おなじみレ・ロマネスクのTOBIさんと、
おもしろいツイッターで知られる
しまりすボーカル教室のボーナムさんに
語り合ってもらいました。
何でかっていうと、TOBIさんの初小説に
「敏いとうとハッピー&ブルー」
が、印象的な感じで出てくるんですけど、
ボーナムさんは、
その「敏いとうとハッピー&ブルー」の
メンバーだったことがあって、それで。
念のため、おふたりともに日本の方です。
担当は「ほぼ日」奥野です。どうぞ。

>TOBIさんのプロフィール

TOBI(とびー)

広島県比婆郡(現在の庄原市)出身。フランスで結成された音楽ユニット「レ・ロマネスク」のメインボーカル。相方・MIYA(ミーヤ)と、ピンク色のコスチュームで歌い踊るキッチュな楽曲とパフォーマンスで徐々に人気を集め、2008年春夏パリコレでのライブをきっかけに、世界 12カ国50都市以上で公演。09年フランスの人気オーディション番組に出演した動画のYouTube再生回数が、フランスで1位、世界で4位を記録し、「パリで最も有名な日本人」となる。11年フジロック出演を機に日本に拠点を移す。18年、自らの稀有な体験をまとめた書籍『レ・ロマネスクTOBIのひどい目。』(ほぼ日・青幻舎)が話題に。「お伝と伝じろう」(NHK Eテレ)、「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日)などメディアに出演し、最近では、ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』(19〜20)、映画『生きちゃった』(石井裕也監督、20)への出演など俳優や、ラジオパーソナリティとしても活動の幅を広げている。20年9月から放送の「仮面ライダーセイバー」にタッセル役としてレギュラー出演中。はじめての小説作品となる『七面鳥 山、父、子、山』(リトルモア)が2021年3月1日発売。
@rmnsq

>ボーナムさんのプロフィール

ボーナム(ぼーなむ)

しまりすボーカル教室講師。
趣味はTwitter。スズメとゴリラを全身全霊で愛する。
@spdkm

前へ目次ページへ次へ

第4回 「ハッピーやるか!」

──
あの、ボーナムさんの半生のお話が、
まだ途中だったんですけど。
ボーナム
え、そうでしたっけ。
──
半メンバーになられたあたりからの、
その後の人生のことが‥‥
1年間、運転手をやっていましたと。
ボーナム
ああ、そうそう、そうなんですよ。
ある日、
いつものように営業へ行く道すがら、
「ハッピーやるか!」
って、とつぜん、聞かれたんですよ。
敏いとうさんに。
──
え?
ボーナム
「ハッピーやるか!」
TOBI
「ハッピーやるか」?
ボーナム
はい。「ハッピーやるか!」です。
TOBI
何か禁止薬物的な香りがする(笑)。
ボーナム
そう。「ハッピーやるか!」

