「ほぼ日」で買えるさまざまなアイテムを、
実際にそれを愛用しているほぼ日乗組員に、
おすすめしてもらうことにしました。
紹介するアイテムを決めるときのルールは1つ。
「ユーザーとしてほんとうに気に入って使っている」
ほしいものを見つける参考になればさいわいです。

osusume01
焼き肉臭、居酒屋臭よ、さようなら。

によどヒノキウォーター

私の理想郷は、無臭世界です。
なので、臭いもの、人工的ないい匂いのものの
全てから遠くありたいのです。
「人工的ないい匂いのもの」を避けるのは簡単で、
自分から近づかなければいいだけの話です。
これは結構避けられます。

しかし、「臭いもの」となるとそうはいかないのです。
煙がもうもうとあがるおいしい焼肉屋さんは存在します。
そして、揚げ物とタバコと
なんだかわからないすえた臭いが
洋服に染み込むのが居酒屋というものです。

いままでそうなってしまった上着などは
速攻でクリーニングに出していたのですが、
この「によどヒノキウォーター」を使い始めてからは、
そんなことはしなくても大丈夫になりました。

お店でついた臭いにまみれて家に帰ってきたら、
洋服や布製のかばんに
シュッシュッシュッとスプレーする。
ケチケチせず、多すぎもしないというような
絶妙な量をふりかけまして、
一晩ハンガーにかけておくだけです。

じつは「によどヒノキウォーター」には、
ベルガモットの香りがついています。
「人工的ないい匂い」が苦手なので
本当のことをいうとその香りはなくていいぞ、と
思っているのですが、
ただ、この香りは、ケミカルな「いい匂い」ではなく
(編注:化学的な香料ではなく精油を使用しています)
服に長時間匂いをつけるようなものでもありません。
翌朝になると飛んでしまうものです。

そして、シュッシュッシュッとした次の日の朝、
ベルガモットの香りとともに、
焼き肉臭も居酒屋臭もどこかへ飛んでいっているのです。
そして、無臭の上着を手に入れることができます。
ああ、私のユートピア、無臭世界がそこに。

ちなみに、焼き肉臭と居酒屋臭には
抜群の効果がありましたが、
バーベキュー臭とか焚き火臭とかシンナー臭とか、
ほかの臭いについては、
試したことがないのでわかりません。
でも、この2つの臭いがちゃんと消えるということは、
役に立つ機会がそこそこあるのではないでしょうか。

ベルガモットの香りには好き嫌いがあるし、
もしかしたら、鼻の能力の差もあって、
「残臭があるぞ」となるかもしれませんので、
100ミリリットルの小さいほうで
まずは試してみてもらうとよいかもです。

おすすめした人:ほぼ日乗組員・モギ

紹介した商品について

もしも売り切れていたら、ごめんなさい。
日本一の清流と言われる
高知・仁淀川の源流域の天然水と
ヒノキの蒸留水でつくられた
ケミカルフリー、エタノールフリーのルームミストです。
毎年5月ごろ仁淀の森のなかでおだやかに香る
みかんの花の香りをイメージして、
ほんのすこしベルガモットの精油を加えました。
アンモニア(体臭・汗くささ・トイレの臭いに含まれる)と
トリメチルアミン(生ごみやペットの臭いに含まれる)、
2つに対して、消臭効果が実証されています。

によどヒノキウォーター ルームミスト
トリガースプレータイプ

100ml ¥1,100(税込・配送手数料別)
300ml ¥1,980(税込・配送手数料別)

この商品のページをみる

わたしもファンです。

お客さまからいただいた追加情報
狭いウナギの寝床式の1DKに住んでいますが、
揚げ物や焼き魚、お肉を焼いたりしたとき、
換気扇を使ったり窓を開けたりしても
なんとなーく臭いが残るのです。
でも、壁にこれを多めに吹きかけると、
ベルガモットの香りが消えるころには
臭いが気にならなくっている!
もちろん、壁紙の色も変化なし。
(ふみ)
ベルガモットの香りについては、わたしも同感です。
でもすぐに洗えないファブリックに
シュッシュした時の脱臭効果は実感できますし、
化学物質が入ってない安心感で続けています。
マスクの不織布臭が気になるときも、
マスクの外側にかけるとスッキリして重宝します。
(あくび)
osusume02
過去が今日を、今日が未来を
きっとたのしませてくれる。

