混入という意味です。
どうしても生地の表面に小さな点々ができてしまいます。


▲うっすら見える小さな点々(黒やグレー、白など)が
コンタミです。

O2
ごくわずかですが、
うっすらと点のようなものが見えますね。
加藤
通常の方法で紡績されたものだったら、
「コンタミ」が少しでも見つかると
B品としてはねてしまうんですよ。
でも、落ちわたの製品であれば、
「コンタミ」が入ることは避けられません。
いまは、こういうものを
風合いのひとつとして許容していこう、
という動きがひろまっています。環境を考えることだとか、
廃棄を少なくするということにもつながりますし。
O2
それは、とてもいい流れですよね。
宇和川
落ちわたでつくっているからこそ、
こんなに柔らかな風合いで。
しかも、いいツヤがしっかりと出ていて。
ものづくりをしている身としても
とても嬉しいです。
O2
本当になめらかで、やさしいツヤ感ですよね。
染色をしたらそれがまた、より感じられました。

今回は、ジェンダレスで着られるTシャツと
昨年たいへん好評だったレディスのハーフスリーブT、
ふたつのアイテムをつくりました。

Tee "Lily" ジェンダーレスワイドT

Tee "Lily" レディス ハーフスリーブT

▲オフホワイト(左上)、アイスグレー(中央)、
スモークブルー(右上)、アメジスト(左下)、シェルピンク(右下)

O2
カラーは新しい5色がそろいました。
ラインナップはいかがでしょうか?
加藤
この「シェルピンク」は男性にぜひ着てほしい。
挑戦しやすい、いいピンクだと思うから。
スムース編みでほどよい肉感もあるから、
白やアイスグレーなどの薄いカラーも透けにくいし。

▲〈O2〉Tee "Lily" ジェンダーレスワイドT

宇和川
あとは、このパンチの効いた「アメジスト」(笑)。
これはコーディネートするとすごく絶妙にいい色合い。

▲〈O2〉Tee "Lily" レディス ハーフスリーブT

加藤
メンズ目線から言うと、なかなか出てこない色だけど、
こうやって一緒につくることで生まれたものですから、
それがものすごく新鮮でおもしろかったですね。
宇和川
ちょっと高貴な感じもする、というか。
大人感がちゃんと出てますよね。
O2
ジェンダーレスのワイドTシャツは、
襟ぐりが特徴的ですね。
加藤
そうですね。
ピュアブリーズのワイドTシャツのときは
少し抜けた感じにしていたんですけど
今回は逆にぐっと詰めた形にしてみました。
それでも苦しくない、首にやさしくフィットするような
かたちですね。

▲〈O2〉Tee "Lily" ジェンダーレスワイドT

▲〈O2〉Tee "Lily" ジェンダーレスワイドT

加藤
1枚でも着ても、
だらしなく見えないです。
普通のクルーネックよりもきれいに見えて、
ジャケットなんかにも合わせられます。
O2
まさにジャケットに合わせれば
シャツにも見えるような、
そういう雰囲気がありますね。
やっぱり襟ぐりと裾、袖の見せ方でしょうか。
宇和川
この太めに折り返すような裾と袖は、
シリーズのアイコン的なイメージですね。
そうすることで重みが出て、落ち感も出やすいですし、
袖なんかはちょっとカフスを付けたような。
Tシャツといえばカジュアルな印象があるけれど、
これは生地の良さと細かいあしらいが相まって、
よそ行き感が高まってるように思いますね。

▲〈O2〉Tee "Lily" レディス ハーフスリーブT

加藤
今回、何度も修正してもらったりして、
お手間を取らせちゃったけど、
すごくいいものができたなって、予想以上にいいものが。
年齢層も男性女性も関わらず、
幅広く着てもらえるんじゃないかなと思いますし、
自分でもやっぱり着たいな。
全色着たいんですよね。
O2
理想のものにたどり着けて、本当にうれしいです。
ありがとうございました!

(次回は、加藤さん、宇和川さんによる
Tシャツのおすすめコーディネートをご紹介します。)

〈O2〉Tee "Lily" 生地のこと。

今回はじめて使った、あたらしい生地について
繊維専門商社・STYLEMの廣中さんに
おうかがいしました。
生地を探されているなかで、この質感に「巡りあえた」
とのこと、うれしく思います。
世の中の製品の価格低下などもあり、
この10年ほどはどれだけ安くできるか……といったところを
多くのお客さまに求めつづけられてきました。
けれども、
最終的に製品と永くつきあっていかれるのはお客さまですから、
本質的なところで良いものを提案できなければ、
ほんとうの意味で喜ばれることはないと思ったんです。
そんなこともあり、真摯に素材と向き合っていらっしゃる
和歌山のニッター工場さんとの出会いから生まれたのが
この生地です。

使用している超長綿は手間や採取までの年月が
かかってしまうものですが、
そんな手間暇をかけたインドのオーガニックコットンと、
本来であれば工程のなかで廃棄されてしまう、
スビンコットンの落ちわたをブレンドして作られています。
スビンは、綿の中でも非常に希少価値の高い
高級な超長綿です。
それを60番という細い糸に紡績し
ハイゲージのスムース編みにすることで、
ほどよい厚みと伸縮性があり、
なめらかで肌当たりがとてもやさしい生地になりました。
加藤さんからもお話しがありましたように、
落ちわたから紡績する過程で
どうしても「コンタミ」が入ってしまうのですが、
風合いのひとつとして考えていただけるとのこと、
とてもうれしく思っています。
夏に着るものなので、編み目は極端に詰めすぎず
コットンの良さがでるバランスを保っています。
型崩れしにくいことも特徴です。
薬品で溶かすようなシルケット加工なども
一切ほどこしていないので、
コットンそのままのふくらみや柔らかさなど、
素材本来の表情となめらかさを味わえる生地です。
ぜひ、素肌に1枚で着てみてほしいです。
たくさんの方に触れていただきたいと思います。

Tee "Lily"
レディス ハーフスリーブT
¥6,490(税込・配送手数料別)

Tee "Lily"
ジェンダーレスワイドT
¥6,600(税込・配送手数料別)

シェアする