──
その顔(笑)。
ボーナム
敏いとうさんは、
「ハッピー」って呼んでいたんです。
敏いとうとハッピー&ブルーのこと。
TOBI
「&ブルー」の立場は。
ボーナム
以下略的な扱いですかね。
TOBI
それもし「チャゲ&飛鳥」だったら
「チャゲ」になってしまうから。
──
2人が1人になってしまいます。
ボーナム
いちおう
「敏いとうとハッピー&ブルー」で
ひとつの団体なので‥‥。
TOBI
知ってる知ってる。知ってますよ(笑)。
ボーナム
つまり、幸せなときも寂しいときもある、
それで「ハッピー&ブルー」なんですが、
ともあれ
「ハッピーやるか!」って急に聞かれて。
──
ボーナムさんは、何と?
TOBI
「ハイ、やります」と。
──
運転中に。
ボーナム
停車はしてましたかね。赤信号で。
──
停車はしていた‥‥なるほど。
ボーナム
背後から言われた記憶があります。
たぶん停車中だったと思います。
TOBI
ようするに、セルシオの運転席で、
「半メンバー」から
「メンバー」に昇格したんだ。
──
おめでとうございます!
ボーナム
ただ「メンバー」になったからと言って、
とくに変わったこともなくて。
少し出番を増やしていただきましたけど、
営業へ行くときに
セルシオを運転するのは、ぼくでしたし。
TOBI
営業っていうと、
やっぱり、ディナーショー関係ですか。
ボーナム
ええ、ホテルみたいなところから、
あとは、地方の街の公民館だったりとか。
自治体が開催する会合なんかに
呼ばれていくことが、多かったですかね。
あと、たまにテレビかな。
──
歌番組ですか。
ボーナム
毎年夏の『夏祭りにっぽんの歌』だとか、
年末の『年忘れにっぽんの歌』だとか。
テレビ東京さんで、いつもやってる番組。
TOBI
必ず出てますもんね、ムードコーラス。
──
ちなみに、そうして燦然と輝いていた
ムードコーラスグループですけど、
みなさん、
まだ現役で歌ってらっしゃるんですか。
ボーナム
いや‥‥どうなんでしょう。
ハニーシックスは、やっていますよね。
でっかいトラックで回られてますよね。
──
日本全国を。
TOBI
そうですね。ハニーシックスの場合は、
ま、きょうだいなんで、
グループ解散っていう概念が、
もしかしたら、あんまりないのかもね。
ボーナム
そこが「実家」みたいなものでしょうし。
──
敏いとうとハッピー&ブルーは‥‥。
ボーナム
解散はしていませんけど、
事実上、活動をしている状態ではなくて。
敏いとうさんが、
何年か前にご体調を崩されたりとかして、
そのことも大きいのかなと思います。
──
そうでしたか。
TOBI
内山田洋とクール・ファイブみたいに
前川清さんというボーカルが
あまりにも突出してしまう場合は、
次の人が、なかなか入れなかったりね。
ボーナム
ああ、そうですね。
TOBI
ちなみに、80年代の後半くらいかな、
敏いとうとハッピー&ブルーって、
元巨人軍の選手の方がふたり、
ボーカルだった時代も、ありますよね。
藤代和明さんと、柳田真宏さん。
ボーナム
あったあった。ありましたね。
ツインボーカルが元巨人軍の人だった。
──
すごい。歌がお上手だったんですか。
TOBI
そうみたい。
でも、メンバーの数を歴代で数えたら、
ものすごいと思いますよ。
──
元プロ野球選手からボーナムさんまで、
ひとつのコーラスグループの上を、
たくさんの人生が、交差したんですね。
ボーナム
でも、そのなかで
やっぱり森本英世さんという人だけが、
爪痕を残したんです。
TOBI
ですね。