ほぼ日5年手帳

「ほぼ日5年手帳」をつかいはじめて3年目です。
一度も日記がつづいたことがない私ですが
この5年手帳は毎日続いています。
なぜ続くのかというと、おもしろいのです。
自分が書いていたことが、おもしろいのです。

そんなにおもしろい日々を
おくっているわけではありません。
5年手帳には1日のなかで、どんなささいなことでも
心が動いたことを書きとめるようにしています。

スペースがあまり大きくないのも気楽です。
大きめの文字でその日のトピックを、
小さめの文字で補足を、
書ききれないときは右ページにはみだして書きます。
気になったニュースを書いていることもあれば、
おいしいと思ったもの、野球などスポーツの結果、
ただただ寝ていたことが記された日もあります。

2018年は平昌オリンピックもありました。
羽生結弦選手や小平奈緒選手の活躍を書き、
おなじ5年手帳を使っているであろう4年後、
どうなっているだろう、って思っていました。

さて、2年目。
この手帳のよさは、手帳を開くと自然と
前の年のその日のことが目に入ってくることです。

そこで、気づいたことは、
「だいたいのことは忘れている!」ということでした。
そして1年前の自分が書いていたことは、
どんなことでもおもしろい。
1年前のその日に心が動いたことですから。
1年後も、だいたい「おぉ!」ってなります。

今年が、3年目です。
2020年は全世界でたいへんなことになり、
はじめて起きていることを受け止める年になっています。
わたしの5年手帳に「コロナ」という言葉がはじめて
登場したのは2月25日でした。
「コロナウィルスで野球も無観客試合かぁ。」
と書かれています。

今年は5月時点で
いまだプロ野球が開幕していないという前代未聞の年。
だからこそかもしれないのですが、
去年や一昨年、野球のことを書いているページが
目に入るとうれしくてたまりません。
野球がある日々、最高です。
ひいきのチームが20点とった試合もありますし、
応援している選手が記録を達成した日もあります。
さんざんな試合に、ぼやいている日もありますが、
そんなことも、今年は笑って読めます。

このようにして、ほぼ日5年手帳を
過去の日々もふくめてたのしんでいる毎日です。
5年手帳を使っていない方には、
1年の半分ちかくが過ぎている日ではありますが、
あらためておすすめしたいです。

今年のような年はきっと特別です。
いま感じていること、もやもやしていること、
考えていること、ちいさなうれしいこと。
なんでも書きとめておけば、
きっと未来の自分がおもしろがってくれるはずです。

おすすめした人:ほぼ日乗組員・トミタ

紹介した商品について

もしも売り切れていたら、ごめんなさい。
5年分の記録を一冊にまとめられる手帳です。
各ページは、ほぼ日手帳と同じように
絵も文字も書きやすい「3.7ミリ」の方眼ベース。
各見開きの左ページは1日ごとの日付と、
5年分の西暦と曜日のみを記載し、
自由に使えるシンプルなデザインになっています。
右ページはフリースペースになっていて、
ページの下には「ほぼ日刊イトイ新聞」の
過去のコンテンツから厳選した
「日々の言葉」が入っています。

ほぼ日5年手帳(2020-2024)

¥4,180(税込・配送手数料別)

この商品のページをみる

おおきいほぼ日5年手帳(2020-2024)

¥6,050(税込・配送手数料別)

この商品のページをみる
osusume03
我が家に起こった、唐揚げ革命

紀州の、うめ酢

きっかけは、週に1度の「ほぼ日の給食」でした。
おかあさんが作ってくれた「うめ酢揚げ」を食べて、
びっくりしてしまったのです。
なに、これ?
レモンかけなくてもほどよく酸っぱい!
唐揚げなのにさっぱり!
衣がサクサクしておいしい!

そもそも、唐揚げは面倒くさい一品だと思っていました。
生姜下ろさないといけないし、
下味つける時間がかかるし、
サクッと揚がらないし。

でも、うめ酢揚げなら、
下味につけるのは5分だし、
衣は皿ひとつでつけられるし、
誰がどう揚げても間違いなくおいしい。
しかも、冷めてもイケる。
「今後、唐揚げはずっとこれで」と語る息子は
冷めた弁当の方がうまい、とまで言う。
娘も初めて食べたとき、「なにこれ!?」と叫んだ。

我が家の唐揚げに革命を起こした
「紀州の、うめ酢」が、
その後、冷蔵庫から姿を消したことはありません。

おすすめした人:ほぼ日乗組員・草生

紹介した商品について

もしも売り切れていたら、ごめんなさい。
うめ酢は、梅干しをつくるときの最初の工程で
自然に出てくる果汁に、塩が溶け込んだものです。
温暖な気候のなか、カルシウムが多く、
日当たりと水はけがよい斜面の土壌で育った
健康な梅と、塩だけでつくった製品です。
きつくない、ほどよい酸味と、ふんわりとした甘さ、
フレッシュな梅の香が魅力です。
塩分濃度は一般的なしょうゆとほぼ同じなので、
塩やしょうゆのかわりに
さまざまな料理にお使いいただけます。

紀州の、うめ酢
500ml 瓶入り

¥864(税込・配送手数料別)

この商品のページをみる
osusume04
今年の夏も間違いなくヘビーローテション。

fog linen workのサロペット

昨年、購入してから、何度着たことでしょう。
梅雨明けから秋の声が聞こえるころまで、
ずっと役立ってくれました。

シンプルなパンツのバリエーションとして、
サロペットって、ちょっとおしゃれに見えるかも?
そう思って購入したのですが、
実際に着てみてびっくりしたのが、
その着心地のよさと、涼しさです。

リネンって肌に触れた部分がさらっとするので、
外を歩いて汗をかいても、ふとももまわりで
生地がまとわりつくことがないのが、まず気持ちいい。
(そういえば、真夏は生地が脚につくのがいやで、
長い丈のパンツはほとんどはいていませんでした)

さらに、パンツ部分の生地をたっぷりとってあるので、
風通しがよく、とっても涼しい。
おまけに軽くて、体のしめつけがないので、
着ていて楽なのです。
気がついたら、着る回数がどんどん増えていました。

柄や色がついたTシャツと合わせてカジュアルに着たり、
シンプルで形がきれいな白いカットソーをあわせて、
おしゃれ着としても活用しています。

そうそう、社内で移動する時は
携帯とセキュリティカードだけ持って
ウロウロすることが多いので、
腰のちょっと下にポケットがついていることも
うれしいポイントでした。

今年も間違いなくヘビーローテションとなる予定です。

おすすめした人:ほぼ日乗組員・トミタ

紹介した商品について

もしも売り切れていたら、ごめんなさい。
スタイリストの伊藤まさこさんと
「ほぼ日」がいっしょにつくるネットのお店「weeksday」が
リネンブランド「fog linen work」と
コラボレーションしたサロペットです。
細い糸で薄手に織った、
リトアニア産のリネン生地でつくられています。
パンツ部分に生地をたっぷりとってあるので、
キャミソール型のロングドレスのようにも使えます。

fog linen work サロペット

¥17,050(税込・配送手数料別)

この商品のページをみる
osusume05
身の回りを黒でそろえる豊かさ。

ほぼ日手帳 英語版 Planner
ひきだしポーチ・姉 ブラック

黒が好きになって、5年くらい経ちます。

子育てとフルタイムの会社員生活で
いっぱいいっぱいだったとき、
それまでは大好きだった買い物が
嫌いになってしまったことがありました。
トレンド、機能性、値段‥‥
そういうことに気をつかうのが
快適でなくなってしまったんです。