──
やっぱり、そこへ戻ってくるんですね。
森本さんのところに、話は。
ボーナム
敏いとうとハッピー&ブルーと言えば、
やっぱり「森本英世」ですから。
TOBI
ちなみにぼくも、さっきも言ったけど、
内山田洋さんのところで、
一日だけ、運転手をしたことがあって。
ボーナム
ええ、そうみたいですね。
──
今日は「運転手対談」でもあるんだ。
ボーナム
内山田さんのところに行かれたのは、
どうしてだったんですか。
TOBI
若者が1年間どこかで修行をするって
雑誌の企画に誘われたんです。
何の修行をしたいか聞かれたので、
前川さんのファンなんですと言ったら、
すでに前川さんのいない
内山田洋とクール・ファイブに、
連絡をしてしまったんです、編集部が。
ボーナム
ははは。
TOBI
そこで、ぼくも一日だけ、
セルシオみたいな、
大きくて真っ黒な車のハンドルを握り、
内山田さんを
銀座のお寿司屋さんにお連れしました。
でもやはり「これはちがう」と思って。
ボーナム
前川さんがいない時点で。
TOBI
そう、なので初日の仕事が終わったら
「申し訳ないのですが」と。
ボーナム
いや、そうでしょう。それは。
──
「辞めた人と、続けた人」対談。
TOBI
でも実際、よく続けられたなあと思う。
ボーナムさん、運転手。
半メンバーとかはともかく、
運転手って、精神的にも、肉体的にも
かなりキツいと思うんです。
ボーナム
いや、たしかに大変だったんですが、
自分はそのとき、
けっこう「逃げがち」だったんです。
だから「続けてみよう」と決意して。
──
逃げちゃダメだ‥‥と。
ボーナム
はい、自分に言い聞かせていました。
いつまでも逃げてちゃダメだ‥‥と。
でも、そのおかげで
いろんな経験させてもらいましたし。
──
そうでしょうね。得難い経験ですよ。
TOBI
ただ‥‥ぼくも好きで調べてますし、
森本英世さんも
インタビューで答えてますけど、
敏いとうさんって、
何ていうか‥‥怖そうな人ですよね。
ボーナム
いやいや、ま、「怖そう」というか。
TOBI
フランク・シナトラのボディーガードを
やってたみたいなことが
ウィキペディアにも書いてありますけど。
──
えっ?
ボーナム
ええ、そうみたいです。用心棒というか。
ただ、そうですね、何ていうんでしょう、
そういうこともありますけど、
2年ほど近くにいて思うのは、
まず、生物として「強い」と言いますか。
──
強い。
ボーナム
たとえば、
道ばたで演説をしている人がいたとして。
──
ええ。
ボーナム
信号待ちでそういう人を見かけると、
後部座席の窓をウィーーーンって開けて、
「がんばれよ!」
とかっていきなり大声で励ますんですよ。

──
わあ。
TOBI
すごい人だなあ。
ボーナム
これは、すごくいい意味でなんですけど、
ぼくらが生きていくということは、
さまざまに自分を制限したり、
いろんな
社会的フィルターを通して生きていると
思うんですよね。
TOBI
うん。
ボーナム
敏いとうさんという人には、
そのフィルターがついてないというのか。
──
ははあ。
ボーナム
だから、いろんなことが「すごい」です。
たとえば、さっきからずっと話に出てる
森本英世さんは、
本当に「泣く」ほど練習させられたって。
TOBI
ああ‥‥その練習量があって、あの歌声。
ボーナム
大の大人が「泣く」って、すごいですよ。
それだけ、敏いとうさんが
求めていたクオリティとそのジャッジは、
厳しいものがあったのかと。
──
なるほど‥‥。
ボーナム
敏いとうさんの厳しい目で
つねに「ジャッジ」されていたからこそ、
森本英世という天才は、
自らの限界をさらに飛び越えて、
あそこまでのレベルに到達したのか、と。
TOBI
それは、あるのかもしれないですね。
プロデューサーとしての厳しさ、が。

(つづきます)

2021-03-04-THU

前へ目次ページへ次へ
  • フランスで最も有名な日本人のひとりであり、
    人に勇気を与える「ひどい目の人」であり、
    最近では仮面ライダーのナゾの語り部である
    レ・ロマネスクのTOBIさんが、
    こんどは「小説家」になってしまいました!
    気になる内容は‥‥版元さんによると、
    4歳・9歳・19歳・38歳の4章で綴る
    ぼくと父の39年‥‥とのこと。
    ピンクではなく緑の表紙で、意外ですよね。

    ピンクと緑は「補色」の関係にあたります。
    いままで
    あまり語ってこなかった僕の緑色の部分を、
    このたび小説にしました。(TOBIさん)

    レ・ロマネスクのTOBIさんが描き出す、
    ピンクな自分の、緑の部分。
    ジ・アザー・サイド・オブ・トビー。
    どうぞ、裸の心で飛び込んでみてください!
    Amazonでのおもとめは、こちらから。