そんなときに、ひいきにしていたブランドで
黒いレザーのトートバッグをみつけて
どうしても欲しくなってしまいました。
シンプルな一枚皮で、サイズが調整できて
一見どこのブランドのものかわかりません。
それまで私がコレクションしていた
ファッション誌から飛び出したような
主張のあるバッグとは対照的なものです。

いま思うと、トレンドに飛びつく生き方から
離れたかったのかもしれません。

黒って落ち着くんです。
どんな服とも合わせやすし、どんな場所でも浮かない。
トレンドにも左右されにくいですし。

それから、このバッグに似合う
黒いアイテムを探すようになりました。
でも、ビジネス関連の黒いアイテムって
ザ・会社員(の男性)といったデザインが多くて
味気ないものばかりなんですよね。

そんなときに見つけたのが
シュタイフとコラボしたほぼ日手帳(Planner)と
黒いひきだしポーチでした。

手帳は、一見生徒手帳のようですが
型押しされた金のロゴが控えめながら洗練されていて、
「これを探していた!」と即決しました。
シボのついた表紙の質感もすごく好みで、
だからあえてカバーは着けません。

ポーチも毎日使っています。
デスクにも化粧室にも持っていくので、
汚れが目立たないって
こんなにも便利なんだと感じますし、
張りのあるコットンの手触りに、
気持ちまでシャンとします。
少しの現金とカード、領収書、免許証。
文具、口紅、付箋、アロマ、スマホ‥‥。
これだけのものを、スリムに持ち歩ける。
買い物だって会議だって、どこに行くにも安心です。
どんなTPOでも堂々としていられて
頼りになるサブバッグなのです。

ただ、思いがけない反響もありました。
私のデスクを見て、
「男性の席だと思っていた」と
驚かれることがしばしば。
そのぶん、中身の女性成分は薄まらないように
磨いているつもりなのですが‥‥。

おすすめした人:ほぼ日乗組員・鈴木

紹介した商品について

もしも売り切れていたら、ごめんなさい。
全ページが英語で表記された、
インターナショナル版のほぼ日手帳です。
さまざまな国で使える、シンプルで洗練されたデザインは、
セレクトショップ&ブランド「ARTS&SCIENCE」のオーナー、
ソニア パークさんのディレクションによるもの。
世界で最も長い歴史を誇るぬいぐるみブランド、
「シュタイフ」とのコラボレーションバージョンは
表紙にテディベアの顔が箔押しされています。

手帳本体 Planner[シュタイフ](1月はじまり)
[A6サイズ/英語版/月曜はじまり]

¥2,750(税込・配送手数料別)

この商品のページをみる
お気に入りのものや大切なものを
ひとまとめに収納できるポーチです。
整理されたひきだしを、まるごと持ち歩くように使えます。
コットン素材の「ブラック」は、
他の持ち物やバッグとも相性のいい
落ち着いた雰囲気です。
ジッパー部分には、手に持ちやすい
輪っか状のストラップがついています。

ひきだしポーチ・姉 ブラック

¥4,180(税込・配送手数料別)

この商品のページをみる
osusume06
これさえあれば、だいじょうぶ。
たよれる旅の相棒です。

「ほぼ日のふくろもの」の「お届けバッグ」

もう10年近く、わたしの旅の相棒は、
「お届けバッグ」です。
年に一度は行く海外旅行の機内持ち込みバッグとして、
とても重宝しています。

旅行の準備をするときは、手帳に持ちものを書くのですが、
この「お届けバッグ」に入れるものを、まず書きます。

といってもだいたい決まっていて、
洗面道具、シンプルな化粧道具のポーチ、
コンタクトレンズのセットと外したときのメガネ、
一日分の靴下と下着、着替え用のTシャツ、
フェイスタオル、タブレットPCと充電用のACアダプタ、
旅行先のガイドブックやお店のコピー。
貴重品である財布やパスポートは
小さいショルダーバッグに入れて身につけておくので、
別にします。
(ちなみにこれはそのまま、
 短い国内旅行や帰省と同じ中身です。
 その時はこのバッグとショルダーバックだけ)

それからスーツケースに入れるものを考えれば、
忘れものをしたり、ダブることもありません。

「お届けバッグ」に入れるものは機内で使うものでもあり、
万が一、スーツケースをロストバゲージしてしまっても、
しばらくなんとかなる内容です。

また機内などで足が疲れたら。このバッグに足を乗せます。
汚れに強いことも、旅の友として優秀なところです。

そうそう、バッグ自体が軽いこと、
これも大きなポイントです。
少々お土産などの荷物がかさんだときも
斜めがけすれば手が空くのですから、ほんとうに便利です。

空港で、スーツケースを預けて搭乗を待つ間、
お届けバッグを膝に抱えて、
これがあれば大丈夫、旅を楽しめる、と
何度自分を安心させたことでしょう。
これからもずっと、一緒に旅をすると思います。

おすすめした人:ほぼ日乗組員・りか

紹介した商品について

もしも売り切れていたら、ごめんなさい。
今年でデビュー20周年を迎える人気定番商品、
「ほぼ日のふくろもの」の肩かけタイプです。
じょうぶなポリエステル製の生地と太いストラップで、
たくさんのものを、らくちんに運べます。
シワになりにくく、汚れもふきとりやすいので、
扱いを気にせず、気軽にお使いいただけます。
もちろん、手さげでも使えます。

お届けバッグ

¥2,750(税込・配送手数料別)

この商品のページをみる
osusume07
ジーンズをきれいに穿けているという、
深い満足感

WESTOVERALLSのジーンズ

むかしからずっと、ジーンズと、
うまくつき合えていない気がしています。
ヴィンテージデニムの無骨なムードとかに
あこがれはあるし、いろいろトライもしました。
でも、脚とジーンズのかたちが合っていないのか、
どんなジーンズでも、自分が穿くと、
あんまりすてきに思えないのです。

でも、「WESTOVERALLS(ウエストオーバーオールズ)」の
ジーンズはちがいました。

これまでに体験したことのない、
自然で、しかもうつくしいシルエット。
深い股上とゴムの入ったウエストが
腰まわりをしっかりホールドしてくれるので、
穿きごこちもとてもいい。
試着した瞬間に、「あ、これだ!」と思いました。

それ以来、インディゴとナチュラルカラー、
2色をかわりばんこに、よく穿いています。
WESTOVERALLSをチョイスした日はずっと、
「ああ、オレはいま、ジーンズをきれいに穿けている」
という深い満足感を味わいながら過ごすことができます。

そういえば、よさがすぐ伝わるという点は
ほかの人の場合でも同じらしく、
以前TOBICHIで試着即売会をやったとき、
試着して即購入、というケースが
たいへん多かったのが印象に残っています。

個人的にはジャストサイズが好みですが、
他の人が穿いているようすなどを見ていると、
たとえば1サイズアップで大きめに穿いても、
シルエットのうつくしさは、変わらないみたいです。
だから、サイズについては、
お好みでえらんでいいんじゃないかと思います。

おすすめした人:ほぼ日乗組員・ハリー

紹介した商品について

もしも売り切れていたら、ごめんなさい。
デニム大好き、でも体型にコンプレックスありという
アパレルデザイナー・大貫達正さんがつくる
ウエストオーバーオールズのジーンズは、
ヴィンテージ・マニアを納得させるディテールがありつつ、
穿いたときのシルエットが徹底的に追求されています。
人体の出るところ、引っ込むところのデータを取り、
それに基づいてパターンがつくられているので、
ももから裾へと、すっきりときれいなラインを描きます。
デニムの産地として名高い岡山県井原市で織られた、
オリジナルのデニム生地が使われています。

WESTOVERALLS 801S デニム

¥20,900(税込・配送手数料別)

この商品のページをみる

焼き肉臭、
居酒屋臭よ、
さようなら
過去が今日を、今日が未来を
きっとたのしませてくれる。
我が家に起こった、
唐揚げ革命
今年の夏も間違いなく
ヘビーローテション。
身の回りを
黒でそろえる豊かさ。
これさえあれば、だいじょうぶ。
たよれる旅の相棒です。
ジーンズをきれいに穿けているという、
深い満足感